NIKE(ナイキ)は転売に使える?スニーカーで稼ぐ方法を徹底解説!

転売で仕入れる商材は多く、どれを仕入れていいのかわからない人がいると思います。

そういう人に、今回紹介したいのが、ナイキです!

 

めぐ
めぐ
ナイキはスポーツブランドのなかでも、プレ値になりやすい商品が多いので、転売の商材にはぴったりです!

 

「ナイキの商品は転売できるの?」

「ナイキの商品は儲かる?」

 

今回は、このような悩みを抱えている人のために、ナイキの商品を転売して稼ぐ方法を解説します!

スニーカーやスポーツウェアを仕入れて、賢く利益を出していきましょう。

 

よくわかる解説

  • ナイキ転売は儲かる
  • スニーカーをメインで仕入れる
  • コラボ商品が利益になりやすい

NIKE(ナイキ)は転売に使える?儲かる?

ナイキは、どこでも仕入れられるブランドであり、知名度があります。

そのため、転売したところで、そもそも利益が出ないと思う人も多いでしょう。

 

しかし、ナイキほど国内でプレ値になりやすい商品はなく、むしろ転売に使わないと損なブランドです!

そのなかでも、特に仕入れたい商品が……

 

スニーカーです!

 

「本当にスニーカーが儲かるの?」と言う人がいますが、ナイキ転売ではスニーカーをメインに仕入れて転売していきます。

ただ、取り扱うスニーカーは、イオンやドンキなどに流通しているような、普通のスニーカーではありません。

 

 

仕入れたいのは、ナイキが定期的にローンチする限定スニーカーです!

企業コラボや、人気モデルの新カラーなどは、特に利益が出るジャンルです。

 

過去のコラボモデルには、1足数十万円を超えるようなスニーカーもありました。

しかし、スニーカーに興味がない人からすれば、「本当に売れるの?」という疑問しかないと思います。

 

実際、僕もスニーカーを調べるまでは、同じことを思っていました。

 

 

メルカリでは、1足数万円のスニーカーがゴロゴロ売れています!

仕入れ値は、いずれも2万円~2.5万円程度であり、爆益が期待できる商品であることがわかります。

 

めぐ
めぐ
スニーカーをメインで仕入れていけば、安定して稼げるようになるので、この記事で売れるモデルを把握していきましょう!

NIKE(ナイキ)を転売するのは違法ではない?

ナイキが転売の商材に向いていることがわかりましたが、なかには「違法だからやめましょう」と言う人がいます。

Twitterでは、注意喚起をする人も少なくありません。

 

https://twitter.com/takiichan0317/status/1161416490223935489?s=20

 

この様な声があると、違法だからやめようと思う人も多いでしょう。

ただ、これはまったくの誤解であり、ナイキのスニーカーを転売したところで、違法になることはありません。

 

法規制されているわけではありませんし、ナイキが規制されるなら、他のどのブランドも規制されてしまいます……

しかし、100%違法ではない!とは言い切れず、仕入れ商品や手法によっては違法になるケースがあります。

 

具合的なケースは、以下のとおりです。

 

ナイキ転売が違法になる事例

  • 古物商許可証なしでの販売
  • 偽物商品の販売

 

この二つに該当した場合は、違法になるので注意しましょう。

特に、ナイキやアディダスなどのスニーカーは、偽物が多く製造されて、国内に流通しています。

 

仕入れて転売すると、3年以上の懲役または300万円以下の罰金に科せられてしまうので要注意です!

違法事例①:古物商許可証なしでの販売

スニーカーに限らず、転売ビジネスをする際に、気を付けてほしいのが古物商許可証の取得です。

古物商許可証は、古物営業法が定める範囲の”古物”を仕入れて転売する際に、必要な許可のことです。

 

古物=中古品と認知している人も多いですが、その範囲は認識と異なります。

おそらく、あなたが思う中古品とは、使い古された品物だと思います。

 

しかし、古物営業法では、一度消費者の手元にわたった時点で、商品が中古品(古物)の認識になります。

つまり、ナイキの公式サイトからスニーカーを購入すると、古物営業法の範囲では中古品になるのです。
(未開封の中古品というイメージ)

 

めぐ
めぐ
基本的に、オリジナル商品を仕入れて販売しない限りは、この許可証が必要になります!

 

ただし、古物商許可証が必要ないケースもあります。

 

【古物商許可証が必要ないケース】

  • 不用品を処分する目的で販売した
  • コレクション目的で購入したものを販売した
  • もらいものが不要になったので販売した

 

許可の有無で論点になるのは、”営利目的で仕入れたかどうか”です。

スニーカーはコレクションする人が多いため、転売目的で購入しないことがあります。

 

しかし、断捨離などでスニーカーを処分したいときに、メルカリやラクマで販売する場合は、営利目的ではなく”処分目的”になるので許可証は不要です。

この辺の基準はあいまいで、「どうやって目的がわかるの?」と言う人がいると思います。

 

めぐ
めぐ
露骨な転売品なら話は別ですが、スニーカーならコレクション性があるので、100%営利目的とは判断しづらいですね……

 

古物営業法では、営利目的かどうかの判断は、自己申告に任せています。

そのため、スニーカーを仕入れても「コレクション用で購入しました」と言えば、乗り切れる可能性があるわけです。

 

ただ、継続的に転売して履歴があれば、営利目的と判断されてしまい、古物営業法違反に問われてしまいます。

 

 

実際に、許可証を持たずに転売した人が書類送検・逮捕された事例が複数存在します。

仮に、ナイキのスニーカーを転売したい場合は、念のために古物商許可証を取得しておきましょう!

違法事例②:偽物商品の販売

ナイキのスニーカーは、コラボモデルや人気があるモデルなら、100%プレ値になることがわかっています。

製造数の割には、ほしい人が殺到するため、プレ値になるのは自然です。

 

だからこそ、その需要を悪用しようと、国内に多くの偽物スニーカーが流通しています。

基本的には、中国やフィリピンなどの場所で製造されているものが流通しています。

 

 

ラクマに販売されているこちらのスニーカーですが、偽物です。

市場価格を知らない人や、スニーカーに詳しくない人からすると、この価格でも十分高いですよね……

 

 

しかし、正規品の市場価格は約20万円です……笑

そのような商品が、数万円で購入できるのはさすがに怪しいですし、偽物だとわかります。

 

それに、商品ページには”確実正規品”というワードが書かれているため、価値を知らない人は仕入れるでしょう。

 

 

国内の偽物商品に対する目線は、かなり厳しくなっており、一度転売しただけでも実刑判決を食らいます。

逮捕事例も多く存在し、ナイキの偽物スニーカーを転売したとして、逮捕された人もいます。

 

 

メーカーの商標権を侵害したとして、”商標法違反”で立件されてしまうので、くれぐれも仕入れないようにしましょう!

NIKE(ナイキ)転売のやり方を徹底解説!

ナイキの商品の転売自体は違法ではなく、取り扱い商品によっては違法になるケースがあるので、注意しましょう。

違法性がないことがわかれば、あとは商品を仕入れるのみですが、やり方がわからない人が多いと思います。

 

そこで、これからナイキを転売して稼ぐやり方を解説していきます!

メインで取り扱う商材はスニーカーであり、少しでも稼ぎたい人は参考にしてくださいね♪

 

ナイキを転売する手順・やり方

  1. リーク情報を仕入れる
  2. プレ値予測をする
  3. 各種サイト・ショップで抽選に参加
  4. 仕入れたらラクマに転売

 

この流れで進めていけば、稼げます!

新品の商品をメインで仕入れていくため、獲得できるかは運になりますが、少しでも確率を上げるために、さまざまなサイトで抽選に参加していきましょう。

1.リーク情報を仕入れる

まず、ナイキのスニーカーを転売する際ですが、リーク情報は必ず仕入れなければなりません。

他の商材に比べると、情報こそ仕入れないと、稼げないビジネスだからです。

 

リーク情報は、大きく分けて3つあります。

 

【ナイキのスニーカーのリーク情報】

  • ローンチされるスニーカーのモデル
  • 販売日
  • 販売価格

 

ここで意識したいのが、スニーカーのモデルです。

どのようなスニーカーが販売されるのかを把握して、プレ値予測の材料にしていきましょう。

 

 

ナイキの公式サイトであるSNKRSでは、今後販売されるスニーカーを一覧で確認できます。

直近1ヵ月で販売されるものが公開されているので、リーク情報を仕入れる参考になります。

 

しかし、SNKRSで公開されているスニーカーは、販売日・販売価格が確定したものであり、それ以前のものは公開されません。

 

 

最新のリーク情報を参考にしたいなら、SNKRS DUNKといったアプリがおすすめです!

こちらでは、ナイキに限らず、スニーカー販売に関する情報が多く掲載されています。

 

 

将来的に販売される商品のリーク情報から、各種抽選サイトまで記載されているので、情報収集には最適です!

その他、リーク情報を仕入れられるブログなどもあるため、そちらを参考にするのもありです!

2.プレ値予測をする

リーク情報を参考にして、利益になる商品がわかったら、次はプレ値予測をしていきます。

ナイキのスニーカーを転売する上で重要なことであり、利益になるか損失になるかを決める項目です。

 

プレ値予測をする方法は、大きく分けて二つあります。

 

プレ値予測をする方法

  • 過去のコラボモデルから判断する
  • 市場の需要から判断する

 

まず、ナイキのスニーカーでプレ値になるのは、コラボモデルや新カラーと決まっています。

詳しいモデルやブランドに関しては後述しますが、過去作から利益を予測するのもありです。

 

 

このスニーカーは、”ナイキ×Peaceminusone”コラボの商品です。

有名ブランドの初回作コラボでもあり、定価2万円台の商品が、6~8万円台で取引されていました。
※販売直後

 

 

1年後に次回作が販売されましたが、そちらも同様に6~8万円程度で取引されています。

このように、過去作のリーク情報から、価格を予想しておくと仕入れ判断の基準になりますよ◎

 

次に、市場の需要から調べるという点です。

 

https://twitter.com/nini_padss/status/1331957478448267264?s=20

 

Twitterで、「ナイキ ほしい」「ナイキ 新作 ほしい」などで検索すると、上記の口コミが出てきます。

口コミ数が多いほど、需要が高く話題になるので、プレ値が予想できます。

 

具体的な価格は算出できなくても、スニーカーを仕入れて平均相場で販売すれば、プレ値で売れる可能性が高いです。

 

めぐ
めぐ
プレ値予測は、仕入れたスニーカーの値付けに必要なので、しっかり把握しておきましょう!

3.各種サイト・ショップで抽選に参加

プレ値予測が完了したら、いよいよ商品を仕入れる準備をしましょう。

ナイキのスニーカーが販売される際は、事前抽選をおこない、当選すれば購入できるものから、SNKRSの公式サイトで先着販売されるのもあります。

 

また、公式サイト以外にも、販売委託店・代理店でも抽選がおこなわれるので、しっかり把握しておきましょう。

 

 

先ほど紹介した、SNKRS DUNKのアプリでは、各種スニーカーの抽選情報が記載されています。

サイトによって日程が異なりますが、本気で手に入れたい場合は、どの販売先でも抽選に参加しましょう。
※特にコラボモデルの場合は

 

当選した場合は、必ずスニーカーが購入できるため、参加する価値はあります。

しかし、ショップで抽選に参加する場合は注意が必要です。

 

 

スニーカー販売店である、atmosではドレスコードが用意されています。

「店頭に並ぶ→スタッフによるチェック→抽選販売」の流れで購入していきますが、スタッフによるチェックで、ドレスコードを満たしていなければ、並びからはじかれてしまいます。

 

https://twitter.com/3dAhiru48/status/984829077809852416?s=20

https://twitter.com/fuckintegraR/status/1187702167202779137?s=20

 

特定のスニーカーを持っていないと、並びに参加できないことから、atmosの並びについて苦言を呈する人も少なくありません……

そのため、店頭の並びに参加する際は、極力ナイキに関連したスニーカーを履いて並ぶことをおすすめします!

4.仕入れたらラクマに転売

抽選に参加して、商品を仕入れることがでいれば、あとは転売するのみです。

その際は、さまざまな販売先を利用できますが、手数料が低いラクマがおすすめです。

 

最近になって、ラクマの販売手数料が6.5%に引き上げされましたが、業界では最安。

特に、ナイキのコラボスニーカーや新カラーなどは、プレ値になることが多いので、販売価格も高くなります。

 

 

過去の販売履歴を見ると、数十万円で売れているナイキのスニーカーがあります。

20万円で販売する場合に、各種販売先別の利益を算出すると、以下のようになりました。

 

【メルカリで販売した場合】

  • 販売価格20万円-仕入れ2万円-手数料2万円-送料600円
    →純利益:159,400円

【ラクマで販売した場合】

  • 販売価格20万円-仕入れ2万円-手数料1.3万円-送料600円
    →純利益:166,400円

 

手数料が違うだけで、7,000円も差が出てしまいます。

「ラクマは売れづらい」という声がありますが、プレ値のスニーカーは、販売先問わず売れるイメージです。

 

そのため、ラクマでもヤフオクでもどこでも売れるので、気にする必要はありませんよ!

利益額を重視したいなら、なおさらラクマで転売するべきです。

NIKE(ナイキ)を転売する3つのメリット!

ナイキは、スニーカーがメインの転売商材になります。

転売するやり方を紹介したので、メリット・デメリットを解説していきたいと思います!

 

まず紹介したいのが、メリットです。

ナイキを転売の商材として取り扱う場合、以下のメリットが挙げられます。

 

ナイキを転売するメリット

  • 利益率・回転率が高い
  • 商品次第では爆益が期待できる
  • リセールバリューが定価以下になることが少ない

 

スニーカー一つで、爆益が期待できるのは、ナイキくらいです。

メインで仕入れるのはコラボモデルですが、新カラーの人気モデルなども対象になります。

 

コラボモデルほど利益になりませんが、それでも定価を下回ることはまずありません!

利益率・回転率が高い

ナイキを転売の商材として取り扱った場合、利益率・回転率を重視した転売が可能です。

特に、スニーカーは利益率が高いので、積極的に狙っていきましょう。

 

めぐ
めぐ
人気モデルを把握していると、売れ筋商品も見えてきます!

 

ナイキのスニーカーの利益率ですが、80%を超えるものがほとんど。

特にコラボモデルであれば、定価の10倍以上の値段で取引されます。

 

 

このスニーカーは、”ナイキ×オフホワイト”コラボの際に販売されたものですが、販売価格は40万円を超えています。
※一時は70万円台で取引されていました

こちらのスニーカーの定価は、19,440円です。

 

上記の利益計算をすると、以下のとおりです。

 

【ナイキスニーカーAの利益率計算】

  • 販売価格40万円-仕入れ値19,440円-販売手数料4万円-送料600円
    →純利益:339,460円(利益率84%)

 

コラボモデルであれば、どれも同じような利益率になります。

それに、抽選販売で限られた人しか購入できないため、ほしい人の割合に対して、供給量が満たされていません。

 

その結果、市場ではプレ値でも購入する状況になります。

 

 

人気モデルであれば、平均相場から安いものから順に売れていきます。

出品したスニーカーが、思うように売れない場合は、少し価格を下げるとよいでしょう。

商品次第では爆益が期待できる

ナイキのスニーカーは、高確率で爆益が期待できます。

リーク情報を参考にしながら、プレ値になりそうなスニーカーであれば、仕入れていきましょう。

 

新カラーも利益になるのは事実ですが、1足あたり1~2万円程度の利益にしかなりません。
(ものによっては数千円で落ち着くことも……)

しかし、毎年販売されるビッグコラボのスニーカーは、1足あたり数万円~10万円以上の利益が確定するので、まさに爆益です!

 

 

2020年のナイキコラボで話題をさらっていったのが、Diorコラボの商品です。

ナイキは企業コラボ・タイアップをしてきましたが、ラグジュアリーブランドとコラボするのは初の試み。

 

リーク自体は、販売される以前からされていましたが、感染症の影響も含め、予定日よりも半年後に延ばされました。

 

 

抽選販売されたものですが、一時は1足あたり200万円を超えることもありました……笑

Air Jordan1・Air Force1の二つが販売されましたが、それぞれ即完売。

 

定価は1足25万円程度と高いですが、買値の10倍以上の値段で販売されるなら、十分元が取れます!

ただ、Diorの顧客には一般販売されたなどの声もありますし、案外定価で手に入れた人は多いのかもしれません……

リセールバリューが定価以下になることが少ない

最後に、リセールバリューに関してです。

ナイキから販売されるスニーカーですが、市場でプレ値が予測される商品に限っては、定価以下になることはまずありません。

 

特に、人気コラボのものは、定価割れを起こしていれば偽物と断定してよいでしょう。

大半の限定品は、ある程度供給が落ち着いてくると、値段が定価以下になります。

 

 

Switchがいい例であり、感染症の際は7万円台で売れていましたが、市場に供給されてからは3万円台に戻っています。

しかし、ナイキのスニーカーの場合は、完全数量限定販売であり、抽選でしか手に入れられない希少性から、需要よりも供給が上回ることはないです。

 

簡単に説明すると……

 

【通常のプレ値商品】

  1. 販売日当日は品薄になるためプレ値になる
  2. 徐々に商品が供給されて値段が落ち着く
  3. 最終的には定価or定価割れを起こす

【ナイキのスニーカーの場合】

  1. 販売日当日に価格がプレ値になる
    ※最高潮
  2. 商品供給が落ち着いても需要は冷めない
  3. 一定の相場をキープしながら取引される

 

通常の商品は、ある程度生産ロットが確保されれば、市場に商品が溢れるので価格が、緩やかに下がっていきます。

しかし、ナイキのスニーカーは復刻されることはあっても、同じスニーカーが二度と販売されることはありません。
(コラボモデルに限っては)

 

そのため、一定の需要をキープしつつ相場が動いていくため、定価割れを起こすことはほとんどないです。

ただ、販売日当日よりも価格が下がるのは事実。

 

 

こちらは、人気コラボのスニーカーです。

販売直後は7~8万円で取引がありましたが、現在は5万円台まで相場が下がっています。

 

定価は2万円なので利益は出ますが、直後に比べると利益率は定価します。

 

めぐ
めぐ
だからこそ、余計に仕入れ直後に転売したほうが、利益になるわけです!

補足:コラボモデルが100%プレ値になるわけではない

ナイキは、コラボモデルをメインに抽選参加していきます。

これは、プレ値になる確率が高く、利益率・回転率ともに高いからです。

 

しかし、勘違いしてほしくないのは、スニーカーによっては定価割れする可能性があることです。

販売当初は売れても、仕入れ時期をミスってしまうと、売れないので要注意です。

 

 

過去に販売されたナイキ×Supremeのスニーカーです。

人気コラボでもあり、仕入れた人も多いコラボ商品。

 

しかし、思いのほか利益にならず、爆死した人のほうが多い印象でした……

 

 

実際、ナイキとSupremeコラボの商品は、需要の波が激しいです。

市場でプレ値にならないものを仕入れても、損するだけなのでおすすめしません。

 

そのため、コラボモデルがリークされたときは、プレ値予測をしつつ、Twitterで評価を調べておくことをおすすめします。

逆にNIKE(ナイキ)を転売するデメリットはある?

ナイキは、仕入れ難易度は高いですが、仕入れられたら爆益が期待できる商品なので、しっかり仕入れていきたいジャンルです。

いくつかメリットを紹介しましたが、デメリットは正直ありません……

 

ただ、抽選に参加しないことには、そもそも仕入れられない点や、仕入れ難易度が高い点を考えると、デメリットになるかもしれません。

 

めぐ
めぐ
抽選以外で仕入れる手段はありませんし、コラボモデルになると当選倍率も低そうですね……

仮に、ナイキを転売の商材として取り扱いたいなら、リーク情報を参考に、抽選に参加することです。

また、一部のモデルはライバルが極端に多く、価格次第では商品が売れないケースもあります。

 

 

コラボも出るなら、値下げできるふり幅が広いのでよいですが、新カラーになってくると、そこまでプレ値になりません。

上記のように、定価割れはしなくても、数千円の利益しか出ないほど、商品が多く販売されるので注意しましょう。

 

スニーカー転売は、実践している人が多く、ライバルが多いジャンルですからね……

NIKE(ナイキ)で仕入れたい商品モデル一覧!

ナイキを仕入れて転売すれば、利益になる可能性が非常に高いです。

ただ、一切知識がない状態でスタートするのは厳しく、リサーチに手間がかかってしまうことも……

 

これを避けるためにも、ナイキのスニーカーのなかでも、特に仕入れたいモデルを紹介します!

ナイキを転売して稼ぎたい人は、これから紹介するモデルをしっかり把握して、リサーチするとよいでしょう。

 

具体的なモデルは、以下のとおりです。

 

ナイキで仕入れたいモデル

  • Air Jordan1
  • Air Force1
  • Air Max
  • DUNK HIGH
  • モアアップテンポ

 

これらのモデルは、ナイキのなかでも特にプレ値になるモデルです。

コラボや新カラーがリークされたときは、プレ値予測をして仕入れるとよいでしょう。

Air Jordan1

まず、ナイキ転売で最もプレ値になることが多いのが、Air Jordan1です。

もともとは、バスケットシューズとして開発されたものであり、マイケルジョーダンと提携を結んで作られました。

 

 

ナイキのオーソドックスなモデルなので、見たことがある人も多いと思います。

Air Jordan1は、コラボ商品・新カラーが販売されると、高確率でプレ値になるので仕入れていきましょう。

 

今では、バスケットシューズよりは、スケーター向けのファッション・ストリートファッションなどで取り扱われています。

履き心地やデザイン性が評価され、国内だけではなく、世界でも人気があるモデルです!

 

 

こちらは、マイケルジョーダンが実際に着用していた、Air Jordan1の”シカゴ”というモデルです。

数回復刻されて販売されていますが、毎回プレ値になります。

 

ナイキを象徴するモデルなので、スニーカー転売の商材として取り扱いたいなら、徹底的にリサーチしていきましょう。

Air Force1

Air Jordan1に比べると、ファッション性を重視したのがAir Force1です。

こちらも、ナイキの主力モデルであり、見かけたことがある人も多いと思います。

 

 

ハイカットであるAir Jordan1に対し、Air Force1はローカットになっています。

ファッションに合わせやすいことから、ストリート系以外のファッションにも人気があるモデルです!

 

こちらのモデルも、コラボや新カラーが出るたびに、プレ値になっているイメージ。

また、Air Jordan1とセットになって、同じタイミングで販売されることが多いです。

 

 

こちらのスニーカーは、海外でも人気のあるラッパーのトラヴィススコットとコラボした際の商品です。

Air Jordan1・Air Force1の二つのモデルが出ましたが、市場ではプレ値になっています。

 

Air Force1だけでも、8~10万円の相場で取引されていたので、いかに流通量が少なく、購入者が殺到したのかがわかります。

同じようなモデルがありますが、ローカットタイプに、側面からスウッシュがかかとにかけて入っているのが特徴的なスニーカーです。

 

Air Jordan1同様に、リークされたらリサーチの対象にしましょう。

Air Max

Air Jordan1やAir Force1は仕入れに欠かせませんが、Air Maxも忘れてはいけません。

今でこそ人気が落ち着きつつありますが、1990年代にスニーカーブームを作ったさきがけのモデルです。

 

 

ファッション性を重視した従来のスニーカーに比べると、Air Maxは機能性を重視しています。

エアバッグを搭載したシューズのなかでも、ミッドソール(インソールとアウトソールの間)空気を入れることで、足にかかる負担を軽減したスニーカーです。

 

そのため、陸上競技選手やバスケットボール選手から、人気を集めました。

今では、デザイン性も評価され、ファッションとして楽しむ人も多いです。

 

 

Air Maxのなかでも、95年・97年のモデルは、プレ値になります。

ただ、コラボモデルが少なく、新カラーで人気がありそうなものをピックアップして仕入れていきます。

 

上記は、オフホワイトコラボの商品ですが、市場では5~6万円で取引されています。

人気があるモデルに変わりはないので、SNKRSなどでリークされたら、市場調査をするとよいでしょう。

DUNK HIGH

こちらは、先ほど紹介したAir Jordan1と同様に、バスケットボール選手向けに販売されたモデルです。

DUNK HIGHや”ナイキダンク”と呼ばれることが多く、機能性とデザイン性に優れていることから、人気があります。

 

 

Air Jordan1に似ていますが、作りがそもそも異なります。

DUNK HIGHのほうが、若干スマートであり、スポーツ向けのスニーカーです。

 

 

定期的にDUNK HIGHは販売されていますが、プレ値になるのは基本的に新カラーです。

コラボはほとんどなく、奇抜なカラーリングが特徴なものは、値段が付くイメージ。

 

ただ、ナイキのなかでは定価割れしやすいモデルなので、仕入れ後すぐの転売をおすすめします。

モアアップテンポ

最後に紹介したいのが、モアアップテンポです。

通称モアテンと呼ばれているモデルですが、こちらはAir Maxをベースに作られたスニーカーです。

 

側面に、ナイキのスニーカーの象徴である”AIR”というロゴが記載されています。

 

 

バスケットボールシューズとして人気ですが、最近ではデザイン性がよいことや、ファッションにインパクトを与えることから、スニーカー好きにも人気があります。

ちなみに、モアテンは他のスニーカーに比べると、販売される頻度が少なく、新カラーやコラボ商品に関わらずプレ値になる印象です。

 

 

こちらは、Supremeコラボのスニーカーですが、市場では8~10万円程度で取引されています。

人気のあるカラーだと、5~6万円程度が相場です。

 

 

基本的には、プレ値になりますが、シンプルなものは復刻モデルは価格が下がります。

そのため、モアテンを仕入れる際は、奇抜な新カラーやコラボモデルを積極的に仕入れていきましょう。

NIKE(ナイキ)転売は利益予想が必須!過去にプレ値になったモデルは?

ナイキのスニーカーを転売する際は、プレ値予測が重要です。

しかし、スニーカーの知識がな人からすると、何から着手していいのかわからないと思います。

 

先ほどは、ナイキで売れる主力モデルを解説しましたが、次はコラボモデルを解説します!

過去にプレ値になったものは、以下のとおりです。

 

過去にプレ値になったモデル一覧

  • ナイキ×Supreme
  • ナイキ×オフホワイト
  • ナイキ×Peaceminusone
  • ナイキ×Travis scott

 

これらは、リークされるたびにプレ値になりやすいコラボモデルです。

ただ、100%プレ値になるとは限らないので、流通量や世間の評価を参考にしながら、仕入れるかどうか判断するとよいでしょう。

ナイキ×Supreme

まず紹介したいのが、ナイキ×Supremeコラボの商品です。

いずれも、ストリートファッション界をけん引するブランドであり、定期的にコラボしています。

 

ただ、コラボには波があり、プレ値になる商品とそうではない商品があるため、仕入れる際は注意しましょう。

それぞれ、プレ値になったものを一覧で紹介します!

 

【ナイキ×Supreme DUNK HIGH】

市場価格:50~60万円
定価:13,200円

 

【ナイキ×Supreme モアアップテンポ】

市場価格:8~10万円
定価:21,600円

 

【ナイキ×Supreme Air Jordan5】

市場価格:8~10万円
定価:21,600円

 

いずれも、スニーカーですが、プレ値になっています!

ただ、世間の需要に左右される部分があるので、コラボがリークされたときは、TwitterやInstagramで様子を見ましょう。

 

 

また、Supremeコラボの際は、ウェアも販売されます、

過去に販売されたブルゾンジャケットは、10万円以上で取引されています。

 

デザイン性がよいものは、総じてプレ値になるのでリサーチしていきましょう。

ナイキ×オフホワイト

ナイキコラボのなかでも、ファンが多いのがオフホワイトとのコラボです。

現在は、LVのデザイナーを務める、ヴァージルアブローが立ち上げたブランドであり、ラグジュアリーストリートとして人気があります。

 

過去に数回コラボしてきましたが、初回コラボのAir Jordan1・Air Force1コラボは、流通量が少なくプレ値になっています。

過去のコラボモデルを紹介すると、以下のとおりです。

 

【ナイキ×オフホワイト Air Jordan1”シカゴ”】

市場価格:50~60万円
定価:19,440円

 

【ナイキ×オフホワイト Air Jordan1”UNC”】

市場価格:30~40万円
定価:19,440万円

 

【ナイキ×オフホワイト VaporMax】

市場価格:10~15万円
定価:27,500万円

 

【ナイキ×オフホワイト Air Jordan5】

市場価格:6~8万円
定価: 24,750万円

 

このように、オフホワイトコラボのスニーカーは、総じて売れる印象です。

初回コラボほどのインパクトはありませんが、リサーチ対象にするとよいでしょう。

 

同じ商品が復刻する可能性はありませんが、Air Jordan1やAir Force1のコラボモデルが販売されたら、プレ値が予想されます!

 

めぐ
めぐ
オフホワコラボは、ナイキのなかでも人気なので要チェックです!

ナイキ×Peaceminusone

こちらは、2019年以降に初回コラボをしたモデルであり、韓国のアーティストのG-DRAGONが手掛けるブランドとのコラボ商品です!

Peaceminusoneは、商品が限定販売されることもあり、ブランド事態に希少性があります。

 

ナイキコラボの商品は、過去に3作販売されました。

 

【ナイキ×PMO Paranoise ノーマル】

市場価格:5~6万円
定価:24,200万円

 

【ナイキ×PMO Paranoise レッド】

市場価格:40万円台
定価:24,200万円

 

【ナイキ×PMO Paranoise ホワイト】

市場価格:6~8万円
定価:22,000万円

 

ノーマルとレッドは、初回コラボであり、一般流通したのはノーマルのみです。

レッドは、PMO公式サイトでゲリラ販売されたものであり、韓国に住所がある人しか購入できなかったモデルです。

 

数量限定モデルなので、市場では40万円台で取引されています。

新作のホワイトは、第二回コラボの商品で、以前のコラボに比べるとデザイン性が評価され、若干値段が高いです。

 

今後も、コラボが予測されるため、リークされたらプレ値予測をしていきましょう。

ナイキ×Travis scott

最後に紹介したいのが、ナイキとトラヴィスコラボのスニーカーです。

海外のアーティストコラボのなかでは、最もアツいスニーカーであり、情報がリークされたら抽選参加必須です!
(他のスニーカーも同様です!笑)

 

なかでも、トラヴィスコラボは、ナイキでも100%プレ値になっているため、積極的に仕入れていきましょう。

過去に販売されたもので、プレ値になったのは以下のモデルです。

 

【ナイキ×Travis scott Air Jordan1】

市場価格:10~15万円
定価:17,280円

 

【ナイキ×Travis scott Air Force1】

市場価格:8~10万円
定価:19,250円

 

【ナイキ×Travis scott DUNK LOW】

市場価格:12~15万円
定価:18,150万円

 

トラヴィスコラボの商品は、デザイン性が優れており、彼のファンではなくてもほしい人が多いジャンルです。

DUNK LOWのコラボは、チェック柄が非常におしゃれですし、需要が高いのが理解できます。

 

 

さらに、初回コラボのスニーカーは、ナイキを象徴するスウッシュが逆さになっています!

この奇抜なデザイン性こそ、今のスニーカーシーンで最もアツい理由です。

 

めぐ
めぐ
仕入れるのは難しいですが、抽選に積極的に参加しましょう!

NIKE(ナイキ)を転売して稼ぐコツを徹底解説!

ナイキで過去に利益になったモデルを紹介したので、最後まで読んでくれた人に、稼ぐコツを解説します!

転売の商材として最適なナイキですが、コツを把握しておくだけで、さらに稼ぎやすくなります。

 

少しでも、ナイキを転売して利益を出したいなら、しっかりコツを押さえておきましょう!

具体的なコツは、以下のとおりです。

 

ナイキ転売で稼ぐコツ

  • 過去の商品から仕入れるスニーカーを把握する
  • 適切なサイズを把握して仕入れる
  • 各種リーク情報を把握しておく

 

これらを実践すれば、初心者でも稼げるようになります。

スニーカーは、爆益が期待できる商品がほとんどですし、しっかり押さえておくことで、確実に稼げるようになりますよ♪

 

コンスタントに稼ぐためにも、しっかりコツを意識しておきましょう。

過去の商品から仕入れスニーカーを判断する

ナイキを転売する際に重要なことは、過去の情報です。

新品商品を仕入れて転売するので、価格の判断基準ができませんし、需要もわかりません。

 

しかし、同モデルで過去に販売されている商品があれば、利益予測も立てやすいです。

コラボモデルや人気モデルは、プレ値になるのは事実ですが、いくらになるかは商品次第。

 

数千円の利益しか出ないものや、数万円以上の利益が出るものもあります。

それを判別する意味でも、過去の商品から価格を予測していきましょう。

 

また、直近の販売状況を確かめたいなら、海外サイトの値段を参考にするとよいでしょう。

ナイキで販売される商品は、国内での取り扱いもありますが、海外での取り扱いもあります。

 

販売されるのが早いのは、海外です。

そのため、海外で売れている値段を参考に、利益予測をするのも方法の一つです。

 

 

なかでも、役に立つのがStockX。

こちらのサイトは、多くのスニーカーが販売されており、早い段階でスニーカーが転売されるサイトです。

 

海外→国内販売の流れなので、こちらのサイトを参考にしながら、日本でいくらの値段が付くか判断するとよいでしょう。

適切なサイズを把握して仕入れる

次に、ナイキを転売する際ですが、適切なサイズを把握しておきましょう。

ナイキのスニーカーは、それぞれ売れるサイズがあるので、そちらをメインに仕入れていくと、利益になります。

 

基本的には、男性用のスニーカーを仕入れますが、女性用のスニーカーを仕入れることもあります。

各種ベストなサイズは、以下のとおりです。

 

【男性のベストサイズ】

  • 25~26センチ:ゴールデンサイズ
  • 26~27センチ:やや売れるサイズ

【女性のベストサイズ】

  • 23~24センチ:ゴールデンサイズ
  • 22センチ・24センチ以上:やや売れるサイズ

 

男性の場合は、25~26センチのスニーカーがよく売れるイメージです。

それ以降のサイズは、少し大きくなるので、やや売れる印象です。

 

先着販売のケースでは、主要サイズから売れていきます。

人気があれば、どのサイズでも売れるので、あえてゴールデンサイズから外すのもありです◎

 

 

しかし、露骨に大きすぎるアメリカンサイズのスニーカーは、コラボモデルでも売れづらいです。

そもそも需要がないと購入する人はいませんし、コレクション性があるとしても、着用目的で購入する人が多いですからね……

 

めぐ
めぐ
いずれも、需要がるものではないと利益が出ないので、注意しましょう!

各種リーク情報を把握しておく

最後に、リーク情報に関してです。

ナイキで商品を仕入れたいと思っているなら、些細な情報でも仕入れるようにしましょう。

 

スニーカーを仕入れる基準になるのは、商品がリークされてから、話題になるかどうかです。

今回の記事で紹介したコラボモデルは、いずれも話題になりました。

 

 

リーク情報が常に公開されているアプリをインストールすれば、さまざまな情報を仕入れられます。

ときには、正式にリークされていないものも公開されるので、フェイクニュースには注意しましょう。

 

無駄に、プレ値予測をしても意味がありませんし、利益になる情報のみ仕入れていきます。

さらに、ナイキ全体のことを把握したいなら、SNKRSでローンチされる商品を見れば、直近のプレ値予測が可能です。

 

 

このように、直近で販売される商品のみが公開されています。

近年のナイキの販売傾向を見ると、先着販売が多い印象なので、購入する際は通知を受け取るようにしましょう。

 

 

販売前の商品ページに行き、”通知を受け取る”ボタンをクリックすれば、ナイキに登録しているアドレス宛に通知が届きます。
(会員登録が必須です)

このような、細かいテクニックやコツこそ、スニーカー転売で稼げる一歩になります♪

まとめ

今回、ナイキの商品を転売できるかどうかを紹介しました!

ナイキで販売されている商品のなかで、特にスニーカーは利益になる可能性が高いので、積極的に仕入れていきましょう。

 

仕入れるのは新品のみであり、中古は対象にしません。

中古スニーカーは検品が面倒ですし、表対効果が合わず、そもそも売れない可能性が高いからです。

 

ただ、新品のスニーカーに関しては、限定品や新カラーであれば定価以上で売れます。

 

 

定価2万円の商品が、40万円以上で売れるので、仕入れないと損ですよ!

仕入れるには、ナイキの公式サイト・アプリや、販売委託店・代理店での抽選に参加する必要があります。

 

狭き門であり、限定品になればなるほど倍率が高くなります。

少しでも、利益を出すためにも、参加できる抽選にはすべて応募し、ピンポイントで狙っていくことが重要です!

 

めぐ
めぐ
ナイキのスニーカーは、利益率・回転率ともに高いので、転売で稼いだことがない初心者には最適ですよ◎
最新情報をチェックしよう!