イージーブーストを転売して利益を出す方法を5つ解説!

スニーカーはプレ値になることが多く、仕入れに使っている人も少なくありません。

仕入れるスニーカーはナイキがメインですが、最近ではアディダスも転売の商材として使用できます!

ただ、すべてのモデルが売れるわけではなく、イージーブーストと呼ばれるモデルのみを狙って転売していきます!

 

「イージーブーストは転売に最適?」

「イージーブーストを転売で使うには?」

 

イージーブーストは転売に使える商材で、ものによっては1足で数万円の利益が出るケースもあるため、仕入れに活用しましょう!

スニーカー転売で利益を出したい人や、イージーブーストが転売に使えるかどうか気になる人は要チェックです!

 

めぐ
めぐ
過去モデルでも売れる可能性があるジャンルです!ただ、中古のイージーブーストはリセールバリューが低いので、仕入れないようにしましょう!

 

よくわかる解説

  • イージーブーストは売れるが昔ほど利益にならない
  • 売れるモデルが限られる
  • Yeezy Boost350V2が最も売れる

Yeezy Boost(イージーブースト)って何?転売に使える?

イージーブーストは、アディダスが販売しているスニーカーの一種で、抽選メインで販売されることがほとんどです。

ナイキはマイケルジョーダンとのコラボのAir Jordan1などが有名ですが、イージーブーストは海外の有名ラッパーカニエウェストが手がけています。

 

 

このようなスニーカーですが、デザイン性と機能性が評価されてプレ値になることも多いです!

さらに、カニエウェストが手がける点も大きく関係しており、過去に販売されたモデルだと、1足あたり5~6万円で取引されています。

 

 

人気故に再販が繰り返されていますが、それでも大きくリセールバリューが低下することはありません。

そのため、スニーカー転売の一種として仕入れる人も多いです。

ただ、昔に比べるとイージーブーストブームは去りつつあるので、新作が出たからといって必ずプレ値になるとは限りません。

 

 

例えば、こちらのイージーブースト。

Yeezy Boostのなかでも人気がある350V2と呼ばれるモデルですが、定価割れしています。
(定価:30,240円)

以前はプレ値になっていましたが、これも若者のイージーブースト離れが関係しています……。

 

めぐ
めぐ
仮にイージーブーストを転売で仕入れるなら、利益予測をしてからにしましょう!

Yeezy Boost(イージーブースト)を転売する3つのメリット!

イージーブーストは、商品そのものに希少性があり、抽選販売されるときは、高確率でプレ値になります。

以前は、350V2が主力のモデルでしたが、”380、700、750”などのモデルも追加されています。

350V2ほどの人気はありませんが、新品ならリセールバリューはそこそこ高いです!

 

 

実際、イージーブーストを転売に使うとメリットが多いですが、特に実感するのは以下のとおりです。

 

イージーブースト転売のメリット

  • 利益率が高く稼げる
  • プレ値でも売れる
  • ファンが多く回転率が高い

 

どれでもメリットですが、個人的には利益率と回転率が高い点が、イージーブースト転売の最大の売りだと思います。

利益予測をすれば、在庫を抱えることはほとんどありません!

利益率が高く稼げる

イージーブーストは、利益率が高いとして有名な商材です。

転売の商材として使う人が多いのは、これが大きく関係しています。

例えば、イージーブーストのなかでも人気がある350V2のベルーガと呼ばれるカラー。

 

 

定価2万円程度の商品が、5万円で売れています。

販売先はメルカリ・ラクマのいずれかになりますが、利益計算をすると以下のとおりです。

 

イージーブースト350V2ベルーガの利益計算

  • 販売価格55,555円
  • 販売手数料:5,555円
  • 送料:1,000円
  • 仕入れ値:22,000円
    純利益:26,778円(利益率48%)

 

転売の商材で、1個あたりの利益率が50%程度するものはなかなかありません……笑

ただ、商品に希少性がある場合は、いくらでも価格が上がるので、この値段で売れるのも珍しくありません。

上記の例はあくまでも売れるモデルの一つで、流通量が少ないものは10万円以上で取引されるものもあります!

 

めぐ
めぐ
最近は再販されているので価格は低下傾向にありますが、それでもプレ値になるものは多いですよ♪

プレ値でも売れる

僕は、スニーカー転売を稀にしますが、希少性の高いスニーカーはプレ値でも売れますね……。

イージーブーストの一つで、供給量が少ない割には需要が高いため、市場ではプレ値になります。

以下の商品は、イージーブースト350V2のブラックと呼ばれるモデルです。

 

 

最近ではリセールバリューが下がりつつありますが、販売価格は52,000円程度。

一度だけ再販されましたが、それでも定価以上の値段で売れています。
(定価22,000円)

イージーブーストがプレ値になるのは、限られた人しか購入できない点にあります。

 

人気モデルの再販や、新カラーが販売されるときは、基本的に抽選です。
※最近では一般販売されることもある

一般販売されても、主要サイズはすぐに売り切れてしまうので、競争倍率は高いです。

イージーブーストは機能性が高いので、通常使用する人が多いですが、コレクションしている人も少なくありません。

 

イージーブースト転売では、そのような人を対象に販売していきます!

ファンが多く回転率が高い

イージーブーストのリセールバリューが低下傾向にあるので、ファン離れがささやかれています。

Twitterで検索すると、イージーブーストについてつぶやいている人もいました……。

 

 

しかし、このような意見があっても、市場では普通に売れています!

平均相場は下がりましたが、コンスタントに売れている商品です。

 

僕も、一度だけイージーブーストを仕入れて転売したことがありますが、販売して2時間で完売しました……笑

ただ、”イージーブースト=すべてプレ値になる”という認識では、在庫を抱える可能性が高くなります。

 

あなたがイージーブーストを仕入れる場合は、売れているモデル・プレ値になるモデルを把握してから仕入れるようにしましょう。
※詳細は後述します!

これらを意識すれば、利益率・回転率が高い転売ができますよ!

Yeezy Boost(イージーブースト)を転売するデメリット2選!

イージーブーストは、モデルによっては大きくプレ値になるのでしっかり仕入れていきたいところです。

しかし、すべての商品がプレ値になるとは限らず、仕入れる際は注意しなければなりません。

 

実際、イージーブーストの転売はデメリットも存在します。

仕入れる前に、そちらもしっかり把握しておきましょう!

 

イージーブーストのデメリット

  • 売れる商品が限られる
  • ライバルが多い

 

この二点は、イージーブーストを仕入れたなかで特に実感したことですね……。

「イージーブーストは売れるよ!」という情報だけが一人歩きして、市場には多くの商品が販売されているのが現状です。

プレ値で売るなら、スピード感のある転売が求められます!

売れる商品が限られる

イージーブーストは、以前までは販売されたらすべてがプレ値になっていましたが、今はそうでもありません。

普通に定価割れすることがありますし、仕入れる際は注意しなければなりません。

そのため、イージーブーストを仕入れて転売しようと思っているなら、売れるモデルを把握しておきましょう。

 

詳しくは後述しますが、350V2は特に売れやすいモデルです。

 

 

ヤフオク・メルカリなどで、「イージーブースト350V2」と検索すると、このように多くの販売実績が出てきます。

イージーブースト=350V2の認識がある人が多く、2013年からコンスタントに新モデルが販売されているほどです!

ただ、売れるかどうかは、需要次第です。

 

 

Twitterで、販売日前に「イージーブースト」などで検索すると、購入するかどうかのとうこうが出てきます。

思いのほか反響が多い場合は、市場でプレ値になることが高いので仕入れ対象にしていきましょう!

ライバルが多い

イージーブーストは、売れる商材が故にライバルが非常に多いです。

イージーブーストに限らず、限定品や抽選販売などでしか手に入らないものは、希少性が高くライバルが増えます。

例えば、先ほど紹介したYeezy Boost350V2のベルーガですが、メルカリでは以下のように販売されていました。

 

 

あまりにも価格が安いものは、偽物の可能性が高いですが、販売されすぎて定価割れしているものも目立ちます。

ライバルが多いと、無意味な値下げ競争に巻き込まれるケースが高いですし注意しましょう!

イージーブーストは需要が高いのは事実ですが、ここまで市場に商品があふれてしまうと、うまく利益を出せなくなります。

 

仮に、ライバルが多い市場で商品を売るためには、以下の対策をしなければなりません。

 

ライバルが多い市場でするべき対策

  • スピード感のある転売
  • 必要に応じた値下げ
  • 損切・利益度外視販売

 

利益を出したいなら、スピード感のある転売は必須です。

市場にまだライバルがいない状況で転売すれば、利益になる可能性が高いからです。

 

それ以降の段階は、利益額が少なくなるのであまりおすすめしません。

同じコンディションで同じモデルの商品を販売していて、ライバルと差をつけるなら値下げしかありません……。

 

めぐ
めぐ
その他の方法でも差をつけたいところですが、早く売り切りたいなら値下げが一番ですよ!

Yeezy Boost(イージーブースト)転売で売れた過去のおすすめモデル一覧!

イージーブーストは、売れるモデルがそれぞれ決まっているので、仕入れる前に把握しておくとよいでしょう!

今後新カラーが販売される場合は、そちらも仕入れ対象にするとイージーブースト転売で利益を出しやすくなります♪

複数のモデルがありますが、以下のイージーブーストは特におすすめです!

 

イージーブースト転売でおすすめのモデル

  • Yeezy Boost750 ライトグレー
  • Yeezy Boost350V2 ベルーガ
  • Yeezy Boost350V2 オレオ
  • Yeezy Boost350V2 ブラックレッド
  • Yeezy Boost350V2 ゼブラ

 

ほとんどが350V2ですが、それくらいイージーブーストのなかでは人気があるモデルです!

特に、再販されていなモデルは価格が青天井なので仕入れ対象にしましょう◎

Yeezy Boost750 ライトグレー

イージーブーストは、2013年に販売されて以来、多くのモデルを販売してきました。

そのなかでも、伝説的なモデルとして紹介されるのが750です。

 

従来のイージーブーストに比べると、ハイカットなデザインが特徴的です。

イージーブーストを手がけるカニエウエストは、もともとナイキと契約していて、Air Yeezy と呼ばれるスニーカーを展開していました。

しかし、契約金などでナイキと揉めて以来、アディダスでイージーブーストを製造するようになりました。

 

 

こちらがAir Yeezy ですが、750とフォルムが似ていることがよくわかります!

ちなみに、イージーブースト750は2015年以降販売されていないので、市場ではプレ値になっています。

 

 

偽物も多く出回っていますが、主力カラーのライトグレーは15~20万円程度で売れています!

イージーブーストのなかでも、もっとも価格がついているモデルなので、再販・新カラーのリークがされたら、積極的に仕入れていきましょう。

Yeezy Boost350V2 ベルーガ

Yeezy Boostを仕入れて転売するなら、350V2は欠かせません。

人気カラーなら利益になるものも多いですが、初期に販売されたモデルは、入手が困難なので特に売れやすいです◎

 

 

こちらは、ベルーガと呼ばれるカラーですが、グレーベースのカラーに、赤の印字のみのシンプルなイージーブーストです。

販売定価は22,000円ですが、市場価格は新品未使用で50,000円以上はします。
※中古価格は30,000円程度

新品未使用で仕入れるのは難しいですが、まれにリサイクルショップなどで販売されていることがあります。

 

 

中古のイージーブーストは売れづらいですが、新品未使用なら多少高値で仕入れても売れる可能性があるので、仕入れ対象にしましょう!

また、イージーブーストは再販を頻繁におこなっており、ベルーガもその対象になるケースがあります。

再版されて1週間程度経過してしまうと、価格は下がってしまいますが、数日のうちはプレ値を維持します。

 

めぐ
めぐ
再販モデルを転売するときは、仕入れ→販売の流れを確実に作っておくことが重要です!

Yeezy Boost350V2 オレオ

350V2のなかでも、伝説になりつつあるのがオレオカラーです。

イージーブーストでは主力カラーの一つですが、いまだに再版されずにプレ値を維持し続けています。

中古のリセールバリューは2~3万円程度と安いものの、新品・未使用のものは、8~10万円で取引されています。

 

 

こちらは、ヤフオクの落札実績ですが、8~9万円で落札されていました。

新品未使用はなかなか出回っていないため、販売されてから5年以上が経過していますが、この価格帯を維持し続けています。

今後再販されるかどうかは未定ですが、販売されたときはプレ値が予測されます。

 

イージーブーストのなかでも主力カラーなので、販売されたときは必ず仕入れていきましょう!

Yeezy Boost350V2 ブラックレッド

イージーブーストは、機能性も高いですが、デザイン性も高いです。

しかし、奇抜なカラーのものが多いため、コーデになかなか合わせられない人も多いです……。

 

 

そういう人に人気があるのが、ブラックレッドです。

黒ベースに、赤の印字があるだけのシンプルな350V2。

こちらのイージーブーストは、2020年12月に再版されたモデルで、定価は19,800円でした。

 

 

再販される前は、1足あたり8~10万円程度で取引されていましたが、再販後は3~5万円程度の相場に下落しています。

諸手数料を差し引いても利益になりますが、ピーク時に比べるとガクッとリセールバリューは下がります。

 

めぐ
めぐ
再販モデルも仕入れ対象ですが、大きく稼げるわけではないので注意しましょう!

Yeezy Boost350V2 ゼブラ

こちらも、再販されたモデルです。

非常に人気があり、再販されるまでは、ブラックレッド同様に8~10万円で売れていました。

 

 

ゼブラ柄が特徴的で、個人的にはイージーブーストのなかで最もおしゃれなデザインだと思います♪

海外のセレブなどがInstagramに投稿しており、有名なアーティストでいうとジャスティンビーバーが着用していました!

そこから、国内でも人気になり、当時は応募が殺到したそうです。

 

 

しかし、限定品は生産数が限られているからこそプレ値になるのであって、流通量が増えるとこのように価格は下落します。

再販時の販売定価は19,800円ですが、3~4万円で販売されているものが目立ちます。

初回に比べるとリセールバリューは低下していますが、1足あたり5,000円~7,000円程度の利益が出るので、仕入れ対象にするのもよいでしょう。

Yeezy Boost(イージーブースト)転売で利益を出すコツを紹介!

イージーブーストは、モデルさえ把握していれば、賢く稼げます!

しかし、ピーク時に比べるとリセールバリューが低下傾向にあるため、実践する際はコツを把握しておく必要があります。

イージーブースト転売で利益を出したいなら、以下のコツを意識しましょう。

 

イージーブースト転売で利益を出すコツ

  • 売れるモデルのみを仕入れる
  • 新品のみを仕入れる
  • 海外の仕入れ先も利用する
  • 再販モデルは仕入れない
  • 利益予測を徹底する

 

これらのコツを意識して転売をすれば、イージーブーストを仕入れても問題ありません♪

賢く利益を出すためにも、コツを意識した転売をしていきましょう!

売れるモデルのみを仕入れる

イージーブースト転売で利益を出したいなら、売れるモデルのみを仕入れましょう。

この記事にたどり着いた人に一つだけ忠告をすると、”イージーブースト=100%売れる”時代は終了しました。

たしかに、利益を意識なければ売れるのは事実ですが、儲かるかどうかは別の話。

 

 

こちらは、Yeezy Boost350V2のザイオンと呼ばれるカラーです。

デザイン性も悪くありませんし、売れるかと思いきや在庫になっています。

これもイージーブーストブームが去ったことが原因であり、人気モデルでも必ず売れるとは限りません。

 

そのため、イージーブーストを仕入れる際は、事前にTwitterやリークサイトを見て売れるモデルを把握しましょう。

Googleなどで「イージーブースト 最新」と検索すると、リーク情報が出てきます。

 

 

最新情報がわかったら、TwitterやInstagramで購入者が多いかどうか判断します。

「どうやって調べればいいの?」と思う人がいるので、実際にリサーチしていきますね♪

 

 

リークサイトを参考にすると、2021年2月上旬の時点でリサーチした結果、2021年2月27日にYeezy Boost350V2の新カラー”ASH BLUE”が販売されることがわかりました。

販売に約1ヵ月あるので、Twitterで反響があるかどうかチェックします。

 

 

「イージーブースト ほしい」で検索すると、多くの投稿が出てきましたが、反響はいまいちです……。

需要はあるものの、二次流通で購入する人は少ない印象。

この場合は、プレ値になる可能性が低いので、仕入れ対象から外したほうが無難です!

 

イージーブーストだから仕入れるのはやめて、確実に売れそうなものだけを狙って仕入れていきましょう。

新品のみを仕入れる

イージーブーストですが、市場にはさまざまなコンディションの商品が販売されています。

先ほど紹介したおすすめモデルは、販売から期間が経過しているので、中古コンディションがほとんど。

 

 

新品未使用ならリセールバリューが高いですが、中古の場合はガクっと価格が下がります。

人によっては、セカストやハードオフで中古のイージーブーストを安く仕入れて転売する人もいますが、僕は以下の理由からおすすめしません。

 

中古のイージーブーストが転売に不向きな理由

  • リセールバリューが低い
  • 回転率が悪い
  • 需要が低く売れづらい

 

あくまでも、イージーブーストを購入するユーザーのニーズは、「新品のイージーブーストが欲しい」のであって、「とりあえずイージーブーストが欲しい」とは違います。

コレクションとして保有する人が多いため、中古を仕入れるにしても、ほぼ新品と変わらないようなものではないと売れません。

 

 

また、中古であまりにも価格が安いと、偽物と疑われてしまうケースも少なくありません。

さまざまな要因から、中古のイージーブーストは転売に不向きなので仕入れないようにしましょう!

海外の仕入れ先も利用する

イージーブーストの販売先は複数存在し、国内では以下で購入できます。

 

イージーブーストの販売先

  • アディダス公式ストア
  • アディダス公式オンラインショップ
  • スニーカー専門店
    (例:atmos、UNDEFEATED など)

 

これらの販売先は、いずれもイージーブーストを取り扱っています。

事前抽選や店頭抽選に当選して、運が良ければ購入できます。

しかし、人気モデルになるとライバルが多く、なかなか仕入れられません。

 

そこで利用したいのが、海外の販売サイトです!

スニーカーは、世界的に人気があり、イージーブーストもその一つです。

 

 

SOLEBOXと呼ばれるサイトは、複数のスニーカーが販売されています。

販売価格は国内と変わりませんが、送料・手数料がかかり若干割高になります。

しかし、人気があるモデルなら、諸手数料を差し引いても利益が出るので、仕入れ対象にしましょう!

 

SOLEBOX以外にも、スニーカーが購入ができる海外サイトは以下のとおりです。

 

仕入れにおすすめな海外輸入サイト

  • Farfetch
    →送料:購入金額28,000円以上→1,500円、28,000円以下4,100円
  • SSENSE
    →送料:購入金額35,000円以上→無料、35,000円未満→2,750円
  • Foot Locker
    →送料:39.99ドルor購入金額×28%
  • JD Sports
    →送料:スタンダードプラン:9.99ポンド、エクスプレスプラン19.99ポンド
    (1,433円~2,868円)
  • BSTN
    →送料:34.95ユーロ~
    (4,420円~)

 

このように、海外から仕入れが可能な仕入れ先は多く存在します!

仕入れ幅を広げたいなら、このような仕入れ先も活用していきましょう♪

 

 

再販モデルは仕入れない

イージーブーストは、過去に販売されたモデルが再度販売されることがあります。

過去に再販されたモデルを挙げると、以下のとおりです。

 

イージーブーストで再販されたモデル

  • Yeezy Boost350V2 ブラックレッド
  • Yeezy Boost350V2 ゼブラ
  • Yeezy Boost350V2 イエロー
  • Yeezy Boost350V2 ブラック

 

いずれも、販売当初は入手が困難だったので、10万円以上で売れることがありました。
(↓メルカリでは販売実績もありましたよ!↓)

 

 

ただ、昔はプレ値になっていますが、再販されると利益額が下がります。

ブラックレッドを例に挙げると……

 

 

再販前は、8万円程度で販売されていたものが……

 

 

再販後には、3~4万円で売れています。
(損切する人も多く2万円で売れているものも……。)

再販モデルを仕入れるのは自由ですが、個人的にはあまりおすすめしません。

利益になるといっても、5,000円程度です。

 

それなら、新カラー販売時にプレ値転売をしたほうが効率よく稼げますよ♪

利益予測をすれば、確実に利益が出せるジャンルなので、リーク情報をみるなどして、価格予測をしていきましょう!

 

めぐ
めぐ
商品をイージーブーストに固定する必要はありませんし、別のスニーカーも狙うと効率的ですよ♪

 

利益予測を徹底する

イージーブースト転売で稼ぎたいなら、利益予測は必須です。

むしろ利益予測をしないと、うまく利益が出せずに在庫を抱えてしまいます……。

昔なら、仕入れて転売すれば利益になりましたが、その時代は終わりました。

 

現代でイージーブーストを転売して利益を出すなら、売れるモデルをピンポイントで狙って仕入れることです。

「どうやって利益予測をすればいいの?」といると思いますが、SNKRDUNKと呼ばれるアプリをインストールするだけでよいです!笑

 

 

こちらは、スニーカー専門の情報サイト兼販売サイトで、スニーカーの最新情報が多くリークされています。
(僕もインストールしています!)

スニダンでは、スニーカーが販売される情報が海外でリークされたら、逐一更新されます。

 

 

もちろん、イージーブーストの情報も公開されています。

ここで注目したいのが、どれくらいほしい人がいるのかです。

記事ページに飛ぶと、スニーカーが欲しい人の数がわかるボタンがあります。
※赤枠参照

 

 

販売日が近づくにつれて、数は増えていきますが、人気がないスニーカーは数も少ないです。

ほしい人が少ないスニーカーを仕入れても意味がないですし、スルー対象です。

僕が仕入れる際は、1,000人以上が欲しいと思っているときにしています!

 

 

再販でもプレ値になっているスニーカーは、3,000以上のお気に入り登録数がありました。

この数値は、イージーブーストを仕入れるうえで、重要なので仕入れる前は必ずチェックしましょう。

仕入れレベルをそれぞれ紹介しておくので、仕入れ判断の目安にしてくださいね♪

 

お気に入り数別仕入れレベル

  • 500以下:仕入れ対象外
  • 501~1,000:Twitterなどの反響次第では仕入れ対象にする
  • 1,001~2,000:販売日前日までの反響によっては仕入れる
  • 2,001以上:仕入れ対象

 

確実に利益を出したいなら、2,000以上のお気に入り登録するがあるものを仕入れましょう!

 

 

10,000以上の登録数があれば、120%プレ値になります。

イージーブースト転売に限らず、スニーカー転売で稼ぎたいなら、スニダンで評価が高いもののみをピックアップして仕入れるのもありですよ♪

Yeezy Boost(イージーブースト)を転売する際の注意点は?

イージーブーストは、人気が低下傾向にあるものの、2013年以降から新商品が途切れず販売されています。

完全に需要がなくなったわけではないので、転売の商材に使いたいところですが、注意点が存在します!

仮に、イージーブーストを転売したいなら、以下の注意点を把握したうえで仕入れましょう。

 

イージーブースト転売の注意点

  • 偽物が出回っている
  • リセールバリューが低下傾向にある

 

イージーブーストを仕入れるときは、基本的に正規ルートで仕入れたほうがよいです。

メルカリやヤフオクから刈り取りして仕入れる人がいますが、偽物の可能性があるので危険ですよ!

 

めぐ
めぐ
ちなみに、偽物スニーカーを転売すると、事実を知らなくても逮捕されてしまいます……。トラブルを避けるためにも、二次流通では原則仕入れないようにしましょう!

偽物が出回っている

イージーブーストに限らず、スニーカーは偽物が多いジャンルです。

特に、プレ値になるスニーカーは、偽物が多く出回っているので注意しましょう。

仕入れ先を正規ルートにこだわるのは、偽物を仕入れないようにするためです。

 

 

こちらは、ラクマに販売されていたYeezy Boostです。

人気カラーのゼブラが、新品・未使用で18,500円で販売されています。

リセールバリューがいくら安くなったとはいえ、ここまで安く販売されることはないので、偽物だとわかります。

 

ちなみに、ラクマはスニーカーの偽物がもっとも多いので、仕入れに使うのはやめましょう。

「どうやって見分けるの?」と思う人のために、偽物スニーカーの特徴を紹介しますね♪

 

偽物スニーカーの特徴

  • プレ値スニーカーの割には価格が異様に安い
  • 現物の商品がない
  • 商品説明文の日本に違和感がある

 

スニーカーの偽物は、値段で大半がわかります。

しかし、正規品の値段同様に販売している偽物スニーカーが存在し、あたかも正規品だと偽っているようなものもあります。

 

 

これは、僕の知り合いから聞いた話ですが、ヤフオクで販売されているこのようなスニーカーを仕入れる際は注意しましょう。

請求書やレシートのコピーは、ネットでいくらでも購入できます。

実際、ネットで回っているスニーカーが正規品かどうか判断するには、公式ショップから購入する以外手段はありません。

 

ストアなどで販売さえているものは、ある程度鑑定されているので安心ですが、セカストやハードオフはバイトなどが鑑定をするため、偽物も多いです。

 

 

そのため、価格が安いからといって、中古のイージーブーストを仕入れるのはかなりリスキーです。

偽物を知っているかどうか問わず、販売した時点で逮捕されるので注意しましょう。

補足:偽物スニーカーの転売で逮捕された事例

国内には、偽物のスニーカーが多く流通しています。

中国やフリマアプリなどで仕入れては、正規品として偽って販売する人も少なくありません。

実際に、逮捕された事例があるので、紹介しておきます。

 

【偽Yeezy Boostを転売して逮捕】

 

【偽物スニーカーをリサイクルショップで買い取ってもらい逮捕】

 

【偽物スニーカーを製造して逮捕】

 

このように、あらゆる手口で偽スニーカーが出回っています。

プレ値になるスニーカーは、特に偽物が多いため、必ず正規ルートで仕入れるようにしましょう!

リセールバリューが低下傾向にある

イージーブーストの仕入れで気を付けたいのが、リセールバリューが低下傾向にある点です。

この記事でたびたび触れてきましたが、イージーブーストは以前に比べると、リセールバリューが下がりつつあります。

原因はさまざまですが、個人的にはブームが去ったことが一番の原因だと思います。

 

 

このようなツイートもありましたし、全体的にストリートファッション系は、供給過多に陥って衰退していくことが予想されます。

Yeezy Boostと同様に人気があるSupremeも同じような末路をたどっており、以前に比べると需要は落ち着きました。

 

昔は、「Supreme=売れる」認識の人が多く、実際ほとんどの商品がプレ値になっていました。

しかし、今の市場を見ると普通に売れ残っています……。

 

 

一部の限定コラボなどはプレ値になりますが、スルーしている人も少なくありません。

イージーブーストも同様に、ブームが去りつつあるので、新カラーが出ても、昔ほど利益になることはないです。

仮に、商品を仕入れたいと思っているなら、イージーブーストだけではなく、他のレアものスニーカーなどを狙っていくとよいでしょう!

 

 

まとめ:イージーブーストを転売して利益を出そう!

イージーブーストを転売すれば利益になることが多く、商材として使っている人が多いです。

現在の市場は、供給過多になりつつあるので、価格競争なども頻繁にありますが、稼げる商材ではあります。

最新のモデルでも、1足あたり5,000円~7,000円程度の利益が出るほどです。

 

 

ただ、「イージーブーストが100%売れる」時代は終わってしまい、1足数万円で売れることはまれです。

過去に販売されていたモデルを安く仕入れられたら別ですが、それこそ確率が低い話。

 

仮に、イージーブーストを仕入れて転売したいなら、スニダンなどのリーク情報がチェックできるアプリを使って、利益予測をすることです!

利益になるなら仕入れて、損失が出そうならスルーしましょう!

 

めぐ
めぐ
スニーカーは売れる商材なので、仕入れに最適です!イージーブーストに限らず、ナイキなどもリサーチ対象にしましょう!