リサイクルショップせどりで稼ぐ注意点とコツを徹底解説!

 

「リサイクルショップせどりの注意点を知りたい!」

「リサイクルショップせどりで稼ぐためのコツは?」

 

前回は、リサイクルショップの基礎知識と稼げる理由について解説したのですが、今回はリサイクルショップせどりの本質に入ります!

実際リサイクルショップせどりを行ってる人は多いですが、稼げずに終わる人が多いです。

 

めぐ
今回は、リサイクルショップせどりで稼ぐコツ・注意点を解説していくよ!初心者でも稼げるように、解説していくから気になる人は必見だね!
よくわかる解説
  • 検品しないとクレームになりやすい
  • 新品未開封でもクレームになる場合がある
  • ジャンク品も視野に入れると良い

リサイクルショップせどりで気を付けたい3つの注意点

リサイクルショップせどりは、安く仕入れることができるので稼げるのは確かです。

しかし、稼げるまでに時間がかかりますし、注意点が存在するためしっかり把握しておきたいものです。

 

具体的な注意点は、下記の通り。

 

リサイクルショップせどりの注意点

  • 未開封品でも検品を徹底する
  • 法規制がある商品もある
  • 高額商品は取り扱わない

 

この3つの注意点は、特に意識したいポイント。

リサイクルショップには、中古品だけではなく未開封品も存在します。

 

しかし、検品が雑な店舗は、中古品でも未開封として出品することがあります。

そのまま横流しにすると、クレームに発展する可能性も少なくありません。

 

めぐ
未開封品でもできる検品の方法を紹介するから、気になる人は要チェック!

未開封品でも検品をする

まず、リサイクルショップでは様々な商品を取り扱うことがあります。

その中でも、”新品・中古”というのは大きな違いであり、新品未使用の商品こそ検品の手間がなく商材に最適と思われがち。

 

しかし、新品未使用と扱われている商品の中には、中古品も混ざっている可能性があるのです。

どういうことかというと、お店側が正しく検品しておらず、付属品を確認せずに”未開封だから”と思って、新品未使用扱いするわけです。

 

  • 付属品がない
  • 商品の一部に傷がついている
  • 使用感がある
  • 箱がへこんでいる

 

この様な特徴があるのものは、未使用品でも価値が下がります。

購入した後に、自宅に帰って検品したところ、付属品がなかったとなると、その時点で商品になりませんからね…

 

未使用だと思って、仕入れても中古品だったらクレームになります。

さらに、中古品を購入する場合は、動作チェック・傷の確認を店頭でしないと、トラブルになりやすいです。

 

めぐ
リサイクルショップ中古商品の保証期間は、1週間~1か月程度だから、仕入れて出品したところで保証期間が終わっていることもあるんだ…
そのため、万が一クレームがあった場合を備えて、店頭でしっかり検品することをオススメします!
動作チェックができる店舗なら、店員にお願いしてしてもらうと良いでしょう(^^)/

法規制がある商品もある

リサイクルショップでは、多くの商品が販売されているのですが、中には法規制があるものも存在します。

その中でも代表的なのが、下記の商品です。

 

  • 大型生活家電
  • 新品ブランド品

 

まず、大型生活家電を仕入れて転売する場合ですが、”家電リサイクル法”という法律に抵触する可能性があります。

この法律は、”冷蔵庫・洗濯機・エアコン・テレビ”を販売したときが対象であり、家電を販売して利益が生じるとします。

 

その場合、相手が所有している家電を引き取らなければならないという法律です。

例えば、格安の薄型テレビを仕入れたとして、メルカリ・アマゾンで売却したとします。

 

販売者は、購入者のテレビを引き取らななければならないのです。

罰則を受けた事例は、個人では調べる限り存在しませんが、”50万円以下の罰金”に科せられる可能性もあります…

 

めぐ
逮捕とか実刑はないけど、継続的に仕入れて販売する場合は注意が必要かもね!
次に、新品ブランド品についてです。
Amazonやメルカリで販売されていることが多い、新品ブランド品ですが、実は正規代理店ではないと販売してはいけないという規則があります。
Amazonを例に挙げると、新品ブランド品を販売する場合は申請が必要ですし、申請せずに個人で販売するとアカウントが凍結します。
メルカリでも同様に、”未使用に近い”という状態なら問題ありませんが、完全に未使用のものは規約上禁止されているので要注意!
ブランド品転売は利益額が高いのでオススメですが、その分リスクも高いので注意しましょう!

高額商品は取り扱わない

最後に、高額商品は取り扱わないという点です。

リサイクルショップでは、基本的に高くても数千円台の商品を仕入れます。

 

100円程度の商品を仕入れて、1,000円で売るような薄利多売方式が一般的ですが、人によっては利益額を高く見積もるために高額商品を仕入れる場合があります。

この場合、注意したいのが返品された時です。

 

  • 商品が不良品だった
  • 不動品
  • 欠陥があった

 

家電にありがちですが、数万円~10万円程度で仕入れた商品が、実は不良品だったというケースも想定できます。

この場合、ジャンク品として転売する以外方法はありませんし、保証期間外なら対応してくれないので要注意です!

 

これを避けるという意味でも、最初から高額商品は仕入れないほうが無難です!

ブランド品に関しても、商品によっては偽物も存在しますし、本当に安心できる商品だけ仕入れることをオススメします。

 

めぐ
不具合が出やすい、小物家電(デジカメ・プリンター等)はクレームに発展しやすいから要注意だよ!

リサイクルショップせどりで稼ぐために必要な5つのコツを紹介します!

リサイクルショップせどりの注意点を解説したので、いよいよ稼ぎ方のパートに入りたいと思います。

実際、リサイクルショップで稼ぎたいと思っているなら、リサーチと店舗選びさえしていれば問題ありません。

 

ただ、ライバルと差をつけたい場合は、+αのコツを意識しする必要がありますよ!

具体的なコツですが、下記の通りです。

 

リサイクルショップせどりで稼ぐコツ

  • 店舗情報・特徴を把握する
  • 新品未使用・未開封品をリサーチする
  • 状態を確認してその場で検品する
  • 価格交渉をする
  • ジャンク品も視野に入れる

 

これらを意識して仕入れることができれば、あとは売るだけです!

販売するプラットフォームは、”ヤフオク・メルカリ・Amazon”が一般的ですね(^^)/

 

めぐ
売る商品ジャンルによって、取り扱う販路が違うことがあるから、その辺も意識したいところだね!

店舗情報・特徴を把握する

まず、リサイクルショップせどりをする場合ですが、お店の特徴は把握しておく必要があります。

前回の記事で紹介したように、リサイクルショップといってもジャンルは様々ですし、店舗によって取り扱っている商品が異なります。

 

店舗の様子を調べるという意味でも、せどりをする前に一度実際にお店に足を運んでみると良いでしょう。

普段お客として行っているような店舗でも、せどりをするとなると相性が悪い場合もありますからね!

 

  • 得意ジャンルを見つける
  • 複数のお店をハシゴする
  • 薄利多売を心掛ける

 

これらを意識しながら、店舗選びをすると効率的です。

リサイクルショップせどりでは、基本的に利益額が低いものを仕入れて、薄利多売するようなことが多いです。

 

めぐ
利益額が高い商品が見つかれば仕入れるのもいいけど、ジャンルによっては一切見つからないからね!
複数の店舗を回って、相性の良いお店を見つけるところから始めると良いでしょう。
さらに、リサイクルショップは、店舗によってセールを開催しているところがあります。
こちらは、ローカル店舗のWEBチラシです。
2016年の情報ですが、ブランド品やアパレル関係が全品半額になるというかなりお得なセールです!
1月末から2月にかけては、決算のため複数の店舗でセールを行います。
通常よりも安く仕入れられますし、利益額が高い商品が割引されることもあるので、要チェックですよ!

新品未使用・未開封品をリサーチする

次に、新品未使用品・未開封品をリサーチするという点。

リサイクルショップでは、中古品が多いと思われがちですが、実は未使用品も販売されています。

 

中古商品は、傷や状態次第では返品されることがありますが、新品未使用品については返品されるリスクが低いです。
※それでも検品は行いましょう

セカストを例に挙げると、新品商品には下記のラベルが張り付けられています。

 

 

この様な商品は、中古品に比べると傷も少ないので売れやすいです。

検品の手間もありませんし、値札次第で簡単にチェックできます。

 

美容家電・電子機器についても、未使用品があれば取り扱いたいところ。

しかし、商品によっては開封済みのものもあるので、チェックポイントを紹介しておきます。

 

  • 箱のシールがはがされている
  • 中身を振ると音がする
  • 箱に傷がある

 

新品商品は、隙間なく詰められているので、箱を振ったところで音がしないのが特徴。

しかし、電子機器などを仕入れる時に音がしたら、開封済みの商品ということになるので、未開封品ではありません。

 

めぐ
ちなみに、Amazonで販売する場合は、新品でも箱や付属品がないと出品できないよ!保証書の確認もしないとクレームになるから要注意!

状態を確認してその場で検品する

注意点でも紹介しましたが、商品の検品は怠らないようにしましょう。

商品を購入した時点で、あなたの商品になりますし、よほど重要な欠陥がない限りは、お店側は返品してくれませんからね…

 

そのため、リサイクルショップせどりで商品を仕入れる時は、隅々まで検品しましょう。

具体的な検品方法は、下記の通りです。

 

商品の検品手順※中古品の場合

  1. 商品の外観をチェック(傷・汚れ等)
  2. 可動部が劣化していないかチェック
  3. 付属品の有無をチェック
  4. 箱があるかどうかチェック

 

商品にもよりますが、家電を仕入れる時はクレームになりやすいので、意識しましょう。

また、同時に市場のライバルチェックも欠かさないようにしましょう!

 

めぐ
価格差や状態を確かめて、仕入れる商品の状態が良ければ有利だからね!商品を高く売る秘訣だよ!
気づかずに出品してしまうと、クレームに発展して返品対応をしなければならない可能性もあるので、注意しましょう!

価格交渉をする※できれば

リサイクルショップですが、店舗によっては価格交渉をすることができる店舗もあります。

もともと安い商品が、さらに安くなる可能性があるので、積極的に価格交渉は行いたいところです。

 

個人的には、全国展開しているような”ハードオフグループ・セカスト”等はあまり融通が利かないイメージ。

狙いたいのは、ローカルで経営されているようなリサイクルショップですね!

 

  • まとめて商品を購入する
  • 高額商品を購入する

 

この様なときに、値引き交渉がしやすくなります。

単体商品を割引するのは難しく、相当スタッフと仲が良くなければ厳しいです。

 

交渉術は多く存在しますが、しつこく値引き交渉をすると迷惑が掛かるので要注意!

空気を見て値引きできそうな店舗なら、交渉してみるのも方法の一つです!

 

めぐ
商品次第だけど、高い商品に限って値引きしてくれる店舗はあるから、その辺も含めてしっかりお店選びはしようね!

ジャンク品も視野に入れる

最後に、ジャンク品についてです。

リサイクルショップでは、リユース市場ということもあって、ジャンク品を取り扱っていないことがあります。

 

しかし、ハードオフやセカスト等の全国展開している店舗では、ジャンク品を多く取り扱っています。

特に、ハードオフはリサイクルショップの中でも、ジャンク品が利益になることで有名ですからね!(^^)/

 

関連記事

ハードオフせどりで稼ぐためのコツを徹底解説!

 

こちらの記事で詳しく解説しているのですが、ジャンク品にも種類が存在し、完全に壊れているもの以外は売れる傾向にあります。

下記は実際に販売されている、ジャンク品の例です。

 

 

ワンセグTVですが、新品で購入すると8,000円程度はするもの。

チャンネルが受信できない不具合があるので、利益には繋がらなそうですが、需要がある商品なので仕入れたいところ。

 

この様に、リサイクルショップによってはジャンク品も存在し、中にはパーツだけ販売されていることがあります。

ゲーム機や電子機器のパーツがなくて、格安出品されているものがあれば、ジャンク品コーナーからパーツを探してセット売りするのも良いですよ!

 

めぐ
ジャンク品の種類にもよるけど、ゲーム機とかは分解して使いたいという人もいるから、要チェックだよ!

リサイクルショップせどりはコツさえわかれば誰でも稼げる:まとめ

リサイクルショップせどりの注意点と稼げるコツについて解説したのですが、格安で商品を仕入れることができるため、個人的にはかなりオススメしたいジャンルです!

全国に存在することから、初心者でも始めやすいせどりですし、利益になりやすいジャンルですよ!

 

リサイクルショップせどりは、中古せどりの登竜門といっても過言ではありませんし、やり方さえ学べば別のせどりにも応用できます。

僕自身、仕入れ先としてリサイクルショップを頻繁に使うのですが、かなり利益になりますね(^^)/

 

関連記事

ブックオフは店舗せどりで使うメリット・デメリットを解説します!

 

ブックオフもリサイクルショップに分類されるので、気になる人は上記の記事も要チェックです!

少しでも稼ぎたい人や、せどりのノウハウを学びたい人は、リサイクルショップせどりから始めましょう!

最新情報をチェックしよう!