ブックオフは店舗せどりで使うメリット・デメリットを解説します!

「ブックオフは店舗せどりに使える?」

「ブックオフをせどりに使うにはどうしたらいい?」

 

ブックオフは大々的なセールを行うことがありますし、店舗せどりには使えるので近くに店舗があるなら重宝したいところ。

しかし、「今更ブックオフで稼げるの?」「ライバルが多いんじゃない?」という人もいますが、コツされつかめば誰でも稼げるのがブックオフせどりです。

 

めぐ
今回は、ブックオフを店舗せどりで使う方法を解説するよ!三章に分けて紹介するけど、まずはメリット・デメリットを紹介するね!
結論
  • 本・CDを狙うのがベスト
  • プロパー商品を狙う
  • 利益が出たら中規模投資にも挑戦する

序章:ブックオフせどりは店舗せどりの基本

ブックオフせどりですが、コツさえつかめば誰でも稼ぐことができるビジネスです。

店舗せどりをする場合ですが、ブックオフは基本中の基本です。

 

副業・せどりがまだ世に浸透していない時期は、”せどり=ブックオフ”というイメージが定着していたほどです。

様々な商品がありますし、最近ではアパレル用品にも手を入れ始めているので、幅広いジャンルのせどりができます。

 

  • CD、DVD
  • ゲームソフト、ゲーム機

 

ブックオフせどりをするときに、取り扱うメイン商品です。

これにプラスして、ブランド品やアパレル用品を仕入れることもあります。

 

めぐ
流れとしては、商品を探して仕入れて、プラットフォームで転売するという感じだね!Amazon・ヤフオク等が主流だよ!
基本的にはこの繰り返しをすれば、誰でも稼ぐことが可能です。
また、ブックオフでは大々的なセールを行うことがあり、市場価格との価格差やプレ値等で利益を出す手法も生まれました。
中古せどり・新品せどりの両方で使用することができるのが、ブックオフせどりです。
店舗せどりとしては基本ですし、”安く仕入れて高く売る”という転売の原理原則を一番に実現できる仕入先といえるでしょう(^^)/
「ブックオフせどりは稼げない」
「ブックオフせどりはライバルが多い」
この様に嘆く人も多いですが、ブックオフのせどりはいまだに稼ぐことができるビジネスです。
実際に稼いでいる人もいるので、現代の流れに負けないようにリサーチをして仕入れをすることが重要ですよ~!
ブックオフせどりで稼げないという人は、度重なる進化についていけていない人です。
常にせどりのノウハウというのは変わりますが、根本に”安く仕入れて高く売る”というものがあれば問題ありませんよ(^^♪

ブックオフせどりを推奨する3つのメリット

ブックオフせどりは、店舗せどりの基本という話をしましたが、落ち目といわれている中でも稼ぐことはできます。

実際、稼げないといわれてから多くの人が、ブックオフではなく別の仕入れ先に移行したのは事実です。

 

”稼げない”からではなく、”稼げなくなった”から移行しただけであり、稼ぐ方法を身に着ければいい仕入先として活用することができますよ!

 

ブックオフせどりのメリット

  • ライバルが少なくなっている
  • 資本金が少なくても始められる
  • 中規模・大規模投資に移行できる

 

ブックオフをせどりに使うメリットです。

全国規模で店舗展開をしているのですが、ブックオフは合計で807店舗存在します。

 

めぐ
店舗数が多く、どこにいても仕入れができるというのはメリットだね!商材さえ絞れば、誰でも稼げるビジネスだよ!

ライバルが少なくなっている

 

まず、ブックオフせどりですが、昔に比べるとライバルが減少しているのが現状です。

ブックオフせどりが流行した5~6年前は、ブックオフに行けばスマホ片手に相場を調べながら仕入れているライバルせどらーがいました…

 

しかし、今では遭遇する確率も少なく、若干ブルーオーシャンになりつつあります。

理由は様々なですが、下記が挙げられます。

 

ブックオフからせどらーが減った理由

  • せどりが一時的に禁止された
  • 稼げないといううわさが広がった
  • 電脳せどりが流行した

 

まず、せどりが一時的に店舗で禁止されたというのが理由ですね。

ブックオフせどりが流行したときは、商品を店舗で仕入れるあまり、市場にブックオフの商品が多く販売されました。

 

全店舗で行われたわけではありませんが、都内や地方都市の店舗では、購入する際に目的を聞かれたそうです…
(大量に購入することはできず制限があったそうです)

 

めぐ
僕は一度もそういう経験をしたことはないけど、制限がかけられた人が多いのは事実だね!
新品・中古に限らず、”ブックオフはせどりに使えない”といううわさが広まりました。
おそらく、店舗でせどりすることが禁止されたことが原因ですね。
そのため、新品せどりをする場合はGEOやセカンドストリートに流動したともいわれています。
現在では、昔に比べるとせどらーに遭遇することは少ないですし、程よく仕入れを行うことができます(^^)/
また、電脳せどりが流行したこともあって、実店舗の仕入れ自体行う人が少なくなったのも理由の一つです。
メルカリ・ラクマ等のフリマアプリが登場したことも関係しており、実際にそこから仕入れている人も少なくありません。
詳しくは、この記事で書いているので参考にしてみてください(^^♪
売り上げに目立った推移はありませんが、ライバルが少なくなっているので、ある意味チャンスといえます!

資本金が少なくても始められる

ブックオフせどりですが、少額で仕入れることができることで有名です。

資本金がない状態でも、確実に稼げるのがブックオフせどりですよ(^^)/

 

 

せどらーの間では、単Cという言葉を使うのですが、1冊当たり100円+税で販売されています。

CDや本にありがちですが、その中から利益が出る商品を見つけることができれば、確実に稼ぐことができます。

 

本の場合は、まとめ売りしたほうが良いのですが、稀に価格帯を理解せずに販売されていることがあり、1冊500円程度で売れることもありますよ(^^♪

また、CDやDVDの中には、利益が取れる商品も多く存在します。

 

めぐ
商品を相場を調べながら、店舗仕入れをすれば1万円の小資金でも50商品程度は仕入れることができるからね!薄利多売になるけど、コツコツ続ければ確実に利益になるよ!
ブックオフでせどりすることは禁止されていると思われがちですが、その先入観は捨てましょう!
露骨な転売ヤーは断れますが、仕入れたい商品の目安を決めてから、数日に分けて購入すれば転売ヤーっぽくありませんからね!

中規模・大規模投資に移行できる

ブックオフせどりは、短期スパンではなく長期スパンでやることが多いです。

薄利多売をして、ある程度利益を出すことができたら、次は利益額が高い商品を積極的に仕入れましょう。

 

これは、ブックオフせどりに限らず通用することですが、最初はコツコツ利益を積み重ねていき、最終的に大きな利益を出せば稼げるようになります。

流れとしては、下記の通りです。

 

ブックオフせどりの基本

  1. 小額投資で仕入れる(100円、500円商品)
  2. プロパー本・CDを仕入れる
  3. 家電系・ゲームソフトを仕入れる

 

小額投資である程度資金が増えたら、プロパー商品に移行しましょう。

プロパーとは、ブックオフせどりの専門用語であり、”買取されてから店頭に並んでいないもの”を指します。

 

 

ブックオフに行くと、このような赤いカートを目にしたことがある人も多いと思います。

これは、査定が終了してから陳列される前の本です。

 

つまり、一度も棚に並んでいないということから、お客様・ライバルせどらーにチェックされていない可能性が高いのです。

利益が取れることが多く、一発で1,000円程度稼げるようなお宝商品もあります(^^♪

 

 

さらに、セット本やDVD等もねらい目です。

ある程度慣れてきたら、利益が高い商品を一発狙ってみると良いでしょう。

 

ゲームソフトやゲーム機等が代表例であり、家電等もその一つです!

この辺は、あまり無理しない程度に仕入れることが重要で、資金が潤沢になってきてからにしましょう!

 

めぐ
小額投資よりも、中規模・大規模投資のほうが稼げるからね!資金がないうちは、コツコツ稼いでいくことが重要だよ!

ブックオフせどりで生じる3つのデメリット

 

店舗せどりの中では、基本といわれているブックオフせどりですが、デメリットも存在します。

実際、僕の周りにもブックオフせどりをしなくなった人もいますし、するとしてもメインで行っている人は少ないです。

 

ブックオフせどりのデメリットは、下記が挙げられます。

 

ブックオフせどりのデメリット

  • フリマアプリに圧倒されている背景がある
  • 店舗によって商品の回転が悪い
  • 店舗数の減少

 

正直な話、昔に比べると稼ぎづらくなったのは事実です。

電脳せどりに移行した人もいますし、ネットで仕入れたほうが安いというのも原因の一つです。

 

めぐ
いい仕入先だけど、店舗によってラインナップは異なるからね!変化に柔軟に対応できるかがカギになってくるよ!

フリマアプリに圧倒されている背景がある

ブックオフですが、近年フリマアプリに圧倒されていることが問題視されています。

ブックオフせどりを行っている人なら、理解している人もいると思いますが、買取価格の安さからメルカリ等のフリマアプリで販売する人が多いというもの。

 

ブックオフの主力なのは中古本ですが、その市場が縮小しているのです。

「本」から、なんでも買取する店舗へと路線変更をしています。

 

 

2017年以降、フリマアプリ等に市場が圧倒されてしまい、書籍・CDの売り上げが低迷しているとのこと。

しかし、全店舗がそうなったわけではありませんし、いまだに本やDVDは仕入れられるので安心しましょう(^^)/

 

めぐ
市場の情報に流されずに、自分の目で確かめてみるといいかも!仕入れができないわけではないからね!

店舗によって商品の回転が悪い

スマホを活用している人からすると、ブックオフよりもヤフオク・メルカリ等のほうが、利便性は高いです。

実際、メルカリの登場により、ブックオフの買取では赤字が続いていますからね…

 

個人で転売をする人が増えた分、店舗で購入するよりも安い価格で購入することができるようになりました。

棚卸した在庫でさえも、売れ残っているということはよくある話です。

 

めぐ
ある種仕方ないことだと思うけど、それもビジネスチャンスだよね!掘り出し物を探せばいいだけだし!
ただ、店舗によっては在庫の回転が極端に悪い場合があります。
同じブックオフでも、取り扱っている商品が異なりますし、そういうお店は仕入先から外すのも一つの方法ですよ!
狙いたいお店
  • 販売効率が良い
  • 回転率が高め
  • 主力商品が多い

 

この様なお店なら、積極的に商品を仕入れることができるので、仕入れ店舗として視野を広げましょう。

店舗の特徴を見抜くことができれば、効率よく商品を仕入れることができますからね(^^)/

店舗数の減少

最近では、黒字回復してきたブックオフですが、昔に比べると店舗数が減少しています。

田舎でせどりする場合ですが、店舗数が著しく少ないことがありますし、その場合は仕入れすらできません…

 

仕入れができなければ、ブックオフせどりができませんからね…

特に、普段から仕入れている店舗がつぶれてしまうと、店舗せどりの幅も狭くなってしまいます。

 

めぐ
そういう意味でも、ブックオフに絞らず色々な店舗を視野に入れたほうがいいかもね!グーグルマップを活用するといいかも!
実際に、ブックオフで検索した結果ですが、僕の活動エリアでは複数存在します(^^♪
ここまで店舗が多いと、仕入れる幅も広がるので安心です!
自分なりにルートを指定して、幅を広げると良いでしょう。

まとめ

ブックオフせどりをする際の、メリット・デメリットを解説しましたが、落ち目といわれている中でも稼ぐことはできます。

ブックオフでせどりが禁止されているといわれていますが、あくまでも噂であり大量に購入したところで引き留められたことは一度もありません!

 

当時は厳しかったようですが、お店側からすると商品が売れるということには変わりないので、転売ヤーでも立派なお客様です。

安く仕入れることができる点を考慮すれば、良い仕入れ先だと思いますよ!

 

めぐ
実際、ブックオフで僕も仕入れてるけど、落ち目に感じたことはないよ!いい仕入先だと思っているし、批判している人は仕入れをしたことがない人だね!
店舗数も多いですし、お宝商品を見つければ仕入れの幅も広がりますよ!
最新情報をチェックしよう!