セラースプライトはモノレートの代用ツールになる?使い方・機能を解説します!

モノレート終了後は、様々なツールで代用している人も多いと思います。

デルタトレーサー等で相場を調べている人もいますが、トレンド系のキーワードや売れる商品を知りたいならセラースプライトがオススメです!

 

「セラースプライトはどういうツール?」

「セラースプライトを使って転売を効率化できる?」

「モノレートの代わりのツールになるの?」

 

セラースプライトは、モノレートの代用ツールとして使用することが可能であり、利用している人も少なくありません。

モノレート以上の効果を期待できますし、せどりを効率化しようと思っている人は必見ですよ!

 

よくわかる解説

  • セラースプライトは使えるツール
  • リサーチには最適
  • 利用者が多く安定して使える

セラースプライトとはどういうツール?:序章

 

モノレートの代用ツールとして、注目されているのがセラースプライトです。

セラースプライトは、今後Amazon転売をしたいと思っている人や、今までAmazon転売をしてきた人は、導入しておきたいものです。

 

 

こちらは、セラースプライトを使って表示されるグラフですが、価格推移やランキンググラフ等が表示されます。

また、モノレートでは以下のデータも確認可能です。

 

  • 評価・レビュー推移
  • ライバルセラーの増減
  • カートの価格推移

 

いずれも、セラースプライトを導入すれば利用できるようになります◎

実際、僕もセラースプライトを使っていますが、モノレート以上のポテンシャルを発揮してくれるので、重宝しています◎

 

中華系のツールですが、個人情報の管理なども徹底されているので安心して利用できます♪

セラースプライトで使いたい機能を紹介します!

モノレートの代用ツールとして、セラースプライトがありますが、使いたいと思っているなら機能面をしっかり把握しましょう。

セラースプライトは、国内以外にも8か国で利用されているツールであり、信頼性のあるツールといえるでしょう。

 

グラフやデータの表示ができる他、リサーチに大きく貢献してくれるのでオススメですよ◎

セラースプライトを個人的に利用して、いいと思った機能は以下の通り。

 

セラースプライトのおすすめ機能

  • キーワードリサーチ
  • キーワードマイニング
  • ライバル商品リサーチ
  • 市場リサーチ
  • 商品リサーチ
  • 商品モニタリング
  • キーワードモニタリング

 

複数の機能がある中で、無料登録するだけで利用できるのはかなりお得です!

Amazon転売で利益商品を探したいなら、積極的に使っていきましょう!

キーワードリサーチ

キーワードマーケティングをしたいと思っている人や、売れる商品のキーワードを知りたいなら、キーワードリサーチを使うと良いでしょう。

キーワードリサーチとは、Amazonのカテゴリーを指定してキーワードを発掘できるツールです。

 

 

こちらが、検索画面になりますが、月間検索数等を指定して売れるキーワードを探します。

Amazonで、検索されることが多くライバルが少ないものを見つければ、市場独占できる可能性があります。

 

また、OEMをしている人もキーワードリサーチツールは必見です。

検索上位がとれるライバルが少ない穴場キーワードを探すことで、安定して利益を出せるようになりますよ!」

 

 

こちらは、ホビー品のカテゴリーを指定して検索した結果です。

表示されている情報は、以下の通りです。

 

キーワードリサーチで表示されるもの

  • 月間検索数
  • 月間販売数
  • 成長率
  • 前期比
  • 直近三か月

 

ここで最も注目したいのは、月間販売数と直近三か月のグラフです。

トレンド商品の場合は、こちらの数値が青天井に上がります。

 

しかし、表のように下がりつつある場合は、人気が落ちついているという判断できます。

ゲームやホビー品は、ふり幅が大きく変動しやすいので注意しましょう!

キーワードマイニング

次に紹介したいのが、キーワードマイニングツールです。

こちらの機能は、売れるキーワードを探す際に積極的に活用したい機能です。

 

 

指定のキーワードを検索すると、このように情報が表示されます。

どのくらいの検索ボリュームがあるのか把握することで、商品そのものの需要を把握することができます。

 

  • 月間検索トレンド
    ※どのくらいのボリュームだったか
  • 月間検索数
  • 人気度
  • 月間販売数
  • 転換率

 

先ほどのキーワードリサーチとは異なり、特定のキーワードのボリュームを調べる機能です。

例えば、僕も仕入れることが多い任天堂Switchで検索してみました!

 

 

この様に、Switchに関連するワードが出てきました◎

商品を絞っているので、幅広く「ゲーム」というワードで検索するのもありですよ!

ライバル商品リサーチ

僕が、セラースプライトを使っていて、かなり使えると思ったのがライバル商品のリサーチです。

Amazon転売をする際は、市場価格差を調べてから仕入れることが多く、デルタトレーサー等で以下のグラフを見て仕入れるかどうかの判断をします。

 

 

ライバルが多ければ多いほど、価格競争が激化するので中々売れない状況が続いてしまいます…

状況によっては、一切売れないということにもなるので注意したいところです。

 

セラースプライトのライバル商品リサーチでは、出品しようとしている商品を調べて、転売に必要な情報を表示してくれます。

 

  • 月間の販売個数
  • 先月と比較した成長率
  • 商品のレビュー数

 

実際に検索した結果が、以下の通りです。

 

 

こちらのデータを把握することで、商品そのものの需要を確かめることができます。

不良在庫を抱えることはありませんし、トレンド商品もしっかり狙うことができますよ!

 

ライバルセラーリサーチは、売れる商品を見つけるには最適です!

市場リサーチ

Amazon転売をする際は、市場価格差がある商品を仕入れることが重要です。

しかし、いくら市場価格差があるからといって、需要がない売れていない商品を仕入れても意味がありません。

 

Amazonには、売れる商品がそれぞれ決まっていますし、しっかり把握しておきたいところです。

 

 

その際に活用したいのが、市場リサーチツールです。

こちらの機能は、トップ商品・新商品の需要を調べることができるので、カテゴリー別のトレンドを把握することができます◎

 

 

それぞれ条件を指定して、カテゴリーを指定するとこの様に出てきました!

特定の商品の市場規模を把握できるため、これから仕入れを検討している人は、積極的に活用していきましょう♪

 

転売をする際は、仕入れる商品をリサーチすると思いますが、初心者の場合はなかなか見つかりません。

しかし、市場リサーチツールを使うと、見つけやすくなるので積極的に活用していきましょう!

商品リサーチ

商品リサーチツールは、特定の商品のランキングを調べられます。

条件指定をすることで、売れる可能性がある商品を見つけられるので、初心者は積極的に活用していきましょう!

 

 

商品リサーチツールでは、カテゴリーを指定して検索していきます。

カテゴリーは、小カテゴリーまで絞ることができます。

 

 

実際に検索すると、このように商品ランキングが表示されます。

カテゴリーを絞れば絞るほど、お宝商品を見つけることが可能ですよ◎

商品モニタリング

自分の商品を出品したときに、価格推移やランキングがどのように変動しているのか気になるなら、商品モニタリングツールがおすすめです。

あるいは、これから仕入れようと思っている商品が、どういう価格変動・ランキング変動をするのか気になる人も多いでしょう。

 

 

商品モニタリングを使えば、登録した商品の各種変動を知ることができます◎

把握できる情報は、以下の通りです。

 

  • 商品の価格推移
  • ランキング推移
  • レビュー数推移

 

これらの情報を把握すれば、商品がどのように推移しているのかがわかります。

ライバルの出品状況もわかりますし、変にリサーチする必要もなくなるので、しっかり情報を追っていきましょう◎

 

こちらは商品を追加してモニタリングしていきますが、キーワードを追加してモニタリングする機能も存在します。

それぞれ活用できるツールですし、利益商品を仕入れたいと思っているなら、積極的に活用していきましょう。

キーワードモニタリング

キーワードモニタリングは、商品モニタリングとは異なり、キーワードを登録して、その商品動向を調べるというもの。

セラースプライトの中では、キーワードの推移を調べられるので、かなり重宝している機能です◎

 

リサーチという項目をクリックして、検索したいキーワードを入力します。

そのキーワードを登録して、それぞれ推移を追跡してモニタリングしてくれます!

 

あなた自身が、気になっているキーワードを登録して、動向を調べるのが一番の使い方です!

キーワードを調べてモニタリングすると、トレンド商品を把握することができます。

 

急激に検索されてきた場合は、積極的に仕入れていきましょう◎

ライバルセラーもそこまで行っていない方法ですし、周りと差をつけたい人は活用していきましょう。

セラースプライトはGoogle Chromeの拡張機能でも利用可能

セラースプライトは、サイトに登録して使える機能です。

しかし、登録をするのが面倒な人のために、Google Chromeの拡張機能が存在します。

 

「セラースプライト 拡張機能」で検索すると、表示されるのでインストールしましょう!

 

 

こちらをクリックすると、セラースプライトの拡張機能をインストールできるページに飛びます◎

拡張機能は、公式サイトに登録して利用できる機能に比べると、少し制限がかかります。

 

>>セラースプライト拡張機能インストールリンク

 

リンクをクリックすれば、セラースプライトをインストールできますよ!

こちらをインストールすれば、Amazonの商品ページを開いたときに、Keepaのようなグラフが表示されます。

 

 

表示されているグラフは、以下の情報が確認できます。

 

  • 商品価格の推移※指定期間
  • ランキンググラフの推移
  • レビュー数の推移
  • ライバルセラーの推移

 

期間指定は最低3か月から可能で、12か月まで指定できます!

モノレートで表示されていたグラフなので、かなり参考になりますよ◎

拡張機能のセラースプライトで利用できる四つの機能を紹介!

Google Chromeの拡張機能ですが、登録制のセラースプライトに比べると利用できる機能は限られます。

しかし、Amazonの商品ページにグラフが表示されるので、Keepaのような機能を利用できます◎

 

セラースプライトの拡張機能では、以下が利用可能です!

 

Google Chromeの拡張機能で利用できること

  • 売上詳細の確認
  • キーワードの逆引きツール
  • キーワードマイニングツール
  • 順位チェックツール

 

機能面は、登録版と変わりませんが、Amazonのページに表示されるという点だけが異なります!

いちいちサイトを開かなくても良いというのが、拡張機能版の魅力といえるでしょう◎

売上の詳細確認

セラースプライトの拡張機能を使えば、売り上げの詳細を確認できるようになります!

売上の詳細確認では、Amazonにある商品の各種売り上げデータを把握することができるのでオススメです◎

 

今回検索したのは、転売の商材でも取り扱うことが多いNIKEの商品です。

スニーカーや、スポーツウェア等がよく売れるイメージがありますが、NIKEで検索したところ、以下のように商品が表示されました。

 

こちらの検索ページを開いた状態で、セラースプライトのアイコンをクリックします。

すると、上位表示されているものから順番に、売上情報が表示されます。

 

 

表示されている情報で、特に確認する情報は、赤枠の部分です。

価格推移いとランキング順位を示しているので、数値が高ければ高いほど、Amazonで売れている商品ということになります。

 

各種ページを開く必要はありませんし、検索画面でそのまま調べられるので、リサーチもスムーズです。

キーワード逆引き

セラースプライトの拡張機能には、キーワード逆引きツールというものが存在します。

こちらのツールでは、特定の商品がどういうキーワードで検索されているのかということを把握できます。

 

OEMをしている人や、セラーリサーチをしている人におすすめであり、調べたいワードを検索しましょう!

 

 

各種商品ページを開き、セラースプライトの拡張機能のボタンをクリックします。

すると、該当商品がどのようなキーワードで検索されているのかということが、一覧で表示されます。

 

この場合、最も検索されているのは、「ナイキ スニーカー」というワードですね!

売れるキーワードを見つければ、新規出品する際に便利です◎

 

カートが中々取れない人や、セッション率が低い人は、キーワード逆引きツールを使うと良いでしょう。

キーワードマイニング

こちらは、Web版のセラースプライトにも存在した機能ですが、キーワードをそれぞれ指定することで、売れるキーワードをリサーチすることができます!

商品検索されているワードや、月間の販売個数も表示されるので、需要を調べることもの可能です。

 

Amazon内でセラースプライトを開いて、検索ボックスに調べたいキーワードを入力します。

 

 

すると、このように詳細のデータが表示されます。

表示データは、以下の通りです。

 

  • 月間検索トレンド
  • 月間検索数
  • 認知度
  • 月間販売数

 

各種キーワード別の売り上げや、検索数を調べられるので、リサーチしたい人は必見ですよ◎

また、表示されているものの中には、リンクが飛べるようなものもあります。

 

 

赤枠で囲んでいるものですが、こちらをクリックすると、各種詳細データに飛ぶことができます。

試しにクリックすると、以下の情報が表示されました。

 

 

こちらのグラフでは、期間別の商品検索数や購買数等が表示されているので、仕入れ対象になります◎

キーワード順位チェックツール

セラースプライトの拡張機能では、順位チェックツールが存在します。

こちらも、先ほどのキーワードマイニングツールと同様に、ASINで商品を特定する必要があります。

 

 

商品ページに入り、各種キーワード順位チェックをすると、検索数が表示されますよ◎

このキーワードの場合は、検索順位も高く売れる可能性があるキーワードということがわかります。

 

  • 検索時点でのぺ時数
  • 検索順位
  • 月間検索数
  • 検索結果

 

これらが表示されるので、商品リサーチには最適です!

あなたがOEM等で、新規出品をする場合ですが、検索されやすい有効なキーワードを探して、上位表示させるようにしましょう。

 

また、売り上げやカート獲得率がいまいち伸びない場合は、Amazon特有の広告スポンサープロダクト広告を出港するのもありです!

セラースプライトの気になる料金プランを解説!

セラースプライトは、基本料金は無料で使えます。

しかし、一部機能を利用する場合のみ、課金が必要になるので注意しましょう。
※今回紹介したものはすべて無料です

 

  • 無料プラン:無料
  • スタンダードプラン:98ドル/月
  • アドバンスプラン:188ドル/月
  • VIPプラン:238ドル/月

 

レートによって料金が変動するのですが、有料プランになったからといって、劇的に機能が変わるかと言ったらそういうわけでもありません。

 

 

唯一変わる機能を紹介するなら、モニタリングの登録数ですね!

キーワードモニタリング・商品モニタリングをする際は、通常の無料ププランだと、30個までしか登録できません。

 

しかし、VIPプランになると最大で3,000個まで登録できます。

ただ、そこまでモニタリングツールは使いませんし、今回紹介した無料プランだけで事足ります!

 

特に、モノレートの代用ツールとして使いたい場合は、無料版で十分です。

今後売り上げを拡大したいと思っているなら、課金するのもありです。

まとめ:セラースプライトを使ってリサーチを効率化!

今回、セラースプライトがどういうツールなのかということを解説しました。

セラースプライトは、モノレートの代用ツールとして使うことができますし、利用できる機能も充実しているため、モノレート以上の効果を発揮します◎

 

僕が使った感想を言うと、モノレートよりも詳細データを把握できますし、オススメです◎

また、セラースプライトには拡張機能でも利用可能です。

 

 

Keepaのように、商品ページを開けばこのようなグラフが表示されるようになります。

モノレート終了後に、様々な代用ツールが登場していますが、どれもパッとしないもの少なくありません…

 

しかし、セラースプライトに関しては、Amazonのビッグデータを参考にしており、仕入れ基準になるようなものが多いです。

面倒なリサーチ作業も、セラースプライトを入れることで解決できます◎

 

あなたが、高精度なモノレート代用ツールを探しているなら、迷わずセラースプライトを使いましょう!

最新情報をチェックしよう!