電脳せどりで使いたいツールを7つ紹介!

電脳せどりで利益を出したいと思っているなら、ツールを使用してリサーチしたほうがよいです。

むしろ、ツールを使わずにリサーチするのは不可能で、直感のみでリサーチしようとすると、高確率で在庫を抱えてしまいます……。

 

「せどりでおすすめのツールを知りたい!」

「電脳せどりでおすすめのツールは?」

 

今回は、電脳せどりをしようと思っている人のために、仕入れやリサーチに使えるツールを解説しますね。

電脳せどりで使えるツールを知りたい人や、ツールを使って仕入れを効率化したい人は要チェックです!

 

めぐ
めぐ
僕が使っているツールも紹介するので、気になる人は参考にしてくださいね。

 

よくわかる解説

  • 電脳せどりでツールは必須
  • Keepa・デルタトレーサーあたりは特に必要
  • アマキパ・楽JANがあると便利

電脳せどりのリサーチでツールは使うべき?

電脳せどりをする際は、ツールの使用はほぼ必須です。

そもそも電脳せどりとは、ネットでせどりのすべての作業を完結させることを指します。

仕入れもネットでしますし、転売するときもAmazonやヤフオクを使っていきます。

 

その際、ツールがないと仕入れ判断ができませんし、正しい値付けができずに、赤字になりやすい転売をしてしまいます……。

電脳せどりで商品を転売する際に必要なリサーチは、以下のとおりです。

 

電脳せどりで必要なリサーチ

  • 需要のリサーチ
    →需要を調べるツールが必要
  • 価格推移のリサーチ
    →価格推移がわかるツールが必要
  • 損益分岐点の計算
    →利益計算ができるツールが必要
  • 利益シミュレーション
    →利益計算ができるツールが必要

 

いずれも、ツールがないとできないことです……。

僕も、電脳せどりを始めたときは、ツールの存在を知らずに自力と勘を頼りにして仕入れをしていましたが、在庫を抱えることも多かったですね…。

 

売れる商品を仕入れるためにも、電脳せどり必ず使うようにしましょう!

電脳せどりでツールを使う3つのメリット!

電脳せどりでは、ツールを使うのがほぼ必須条件ですが、実はツールを使うとメリットも多いです。

今まで、手動でしてきた作業が自動化・効率化できるので、使わない理由がないと思います!

 

複数のメリットがありますが、個人的にツール使用でよいと思っているのは、以下のとおりです。

 

電脳せどりでツールを使うメリット

  • 仕入れ判断がしやすくなる
  • 店舗でも気軽にリサーチができる
  • せどり効率化につながる

 

僕がツールを使う理由は、作業を効率化したいのが一番です!

せどりはワンオペで回そうとすると、作業量が増えてしまいます……。

僕の場合は組織化しているので問題ありませんが、リサーチなどは自分でおこなっています。

 

面倒な作業を少しでも効率化してくれるのがツールなので、利用前にメリットをしっかり把握しておきましょう!

仕入れ判断がしやすくなる

電脳せどりでツールを使うと、仕入れ判断がしやすくなります。

ツールを使わない状態で、仕入れ判断をする場合は、直観やトレンド情報を参考にするしかありません。

例えば、ゲームソフトで人気のシリーズが販売されたとします。

 

 

この場合、市場で話題になっているものなので、一定の需要があることがわかります。

販売先である程度価格を調べて、価格差があるなら仕入れ判断が可能です。

 

 

しかし、このような商品の場合。

市場で話題になっているわけでもなく、売れているのかどうかがわかりません。

これをツールなしに調べようと思うのは難しいです。

 

 

メルカリでは、このように売れ行きがよい商品でしたが、ヤフオクやAmazonで売れている保証はありません。

そのため、根拠に基づいたリサーチをするためにも、ツールを使ってリサーチしていきましょう。

 

 

デルタトレーサーと呼ばれるツールを使えば、一発で需要がわかります。

上記の商品の場合は、1ヵ月に新品と中古で10個売れているものでした。

これなら、売れている商品と判断できるので、仕入れ対象になります!

 

めぐ
めぐ
正しい仕入れ判断をするには、ツールの使用は必須です!

店舗でも気軽にリサーチができる

電脳せどりで使えるツールは、店舗のリサーチでも使用できます。

電脳せどりは、すべてネットで完結させる方法ですが、店舗で仕入れるケースも少なくありません。
(店舗せどりと呼びます)

ネットの仕入れで活躍するツールは、店舗でも大活躍します!

 

 

また、店舗せどりに特化したツールも存在します。

せどりすとと呼ばれるツールを使えば、ビームせどりが可能です。
(ビームせどり:バーコードを読み取ってリサーチするせどり手法)

 

 

バーコードを読み取ると、このような商品情報が出てきます。

商品名を手打ちして検索するのは手間ですし、バーコード検索をするなどして、リサーチを効率化していきましょう!

せどり効率化につながる

電脳せどりでツールを使えば、まぎれもなく効率化につながります。

実際、せどりはいくら効率化ができたのかで利益が左右されると思っています。

 

僕は、オンラインでコミュニティを運営していますが、そこの生徒にも言うのがリサーチを徹底すること。

電脳せどりはに、リサーチが求められますし、売れる商品を調べるためには需要のリサーチが必須です。

なんとなく仕入れるのではなく、根拠に基づいたリサーチと仕入れが重要です。

 

せどりでおこなうどの作業も、ツールを使えば簡単に効率化できます。

おすすめツールは後述しますが、最低限以下のツールがあれば、リサーチがはかどりますよ。

 

リサーチで使えるツール

  • セラースプライト
  • Keepa
  • デルタトレーサー

 

需要のチェックや、販売先での売れ行きチェックに欠かせないものなので、しっかり活用していきましょう!

リサーチで使いたい電脳せどりのおすすめツール4選!

電脳せどりでは、ツールが必要だとわかりましたが、どれを使えばいいかわからない人が多いと思います。

そういう人のために、リサーチにおすすめなツールを紹介しますね。

僕も使っていて、効率化できるツールなので、電脳せどりで稼ぎたいなら利用しましょう!

 

具体的なツールは、以下のとおりです。

 

電脳せどりのおすすめツール

  • セラースプライト
  • Keepa
  • デルタトレーサー
  • FBA料金シミュレーター

 

この四つは、利用頻度が多いので積極的に使っていきましょう!

特に、Amazon転売をするなら、デルタトレーサーやKeepaの利用は必須です!

 

めぐ
めぐ
利益計算をしたいなら、FBA料金シミュレーターも使いたいところですね!どれも、使い勝手がよいので参考にしてくださいね。

セラースプライト

Amazonのリサーチツールとして紹介できるのが、セラースプライトです。

以前は、ほとんどの機能が無料で利用できましたが、今は有料になっています。

しかし、無料機能で利用できるものもあるので、しっかり活用していきましょう!

 

セラースプライトでできることは、以下のとおりです。

 

セラースプライトでできること

  • 総合評価数の確認
  • 評価率の割合
  • トレンド率
  • 月間検索ボリューム

 

売れる商品のリサーチよりも、トレンド商品を見つけるときに役に立つツールです!

セラースプライトは、Google Chromeの拡張機能がありますが、導入して有効化すると、Amazonの商品ページで以下のようなデータが表示できます。

 

 

セラースプライトが独自に抽出したビッグデータで、これだけでも有料版に登録する価値があると思います!

以前は、月間販売個数まで閲覧できましたが、いまは有料版のみの機能です。

 

 

また、セラーリサーチではこのようなトレンドグラフも確認できます。

上記の場合は、「あつまれどうぶつの森」が、Amazonでどのくらい売れたのかがわかります。

販売額は、おおよそ1億円程度で、かなり売れているため仕入れ判断ができそうです!

 

無料で売れ行きがわかるツールはまれなので、しっかり活用していきましょう!

Keepa

Keepaは、長年使用しているツールで、かなり重宝しています!

Amazonの売れ行きを調べられるだけではなく、ち密な分析ができるためおすすめです◎

Keepaでできることは以下のとおりです。

 

Keepaでできること

  • 商品の需要チェック
  • コンディション別の価格推移のチェック

 

これだけしかできませんが、むしろこれができるだけで、仕入れ判断ができます。

無料版と有料版がありますが、商品需要を調べる場合は、有料版に登録しなければなりません。

 

それぞれグラフの違いを説明すると

 

【無料版Keepa】

 

【有料版Keepa】

 

このように、無料版だと価格推移までしかわかりません!

トレンドせどりをする際には役に立ちますが、これだけで仕入れ判断をするのは不可能です。

しかし、有料版の場合は、価格推移グラフの他に、ランキンググラフが表示されています。

 

 

緑色の部分がランキンググラフですが、簡単に説明すると、ギザギザが多ければ多いほど売れている証拠です。

細かい分析をしたい人や、拡張機能を使ってAmazonの商品ページで気軽にリサーチしたい人はおすすめですよ。

 

ちなみに、有料版Keepaは月々2,000円程度で利用できます!

 

デルタトレーサー

Keepaは緻密な分析ができますが、デルタトレーサーはざっくりとした分析ができるツールです。

しかし、調べられる内容は同じなので、簡易的にリサーチを済ませたい人は、デルタトレーサーを使うとよいでしょう。

デルタトレーサーで利用できる機能は、以下のとおりです。

 

デルタトレーサーで利用できる機能

  • 商品の販売個数の確認
  • 月間販売個数・平均販売個数の確認
  • 料金シミュレーション
  • ランキンググラフ・価格推移グラフのチェック

 

いずれもAmazon転売に役に立つ機能なので、積極的に活用していきましょう。

商品需要を調べたいなら、月間販売個数の表をチェックしましょう。

 

 

このように、表が出てきますが、一目で売れているかどうかがわかります。

こちらは、美容家電の月間販売個数ですが、1ヵ月で27個も売れている超売れ筋商品です!
(1日に1個は売れているペース)

 

その他にも、ランキンググラフが確認できますが、Keepaと比べると少し簡易的です。

 

【デルタトレーサーの場合】

 

【Keepaの場合】

 

同じ波形ですが、デルタトレーサーのほうが簡易的だとわかります。

同じデータを取得しているので、結果が同じになるのは当たり前ですが、簡単に分析を済ませたいならデルタトレーサーでもよいと思います!

 

FBA料金シミュレーター

商品の利益計算をしたいなら、FBA料金シミュレーターを使うのも方法の一つ。

Amazon転売をする際に活用できるツールですが、以下の使い方が可能です。

 

FBA料金シミュレーターの主な使い方

  • 料金シミュレーション
  • 損益分岐点の計算

 

セラーアカウントがあれば、だれでも利用できますが、FBA料金シミュレーターを開くと以下のツールが出てきます。

 

 

それぞれ数値を入力できる項目がありますが、入力するのは”販売価格・Amazonへの手数料・商品原価”です!

自己配送をする場合は、配送で指定している送料も入力しましょう。

 

数値を入力すると、利益計算ができます。

 

 

この場合、1,200円で仕入れた商品を4,000円で販売したときの純利益です。

左が自己配送をした場合で、右がFBA納品をした場合です。

それぞれ利益額と利益率が表示されるため、これから仕入れようと思っている商品が、どのくらいの利益になるかを計算できます。

 

めぐ
めぐ
Amazon転売する場合は、使うことが多いジャンルなので、積極的に活用していきましょう!

僕が電脳せどりで実際に使っているツールを紹介!

電脳せどりで利用できるツールは多いですが、僕が実際に使っているツールも紹介しますね!

現役せどらーが使っているツールを利用すれば、効率化につながるだけではなく、利益に直結しますよ。

僕が主に使っているのは、以下の5つです!

 

電脳せどりで実際に使っているツール

  • マカド
  • アマキパ
  • 楽JAN
  • キーゾン

 

特に、Amazon転売をしているなら、マカドの利用は欠かせません!

電脳せどりのツールのなかでも、Amazon転売をサポートしてくれるのでおすすめですよ。

 

めぐ
めぐ
特に自動価格設定は魅力的!ライバルから刈り取られることも少なくなるので、気になる人は活用しましょう!

マカド

まず、僕が使っているおすすめツールとして紹介できるのが、マカドです!

月々4,980円の利用料がかかるので、少し高いと思う人がいますが、コスパが良すぎるツールだと思います。

メインの機能は、トップページにもあるとおり、価格の自動設定です。

 

 

マカドで下限・上限の価格を設定しておくと、その範囲で自動的に調整してくれます。

外出先などで、今すぐ価格設定ができないときなどに便利です!

トレンド商品などを扱っていると、どうしても価格変動が大きくなりますし、手動で対応するのはほぼ不可能です。

 

また、マカドでは以下のことがツール上でできるので、重宝しています。

 

マカドでできること

  • マカドからAmazonに出品作業ができる
    ※セラーセントラルよりも簡単
  • 商品のデータ管理を自動的にしてくれる
  • サンクスメールを自動で配信してくれる

 

これらの機能が利用できて、月々4,980円なのはお得すぎます!

実際、価格設定の手間を省けるだけでも、大きくプラスになりますよ。

 

マカドの詳しい内容は、以下の記事を参考にしてくださいね。

 

アマキパ

ここからは、Google Chromeの拡張機能の紹介をします。

Amazonで商品をリサーチする際に役に立つので、しっかり利用していきましょう。

なかでも、利用頻度が高いのがアマキパです。

 

 

便利なツールの割には、あまり利用者がいません。

アマキパは、KeepaのグラフをAmazonのページに表示できるツールで、無料で利用可能です。

 

 

実際に利用すると、このように商品ページにKeepaのグラフが出てきます。

検索画面・商品ページの両方に出てくるので、Keepaを開くことなく検索しただけで簡単にリサーチができます!

また、ライバルのリサーチをする際にも活用できるツールです。

 

 

アマキパをダウンロードして、商品の出品一覧に飛ぶと、このように表示されます。

セラーのストアフロントに飛ぶリンクと、業者がどれくらい在庫を抱えているのかが確認できるため、セラーリサーチに最適です!

Amazon転売をすることがあるなら、インストールしておくとよいでしょう。

楽JAN

商品のリサーチをする際に、JANコードをリサーチすることがあると思いますが、商品によってはページに記載がないケースがあります。

その際に活用したいのが、楽JANと呼ばれるツールです。

 

 

こちらも、Google Chromeの拡張機能としてインストールが可能です。

概要を簡単に説明すると、楽天の商品ページにJANコードを表示させられるツールです。

 

 

このように、検索画面したのほうに、JANコードが表示されていることがわかります。

さらに、各種販売先に移動できるリンクもあり、楽天ポイントせどりをする際に役に立つツールです。
(例:Amazon、楽天、ヤフショ、Googleショッピング)

楽天のページには、Amazonとは違ってJANやASINが記載されていません。

 

そのため、販売先で商品を調べるのは手間がかかっていました。

しかし、楽JANを使えば、JANコードが瞬時に取得できるため、手間がかかることもありません。

リサーチしたいなら、コードをコピーしてKeepaやデルタトレーサーに入力するだけでよいです!

キーゾン

こちらは、前述したKeepaの拡張機能であり、有料版に登録している人のみが利用できるツールです。

Keepaでは、ランキンググラフから売れ筋をチェックできましたが、具体的にどのくらい売れているかはツールを使わないと調べられませんでした。

 

 

キーゾンは、Keepaと連携して、Amazonの商品ページに月間販売個数を表示できます。

実際にインストールして有効化にすると、上記のように月間販売個数が表示されます。

デルタトレーサーのデータと変わりませんが、いちいちツール上で検索せずにAmazonの商品ページだけで確認できるのは、効率的だと思います!

 

さらに、以下の機能も追加されるので、Keepa使用者はキーゾンをインストールしましょう。

 

キーゾンでできること

  • 月間販売個数の算出
  • JANコードの表示
  • 型番・カテゴリの表示
  • 発売日の表示
  • バリエーションの有無
  • Amazonの在庫有無の表示

 

いずれも、商品を仕入れるうえで必要な情報ばかりです!

Keepaの機能を、より充実させるためにも、しっかり活用していきましょう。

初心者が使うべき電脳せどりのおすすめツールは?

これから電脳せどりを始めようと思っている人は、何を利用すればいいかわかりませんよね……。

せどりを始めるときは、だれもが初心者ですし、仕方がないです。

そこで、最後に紹介したいのが、初心者が特に使うべきおすすめツールです!

 

最低でも、以下のツールは使いたいところですよ。

 

初心者が使うべき電脳せどりのおすすめツール

  • デルタトレーサーorKeepa
  • FBA料金シミュレーター
  • マカド

 

これらのツールを使用すれば、電脳せどりが効率化できるだけではなく、安定した仕入れにつながります。

参入障壁が低い分やめていく人が多いのがせどりですが、継続的に稼げるようになるにはツールは必須。

 

それぞれ使い方を覚えて、電脳せどりに活用していきましょう!

デルタトレーサーorKeepa

まず、初心者せどらーに必ず使ってほしいのが、デルタトレーサーかKeepaです。

この二つのツールは、以前までは無料で利用できましたが、今では有料版に登録しないとメイン機能が利用できません。

特に、Amazonの商品の需要を調べるランキンググラフを確認するには、いずれも有料版登録が必要です。

 

「リサーチで登録するのはもったいないよ……」と思う人もいますが、むしろすぐに回収できるレベルです。

それぞれ月額利用料は、2,000円~2,200円なので、せどりで簡単に回収できます。

 

 

デルタトレーサーを例に挙げると、このようなデータが確認できます。

販売個数がわかれば、どのくらい売れているかの予測がたてられるため、仕入れ判断が可能です。

さらに、デルタトレーサーには利益計算機がついています。

 

 

こちらの計算機を使えば、損益分岐点や利益計算ができるのでおすすめですよ。

スマホ版でも利用できるため、店舗でリサーチすることがあれば、積極的に活用していきましょう!

 

FBA料金シミュレーター

次に紹介したいのが、FBA料金シミュレーターです。

電脳せどりで稼ぐには、需要のリサーチも必要ですが、どのくらい利益が出るのかなどの、利益計算も必要です。

そこで役に立つのが、FBA料金シミュレーター。

 

 

各種数値を入力するだけで、気軽に利益計算ができます。

ちなみに、FBA料金シミュレーターでは、損益分岐点の計算が可能です。

損益分岐点は、商品の仕入れ判断をする際に役に立つ数値で、調べておけば利益を出しやすくなります。

 

 

例えば、こちらの商品をAmazonで転売するとします。

中古の最安値は4,500円台ですが、ライバルが多い商品なので、3,800円で販売すると仮定しましょう。

 

 

このように数値を入力して、計算ボタンを押すと損益分岐点が表示されます。

 

 

販売手数料や送料を差し引いたものが表示されますが、自己配送の場合は3,230円で、FBA納品の場合は2,446円です。

これが損益分岐点ですが、販売価格を3,800円で固定すれば、最低でも3,230円以下の商品を見つければ、利益を出せます!

 

めぐ
めぐ
正しい仕入れ判断をするためにも、損益分岐点は必ず計算しましょう!

マカド

僕が使っているツールでも紹介しましたが、マカドはAmazon転売をするなら利用したほうがよいです。

リサーチツールとして利用するのではなく、自動価格設定などで利用します。

 

Amazon転売をしているときに、思うように価格設定ができないことがあります。

値上がりしているのに、価格設定を放置してしまい、刈り取られるケースも少なくありません。

そこで活用したいのが、マカドです!

 

 

マカドは、自動価格設定が売りで、利用者も多く存在します。

設定した価格の範囲なら、ライバルが値上げしたら自動的に値上げしますし、値下げしても同様に動きます。

実際、価格設定はかなり面倒ですし、手動でするのはなかなか手間がかかるので注意したいところ。

 

しかし、マカドを使えば、その面倒な作業も自動化してくれます!

ちなみに、マカドは自動価格設定以外にも、以下の特徴があります。

 

マカドの特徴

  • マカドからAmazonに出品作業ができる
  • 商品のデータが自動的に管理される
  • サンクスメールが自動的に送信される

 

月額料金は4,980円ですが、充実した機能の割にはコスパがよいと思うので、電脳せどりで稼ぎたい人は必見です!

 

まとめ

電脳せどりでは、基本的にツールを使ってリサーチしていきます。

むしろツールを使わないと、利益を出すのは不可能に近いです。

この記事で紹介したツールは、いずれもおすすめなので、積極的に活用していきましょう!

 

あらためて、目的別でおすすめツールを紹介すると、以下のとおりです。

 

電脳せどりのおすすめツール

  • 需要リサーチをしたい
    →Keepa、デルタトレーサー、セラースプライト
  • 利益計算をしたい
    →FBA料金シミュレーター、デルタトレーサー
  • 価格の自動設定がしたい
    →マカド
  • Amazonの商品ページを充実させたい
    →アマキパ、キーゾン

 

どれも、せどりを効率化するものばかりなので、使って損はありません!

むしろツールを使えば使うほど、せどりで稼ぎやすくなります。

 

めぐ
めぐ
ツール使用で効率化を図って、利益を伸ばしていきましょう!