Amazonに偽物商品はある?見分け方・対策を解説します!

Amazonには様々な商品が販売されており、中にはせどりに使える商材も多く存在します。

しかし、その中で注意したいのが偽物商品です。

 

「Amazonにある偽物商品を知りたい!」

「偽物商品を仕入れないためにできることはある?」

「Amazonで偽物を仕入れた時の対処法を教えてほしい!」

 

今回は、Amazonで偽物商品を仕入れないためにできる対策について解説していきます!

実際に、偽物商品が多いジャンルを紹介して、見分ける方法も解説していくので気になる人は必見ですよ!

 

よくわかる解説

  • Amazonは偽物商品が多い
  • ブランド品・スマホ関連機器は要注意
  • 万が一購入したら運営に通報すると良い

そもそもAmazonに偽物商品はあるの?

まず、結論から言うとAmazonには偽物商品があります。

世界最大のマーケットでさえも偽物を取り扱っているのですが、商品を販売しているのはあくまでも個人かストアです。

 

せどり・転売で利用できるように、アカウントさえあれば誰でも出品できるのが特徴です。

実際、Amazonで検索すると、偽物に関連するワードが出てきます。

 

 

この様に、Amazonに偽物が多いことがよくわかりますね…

Amazonは信頼できるマーケットということもあって、安心感があり購入する人も多いでしょう。

 

しかし、販売されている商品が偽物である可能性も十分にあるので、購入・仕入れをする際は要注意ですよ!

仮に、商品を購入してしまった場合、対処法を知らないとお金だけ搾取されてしまいます…

 

 

こちらは、Amazonに販売されている偽ブランド品です。

商標権を無視したような商品であり、一目見ただけで偽物だとわかりますが、購入する人がいるというのが現状。

 

販売されているということは、それなりに需要があるということですが、偽物なので購入する価値はありません。

個人で楽しむ分には問題ありませんが、それを仕入れて転売してしまうと犯罪になりますよ!
※商標法違反

 

それを避けるためにも、しっかり商品の状態を把握した上で仕入れることが重要です。

Amazonで偽物商品を販売すると起きること

Amazonですが、偽物商品があることがわかりました。

僕も、Amazonを使って販売・仕入れを行うことがありますが、その都度偽物商品が出てきます。

 

特に、ブランド品は偽物が多いので注意しましょう。

現在では、Amazonの制度も厳しくなってきたので、市場から減少傾向にありますが、それでも増加しているのが現状です。

 

仮に、あなたがAmazonで偽物商品を販売してしまうと、以下のことが起きます。

 

偽物商品を販売して起きること

  • 出品制限・出品規制がかかる
  • アカウントが停止する・閉鎖する

 

アカウントが停止すると、Amazonでの販売ができなくなります。

違法性の高い商品を販売しているのは事実ですし、Amazonも販売を抑制したいのが本音です。

 

法的にもアウトな商品ということもあって、最初から仕入れないようにしましょう。

Amazonで仕入れた商品を、メルカリ・ヤフオクで販売するのもアウトなので、販売先を変えたからといって良いというわけではありませんよ!

出品制限・出品規制がかかる

まず、Amazonで偽物商品を出品すると、出品制限・出品規制がかかる可能性があります。

出品制限・出品規制とは、商標権を侵害する商品を販売したときに行われる対策であり、Amazonが独自に行っています。

 

出品制限がかかってしまうと、以下の書類が必要になります。

 

  • 販売証明書※メーカーが発行するもの
  • 請求書
  • 保証書

 

ネットで仕入れた場合は、これらを準備することができません。

仮に用意できない場合は、真贋調査へと移ります。

 

真贋調査とは、出品している商品が本物かどうかチェックするような制度であり、偽物商品を販売したときによく行われます。

その際、必要書類を用意できないと、商品が出品できなくなるので注意しましょう。

 

また、この場合二つのパターンに分けられます。

 

真贋調査の規制

  • 特定の商品だけが出品制限
  • 全商品が出品制限※アカウント停止

 

偽物商品を販売した場合は、その商品だけが出品規制になる場合もあります。

他の商品は出品できるので、比較的軽い制限といえるでしょう。

 

しかし、大半が”全商品の出品停止措置”になることが多いです。

「偽物商品を出品する悪質なアカウント」という認識になるので、注意したいところです。

アカウントが停止する・閉鎖する

Amazonでは、偽物商品の出品を全面的に禁止しています。

仮に、ルールを守らずに、商品を出品してしまうと、アカウントが停止してしまうので注意しましょう。

 

ただ、アカウントが停止してしまうだけならいいですが、あなたが想像している以上に、Amazonのアカウント停止は重いです。

偽物商品とわからずに出品したとしても、それは理由になりませんよ…

 

  • 商品の出品ができなくなる
  • 取引履歴がストップする
  • FBA納品している商品が全返品
  • 売上金の全没収

 

Amazonのアカウントが停止してしまうと、この様な影響を受けてしまいます。

一度閉鎖してしまえば、二度と復活しないといっても過言ではありません。

 

その時点で取引されている商品があれば、それも返品されてしまいますし、FBAを使っている場合は全返品されてしまいます。

さらに、最も影響を及ぼすのが、”売上金の全没収”です。

 

100万円・200万円稼いでいたとしても、アカウントが凍結・閉鎖してしまえば売上金は没収されてしまいます。

一度偽物商品を販売しただけで、このような代償を受けてしまうので、注意しましょう。

 

 

ちなみに、Amazonで偽物商品を販売したとして、逮捕された事例もあります。

偽物商品を販売するということは、Amazonのルールだけではなく、社会のルールさえも破るということをしっかり把握しておきましょう。

補足:Amazonで偽物が出回っている理由

Amazonでは、多くの偽物商品が出回っているのですが、それには理由があります。

それは、”個人が出品できるサービス”だからです。

 

これは、Amazonに限らず”ヤフオク・メルカリ・ラクマ”等でもあり得ることです。

最近では手口が巧妙になってきて、別の商品に偽物商品を混ぜて購入させるということもあるようです。

 

 

実際、Amazonではプロジェクトゼロというキャンペーンを行っています。

こちらは、偽物商品を撲滅するために行われている対策であり、当初は米国・欧州だけのプログラムでした。

 

しかし、現段階で日本も参画しており、以下の有名企業が表明しています。

 

  • 任天堂
  • Panasonic
  • アイリスオーヤマ
  • ソニー
  • タカラトミー

 

いずれも、偽物商品が出回る可能性が高いブランドです。

AIが、Amazonにある商品を自動的にスキャンして、偽物という疑いがあるものを排除するという仕組みです。

 

2019年から試験的に運用されてから、約9,000万点以上の商品が差し止められています。

常に新しい情報を取り入れることによって、精度の高いパトロールを行っています。

 

現段階では、偽物商品が出品されていますが、今後Amazonから偽物商品が消える日も遠くはありません。

Amazonで確認!実際に販売されていた偽物商品3選!

Amazonですが、偽物商品が多く販売されています。

偽物だとわかる人ならいいですが、人によってはわからずに購入する人も少なくありません。

 

Amazonには、偽ブランド品が多く販売されており、市場では格安価格で販売されています。

僕が、Amazonの市場で確認できた中で、以下のブランドが特に多い印象でした!

 

Amazonに多い偽物ブランド

  • GUCCI
  • Supreme
  • LV

 

いずれも人気ブランドですし、偽物商品が販売されるのがよくわかります。

偽物商品を購入・仕入れをしたところで、個人で楽しむ分には問題ありません。

 

それを使って、利益を出したいと思っているなら、控えたほうがよさそうです。

商標法違反になりますし、最悪の場合は逮捕されてしまうこともありますよ!

 

”周りが逮捕されないから”といって、販売している人もいるみたいですが、「明日は我が身」です。

ブランド品転売をしている身からすると、偽ブランド品はこの世から撲滅すべきだと思います!

GUCCI:リング、ベルト

まず、Amazonにある偽ブランド品で多いのは、GUCCIです。

GUCCIは、世界的に有名なブランドであり、国内でも店舗が複数あるほど、かなり人気です。

 

Amazonには複数の商品がありましたが、中でも格安で購入できて、一発で偽物だとわかったのは以下の商品です。

 

 

こちらは、GUCCIが販売しているリングです。

しかし、偽物であり、正規の商品にはゴールドのリングは存在しません。

 

ちなみに、この商品はGUCCIのリングとして販売されておらず、”ブランドゴールドリング”という名目で販売されています。

料金は3,000円と破格であり、本物商品と比べると、いかに安いかがわかります。

 

 

ある程度GUCCIについて知っている人からすると、”安いから転売に使える”と思っても仕方ありませんね…

しかし、偽物商品なので、販売したら違法になってしまいますよ!

 

その他にも、AmazonにあるGUCCIとして販売されている商品には、以下の偽物がありました。

 

  • ベルト
  • バッグ
  • 財布
  • キャップ・ハット

 

いずれも、偽物商品ばかりなので仕入れないほうがベストです。

商品価格が明らかに安いものは、偽物の可能性が高いので注意しましょう。

Supreme:スニーカー、スマホケース

次に、Amazonに多かったのは、Supremeの偽物です。

現在の、偽物市場では、Supremeの偽物が圧倒的に多く、巷で出回っている商品のほとんどが偽物です。
※正規店・代理店の商品は別

 

実際、メルカリ・ヤフオクで正規品として販売されている商品のほとんどは、偽物なので注意しましょう。

Amazonでは、規制が厳しくなり、徐々に偽Supremeも市場から消えつつありますが、模造品・商標権侵害商品が販売されています。

 

 

例えば、こちらのスニーカー。

正規店では販売されていないスニーカーであり、Supremeの模造品ということがわかります。

 

商品名は、先ほどのGUCCI同様に”軽量ローカットスニーカー”として販売されています。

Supremeとして販売していないのでグレーゾーンですが、偽物商品には変わりないので注意しましょう。

 

 

次に、こちらの商品。

こちらは、スマホケースとして販売されているのですが、Supremeを意識して作られていることがわかります。

 

これを普通のスマホケースとして販売するならいいですが、”Supremeのケース”として販売するのはNGです。

ストア側も”Supreme ケース”として販売していませんからね…

 

 

しかし、Amazonで「Supreme ケース」と検索してヒットするのは事実です。

タグ等で、Supremeと設定していることがわかりますね…

 

言わずもがな、偽物商品なので仕入れないようにしましょう。

LV:airpodsケース

最後に紹介したいのは、LVです。

こちらも世界的に有名なブランドであり、多くの偽物が出回っています。

 

しかし、前述したGUCCIやSupremeに比べると、Amazonに出回っている偽物は少ない印象です。

バッグや財布等は、並行輸入品として販売されており、いずれも正規品の可能性が高いです。
※正規代理店の場合は

 

 

ただ、Amazonには現存しないような商品も販売されていました。

こちらは、AirPodsケースになりますが、見る限りLVのモノグラムを模していることがわかります。

 

LVとしては出品されていませんが、「LV ケース」で検索するとヒットしたので、偽物として疑われてもおかしくありません。

商品は、海外から発送されるものであり、それもおかしな点です。

 

この様な模造品は、LVとして出品しなかったとしても、偽物商品として扱われることが多く、出品制限がかかります。

仕入れて、メルカリ・ラクマ等のフリマアプリで出品し続けると、商標法違反で逮捕される可能性もあるので、注意しましょう。

Amazonで偽物商品を見分ける5つのコツ!

Amazonでは、偽物商品が多く出回っているので、少しでも仕入れないようにしなければなりません。

運営が対策を行っているものの、100%防止できているわけでもありませんし、購入時は注意したいところです。

 

仮に、あなたがAmazonで偽物商品を見分けたいと思っているなら、以下のコツを意識しましょう。

 

Amazonで偽物商品を見分けるコツ

  • 販売値と定価を確認する
  • マケプレの商品は仕入れない
  • Amazonが公式出品している商品を仕入れる
  • 出品者の評価をチェックする
  • 海外発送商品は控える

 

これらの見分け方を把握していれば、偽物商品を購入・仕入れすることはなくなりますよ!

多くの偽物商品が出回っている中で、商品を仕入れないためには、あなた自身が気を付けることも重要です。

 

複数の商品がありますし、しっかり商品を仕入れるという意味でも、把握しておきたいところ。

意図せずあなたが偽物商品を購入して、別の販売先で販売しないように、これから紹介する見分け方は重要です!

販売値と定価を確認する

Amazonで偽物かどうかチェックしたいなら、商品の定価を検索しましょう。

偽ブランド品にありがちですが、商品の定価よりもはるかに安く販売されているのが特徴です。

 

いくらセール価格だとしても、定価よりも安く販売されることはありません。

そのため、Amazonにブランド品が出品されていて、偽物かどうかわからない場合は、まずは値段を調べると良いでしょう。

 

 

先ほど紹介したこちらのリング。

Amazonでは2,990円で販売されており、一目見ただけで偽物とわかります。

 

しかし、GUCCIについていまいちわからない人からすると、商品価値がわからずに購入する人も多いでしょう。

ただ、同じモデルの商品の定価を調べると、以下の通りでした。

 

 

明らかに価格が安く、偽物ということがわかります。

商品の定価を確認したら、Amazonでも同じ商品がないかチェックしましょう。

 

その相場よりも、安く販売されていれば、正規品の望みはありません。

相場よりも安い商品というのは、ブランド品に限らず、どの商品ジャンルでも怪しいです。

 

数千円単位なら誤差の範囲ですが、定価の80~90%オフ商品は高確率で偽物ですよ!

複数の商品がありますが、相場よりも安いものは仕入れないようにしましょう。

マケプレの商品は仕入れない

偽ブランド品や、家電の偽物に関しては、マケプレからよく出品されています。

Amazonのマケプレには、個人が出品している商品が多く存在し、偽物を扱う業者がいるのも事実です。

 

ただ、マケプレに出品されている=偽物というわけではなく、中には大量に偽物商品を取り扱う業者もいるということです。

個人的には、マケプレで販売している商品は、怪しいものが多いので、仕入れないようにしています。

 

トラブルに巻き込まれることも多いですし、仕入れる場合はAmazonが公式で出品しているものが良いです。
※購入する際も同様

Amazonで、マケプレ出品かどうか確認したいなら、以下のポイントをチェックしましょう。

 

  • 在庫状況の下に○○が販売・発送しますと書いている
  • 出品者からお求めいただけますの表記
  • こちらからもご購入いただけますの表記

 

これらがあれば、マケプレ商品ということになります。

原則として、ブランド品は個人では出品できないようになっており、販売するためには販売許可が必要です。

 

現状で、ブランド品を販売している業者は、許可をもらったパターンが多いですが、個人で販売している場合は、偽物の可能性が高いです。
※個人で許可をもらうのは難しいため

Amazonが公式出品している商品を仕入れる

Amazonで取り扱われている商品のほとんどは、マケプレで販売されています。

そのため、マケプレから購入しないほうが良いとなると、どこから購入すればいいか迷いますよね!

 

僕がオススメしたいのは、Amazonから販売されている商品です。

もっと言うと、”プライムマーク”が付与されている商品になります。

 

 

プライムマークに関しては、セラーアカウントで大口出品登録をすればいいだけなので、誰でも付与されます。

しかし、Amazon公式で販売されている商品は、以下のように表示されます。

 

 

配送という項目に”Amazon.co.jpから発送されます”という表記があれば、公式出品ということです。

この場合、個人が出品しているのではなく、Amazonが直接販売しているので、偽物商品は100%ありません。

 

販売されている商品は様々ですが、具体的には以下が挙げられます。

 

  • 日用品
  • 食料品
  • 衣料品※服、スニーカー等
  • 電子機器
  • 家電類

 

基本的には、オールジャンル販売されているので、安心ですよ!

ホビー品なども、Amazonから販売されているのですが、特徴として定価以上で販売されないことが挙げられます。

 

プレ値商品でも、定価で販売されるので、刈り取りをする人が多いのも事実です。

ライバルが多い分、仕入れた時に利益になる可能性が高いので、仕入れると良いでしょう。

出品者の評価をチェックする

Amazonで偽物商品を購入しないためにも、必ず出品者の評価をチェックするようにしましょう。

これは、普通の商品を購入する際も同様であり、評価をチェックして購入しないとトラブルになる可能性が高いです。

 

例えば、度々この記事でも紹介している以下のリングも、出品者評価をチェックできます。

 

 

評価に合わせて、購入するかどうか検討すると良いです。

現段階で、11件の評価がありますが、総合評価は2.5とかなり低いです…

 

 

それぞれレビューが書かれていますが、かなり酷評されています。

GUCCIのリングとして購入する人も多いですが、このレビューを見ると購入しないほうがよさそうですね…

 

実際、値段相応の商品ですし、偽物商品ということがよくわかります。

この様に、Amazonの評価欄を見れば、商品が偽物かどうかというのが判断できるので、チェックすると良いでしょう。

 

僕も商品を購入する際は、偽物かどうかにかかわらず、必ず評価をチェックするようにしています。

評価が悪ければ、仕入れに値しないと判断して、そのままスルー出来ますからね(^^)/

 

習慣づければ、通常のせどり・転売でも生かせます。

海外発送商品は控える

最後にチェックしたいのが、海外発送商品は控えるということです。

Amazonで販売されている商品は、原則として国内で取り扱われているものが多いですが、偽物商品に限っては違う場合があります。

 

日本国内に持ち込みができないことから、本国で製造したものをそのまま出品しています。

そのため、Amazonで販売されているブランド品が、海外から発送される場合は、偽物の可能性が高いです。

 

あるいは、マケプレ等で出品する際に、海外で直接仕入れて国内に持ち帰り販売するということもあります。

無在庫転売の場合は、買い付けのみ海外で行い、購入された時点でAmazonで転売するということも行われます。

 

 

実際に、偽物だと思われるブランド品の多くは、海外発送がほとんど。

偽物をつかまされないためにも、Amazonで商品を購入する際は、”日本”から発送されるものを選びましょう。

 

これは、ブランド品に限らず、スマホ・パソコン関連機器や家電類を仕入れる際も同様です。

あなた自身が、販売されている商品の真贋チェックをすることで、偽物商品を仕入れるのを防止できます。

補足:Amazonで偽物商品が多いジャンル

Amazonには、偽物商品があることがわかりましたが、事前に偽物商品が多いジャンルを把握しておくことが、対策になります。

普段から、偽物が出回りやすい商品を知っておけば、いざ商品購入に直面した際に、購入を抑制できますよ!

 

個人的に、Amazonで購入してきた中で、偽物が多いと思ったジャンルは、以下の通りです。

 

  • ブランド品
  • ホビー品※プラモデル・レゴ等
  • スマホ周辺機器※AirPodsケース、充電ケーブル
  • ゲーム機
  • パソコン機器

 

この辺は、Amazonでも偽物が多いジャンルなので注意しましょう。

ブランド品ばかりに目が行きがちですが、実は家電やスマホ関連機器等も偽物が多いので要注意です!

 

Twitterで話題になっているのは、iPhoneの充電ケーブルです。

 

 

こちらは、Apple Watchの純正ケーブルを購入した人ですが、価格の安さから本物かどうか疑っています。

価格は半額以下であり、付属品までそろっているので、本物だと思い込んでいますが偽物です。

 

最近では、このようにスマホ関連機器や家電類の偽物が巧妙に作られています…

見分けがつかないほどなので、仕入れる際は注意したいところ。

 

安いからといって購入せずに、Amazonが公式で販売しているものがあるかどうかをチェックしましょう。

Amazonで偽物商品を仕入れてしまった際にできる3つの対策

どれだけ注意していても、Amazonでは偽物商品を購入・仕入れをしてしまうことがあります。

価格差があるものを刈り取りすると、その商品が偽物だったという報告も何件も上がっています。

 

しかし、偽物商品を購入したからといって、そのまま泣き寝入りするのはさすがにもったいないです。

それぞれ対策を行うことで、対処できる可能性があります。

 

現状できる対策は、以下の通りです。

 

Amazonで偽物を購入・仕入れしたときの対策

  • 商品を返品する
  • Amazonの運営に通報
  • 保証制度を利用する

 

これらができれば、偽物対策を万全に行えますよ!

一旦は、購入者と出品者同士で話し合うことが重要であり、それでも無理な場合は運営に通報すると良いでしょう。

 

僕は、Amazonでせどりをしていますが、まれに刈り取りをすることがあります。

その際、購入した商品と実際に届いた商品が別物だったことがあり、出品者に問い合わせました。

 

その後返金対応をしてくれたという例もあるので、解決できるならそこで解決したほうが良いです。

運営を挟むと面倒ですし、全額返金されないこともありますからね…

商品を返品する

まず、商品を購入して、偽物と発覚した場合は、返品・返金手続きを進めると良いでしょう。

運営に通報するのもいいですが、まずは当事者間で解決する努力をすべきです。

 

商品を返品する際は、”偽物だった”という旨を連絡して、出品者からの返信を待ちましょう。

返信がなかった場合は、電話をかけて問い合わせをします。

 

 

出品者情報を閲覧すれば、住所と電話番号が記載されています。

ストアの番号があれば、そこに電話をかけて真っ向勝負を行いましょう。

 

しかし、偽物商品を販売している業者は、まったく知らない人の電話番号を登録していることもあります。

この場合、電話を掛けたところで、対応されません。

 

当事者間で解決しない場合は、運営に通報して判断を仰ぐような形になります。

Amazonの運営に通報

Amazonでは、偽物商品が販売されることに対して、厳重な処罰を与えます。

前述した、プロジェクトゼロというのは、偽物商品を極力ゼロにするというキャンペーンです。

 

日本国内でもすでに導入されており、多くの企業が参画しています。

当事者間で解決できなかった場合は、購入した商品が偽物だった旨を伝えましょう。

 

Amazonでは、販売されている商品によってトラブルを被った人のために、専用のサポートフォームを用意しています。

赤枠で囲んでいるメールアドレス宛に、偽物商品が来たということを伝えましょう。

 

また、偽物商品を特定するために、以下の情報が必要になります。

 

  • 商品のURL
  • 商品名
  • 偽物である証明

 

偽物である証明は、”○○質屋で鑑定をしてもらった際に偽物と発覚した”等具体的な情報があると良いです。

その際に、鑑定してもらった店舗や鑑定してもらった担当者の名前を控えおくと、事実確認の際にスムーズですよ!

 

実際、出品者とやり取りするのも良いですが、状況次第では音信不通になることもあります。

そのため、最初から運営に通報するという手段もありかもしれませんね(^^)/

 

変に相手を逆上させてしまうと、それがトラブルなる可能性もありますし、注意したいところです。

保証制度を利用する

Amazonで、偽物商品を購入してしまった場合は、保証制度を利用しましょう。

Amazonには”マーケットプライス保証”というものが存在します。

 

 

こちらの保証制度は、万が一購入した商品が欠陥品・偽物だった場合に、利用できる制度です。

配送料を合わせた30万円までが保証の対象であり、全額が返金されます。

 

しかし、商品が偽物だと発覚したとしても、即保証制度の申請をするのは控えましょう。

 

 

こちらの保証制度を利用するためには、それぞれ条件があります。

具体的には、以下の通りです。

 

  • 商品が届かず配達完了から3日以上経過した
  • 注文と違う商品が届き、返品リクエストをした
  • 商品を返送しても相手から連絡が来ない
  • 出品者に連絡して48時間以上経過している

 

この様に、条件に該当していなければ、保証制度を受けられないので注意しましょう。

円滑に解決するためにも、まずは当事者同士での確認、運営に通報をするなどして、解決への道筋を見つけましょう。

 

どうしても無理な場合は、保証制度を使うという流れです。

まとめ:Amazonで偽物商品を見分けて安全に仕入れよう!

今回は、Amazonにある偽物商品について解説しました。

複数の商品がある中で、ブランド品やスマホ関連機器には偽物が存在します。

 

実際に、偽物商品を仕入れた際は、運営に通報して円滑に解決すると良いでしょう。

近年Amazonでは、”プロジェクトゼロ”というキャンペーンを開催しており、模造品だと思われる商品を排除する動きも行っています。

 

しかし、それでも偽物商品は多く存在しますし、完全に撲滅できていないのが現状です。

そのため、あなたが偽物商品を購入・仕入れをしないためにも、今回紹介した対策・見分け方をしっかり把握することが重要です!

 

めぐ
偽物商品を仕入れて転売したら、商標法違反になります!まっとうなせどりをするためにも、普通の商品を仕入れて転売することをオススメします!
最新情報をチェックしよう!