ハードオフせどりで稼ぐためのコツを徹底解説!

「ハードオフ仕入れのコツを知りたい!」

「ハードオフで仕入れをする際の注意点を知りたい!」

 

前回は、ハードオフで仕入れるタイミングと仕入れるジャンルについて解説しました。

いずれも、ジャンルさえ間違っていなければ稼ぐことができるのですが、コツを知ればもっと稼げるようになります!

 

めぐ
今回は、ハードオフで仕入れる際のコツを解説するね!合わせて注意点も紹介するから、必見だよ!

ハードオフせどりのコツを4つ紹介します!

ハードオフせどりをする場合ですが、それぞれコツを意識すれば確実に稼げるようになります。

仕入れるジャンルを絞った後に、意識したいコツをそれぞれ紹介していきたいと思います!

 

ハードオフは、ラインナップが多い分、複数の商品を仕入れることが可能です。

ただ、ジャンルを絞らないと、どれを仕入れればよいのか混乱してしまうので注意いしましょう!

 

ハードオフせどりで意識したい4つのコツ

  • 値札の色をチェックする
  • ジャンク品を仕入れる
  • レジ前の商品を要チェック
  • 検品が必要ない商品を仕入れる

 

この4つを意識すれば、手間をかけることなく商品を仕入れることができます。

費用対効果が合わなければ、仕入れをやめたほうがいいのですが、ハードオフは格安で商品を仕入れることができるので、リサーチさえすれば問題ありませんよ!

 

めぐ
それぞれコツを意識して、効率よく商品を仕入れよう!基本的な手法から、応用編まで紹介するから必見だよ!

値札の色をチェックする

ハードオフせどりをする際ですが、値札の色をチェックしたいところです。

ブックオフせどりの記事でも解説しましたが、出品された時期によって値札が変わります。

 

 

こちらは、ブックオフの値札ですが、3か月周期で値札の色が変わるようになっています。

実は、ハードオフでもこれが導入されているのですが、ブックオフとは少し異なるので要注意です!

 

 

ハードオフに行ったことがある人ならわかると思いますが、この赤い値札が張っていることがあると思います。

基本的にはこの値札が張られているのですが、こちらの商品は基本的に高いものが多いです。

 

めぐ
ジャンク品ではなく、動作品が多いね!5,000円以上の動作品だと、この値札が付けられることが多いよ!
お店がしっかり動作チェック等の検品をした上でつけられている値段であり、相場と同じ値段がついていることがほとんどです。
ハードオフせどり初心者は、こちらの値札の商品を熱心に調べることがありますが、市場価格と変わらず仕入れるのに時間がかかることも少なくありません。
永遠に調べたとしても、仕入れられる商品が見つからないのが現状です。
しかし、ハードオフには、下記のような値札も存在します。
こちらの値札ですが、ジャンク品扱いされている商品に張られています。
ハードオフせどりをする際ですが、この値札が付いているものを積極的に仕入れましょう!
ハードオフでは、数多くの商品があるのですが、ジャンク品のほうが圧倒的に安く仕入れることができますし、利益になる商品が多いです。
しかし、ジャンク品と聞けば下記の不安がある人も多いと思います。
  • 壊れているかもしれない
  • 動作未確認だから不安
  • リペアして売るの?

 

確かに、完全に動作しない商品も中には存在しますが、動作を確認せずにジャンク品として出品していることもあります。

僕が過去に出会った商品は、下記のものがありました。

 

ジャンク品の種類

  • 箱がないだけでジャンク品扱い
  • カメラのシャッターが切れただけ
  • 電池切れ商品

 

これからわかるように、ジャンク品=壊れているというわけではありません。

ただし、ジャンク品ということもあって、動作が保証されているものは少なく、仕入れてから動作しないということも多いのです。

 

めぐ
ジャンク品だから仕入れるのではなく、ジャンク品の中でも動作品で売れそうなものを仕入れることが重要だよ!
ジャンク品は、動作品に比べると安く販売されているのが特徴です。
僕自身も会社で使っているマウスは、ハードオフのジャンク品コーナーから仕入れたものです(^^)/
値札には”動作未確認”と書かれていたのですが、100円で購入できるということもあって、仕入れることに。
すると、思いのほか動作がスムーズだったので、個人的に使用しているという感じですね!笑
「ジャンク品を仕入れても本当に大丈夫なの?」
この様な声が上がってくることもありますが、問題ありません。
ジャンク品コーナーの中には、赤い値札が張られているような商品も存在します。
理由は諸説ありますが、一番は”スペースがなく一時的にジャンク品コーナーに移動している”ということです。
動作品でも、状態が悪いものはジャンク品コーナーに移動することがあり、通常の商品よりも安く仕入れられますよ(^^)/

ジャンク品を仕入れる

ハードオフでは、ジャンク品を仕入れると効率よく利益を出すことができます。

完全に壊れているものは対象外ですが、ジャンク品の中には、普通に動作するようなものも少なくありません。

 

ジャンク品として販売する理由

  • 型番が古く保証がない
  • 動作するけど完品ほどではない
  • 部品の一部が欠けている
  • 商品に傷が多い

 

動作品でも、出品されていることが多く、”動作品=赤い札”というわけではないので注意しましょう!

仕入れ価格も非常に安く済みますし、どれが売れる商品なのかを把握すれば、仕入れも簡単です。

 

めぐ
ジャンク品を仕入れる時は、クレームになる可能性もあるから、検品はしっかり行おう!持ち帰って不動品だったら、同じくジャンク品として出すだけだよ!
ジャンク品を仕入れる際ですが、意識してもらいたいポイントが一つあります。
それは、値札の日付を見ることです。
赤線を引いた部分に、日付が書いていると思いますが、これは”値付けされた日付”です。
この日が浅ければ浅いほど、店頭に並んでから月日が経過していないということになります(^^♪
ライバルせどらーはここをチェックしており、利益になる商品というのはすぐに購入されてしまう可能性が高いです。
しかし、店頭に並んでからすぐの商品は、ライバルも手を付けていない可能性があるので、リサーチして商品価格を調べましょう!
僕がハードオフせどりをするときのフローですが、下記の通りです。
ハードオフ仕入れのフロー
  1. ジャンク品で日が浅い商品をリサーチ
  2. 一通りジャンク品を見る
  3. 動作品をチェックする
  4. 気になった商品を仕入れる

 

この様に仕入れを行えば、ライバルに負けることなく商品を仕入れることができます。

人気商品はどうしても売れるのが早いですし、注意したいところです!

 

めぐ
意外と日付を見て仕入れている人は少なく、注目することで効率よく仕入れができるよ!

レジ前の商品をチェックする

 

ハードオフでは、ジャンク品を仕入れると良いのですが、値札で日付を見ればより効率よく仕入れをできます。

しかし、値札以外でも”買取されてから新しい商品”を見つける方法があります。

 

それは、レジ前に並んでいる商品を仕入れることです。

入荷したての商品は、まだ店頭に並んでいないことが多く、ブックオフで言うプロパー商品のような位置づけです!

 

 

こちらが、ブックオフのプロパー商品ですが、ハードオフでも同様に存在します。

ハードオフ八王子堀之内店では、開店前の様子をTwitterで公開していました。

 

 

多くのパソコンモニターが鎮座しているのですが、いずれも動作品です。

全て3,240円で販売されるらしいので、いかに安いのかがわかります。

 

 

そのほかにも、在庫処分のためにヤードセールをしていることがあります。

レジ前にあるカゴは、買い取った商品がそのまま入っていることが多く、一定期間過ぎたらジャンク品コーナーにそのまま流れるのです。

 

ジャンク品コーナーに比べると、チェックしている人が少ないので、思いもよらない利益になる商品が多いのが特徴の一つ。

綺麗な商品も多いですし、僕が仕入れたレコードもレジ前にあった商品でした(^^♪

 

 

販売価格は1万円であり、レジ前にあるからといって必ずしもジャンク品というわけではありません!

普通にきれいな商品も並んでいることがありますし、気になる人はチェックすると良いでしょう(^^♪

 

ハードオフせどりをしている人は、必ずチェックするところなので、少しでも周りよりも稼ぎたいと思っているなら要チェックですよ!

 

めぐ
レジ前だから、商品を吟味している姿をスタッフに見られやすいのが難点だけどね…笑 スタッフと仲良くなれば、オススメ商品を紹介してくれることもあるから、通い続けるといいかも!

検品の必要がない商品を仕入れる

ジャンク品の中には、完品と思われる商品も混ざっていることがあります。

基本的には中古品ですが、中には未使用品も存在します。

 

「ジャンク品で新品ってどういうこと?」

 

この様に思う人も少なくないと思いますが、存在するのです、

このタイプの商品として挙げられるのは、下記の特徴があります。

 

  • インクカートリッジ
  • 生産が終了した商品
  • 生産元が倒産した(保証が利かないため)
  • ヴィンテージ品

 

ジャンク品コーナーに行くと、インクカートリッジを見つけることがあると思います。

インクカートリッジは、使うことができるプリンターが限られるので、新型が出ると需要がなくなる場合が多いです。

 

 

メーカー取り扱いが少ないものは、購入する人も少ないことから、ジャンク品コーナーで格安販売されています。

また、使用期限が決まっているものもあり、未開封でも期限切れになった商品はジャンク品に分類されるのです。

 

めぐ
新品のインクカートリッジなら、メルカリだけではなくAmazonにも出品できるね!
さらに、生産が終了した商品もジャンク品扱いになる場合があります。
スマホやガラケーにありがちですが、製造元がすでに倒産して保証を受けられないような商品は、ジャンク品として出品されるのです。
しかし、需要があるものであれば、生産が終了したとしても、利益になるものはありますし積極的に仕入れたいところですね!
ヴィンテージ品に関しても、未開封品であればジャンク品扱いされることがあります。
どの商品も、使用に差し支えないものが多いので、需要がある商品なら積極的に仕入れると良いでしょう(^^)/

ハードオフせどりで意識したい注意点

ハードオフせどりのコツを解説しましたが、注意しなければならないことがあります。

それは、不動品を仕入れないようにすることです。

 

ハードオフせどりでは、ジャンク品をメインで仕入れるわけですが、不動品を仕入れれてしまうと利益につながらない可能性も高いです…

例えば、ネットモールで販売されているこちらの商品。

 

 

店頭で実際に販売されている商品ですが、ジャンク品扱いで販売されています。

外観はきれいですが、下記の条件が記載されていました。

 

 

本体のみの販売で、不動品とのこと。

この様な商品は、リペアする力がない限りは仕入れても意味がありません。

 

こういう商品を仕入れてしまった場合は、”ジャンク品”と記載した上で、ヤフオク・メルカリで販売するようにしましょう。

仕入れ額が数百円なら利益になることもありますが、大半が損切りをしてしまうことになるので注意したいところです( ;∀;)

 

めぐ
不動品かどうかは、値札に書いていることが多いから、しっかりチェックしようね!仕入れて動かなかったでは遅いよ!

まとめ

ハードオフせどりのコツと注意点を解説したのですが、これにて3章は終了です!

メリットデメリットや、仕入れのタイミングを紹介したので、コツと合わせて仕入れを行えば確実に利益になる商品を見つけられると思います!

 

ハードオフせどりは、数多くの商品が存在しますし、どの商品を仕入れればよいのかわからないという人も少なくありません。

その時は、ジャンルを絞ってから仕入れる商品を選ぶようにしましょう!

 

ジャンルを絞る手順

  1. 自分が興味のある・趣味の商品を見つける
  2. 商品相場を調べる
  3. 仕入れられそうだったらせどりを始める

 

基本的には、この流れで問題ありません。

ジャンク品をメインで仕入れるのですが、価格差があれば赤い札の商品を仕入れても良いですよ!

 

不動品を仕入れる心配がある人は、お店の人に聞いて動作確認をお願いしてみると良いでしょう。

さらに、商品状態を詳しく聞けば、出品後のトラブルになることも少ないので、安心です。

 

めぐ
お店に通い続ければ、スタッフと仲良くなることもできるからね!セールなどのお得情報を横流ししてくれるからオススメだよ!
最新情報をチェックしよう!