Amazonの新規出品で上位表示させる方法を徹底解説!

Amazonで新規出品をする際ですが、なかなか自分の商品が上位に行かないことがあると思います。

当然、上位に行かないとアクセスをとることができませんし、購入されることもありません。

 

「Amazonで自分の商品を上位に表示させる方法を教えてほしい!」

「アクセス数を増やすにはどうしたらいい?」

「ライバルと差をつける転売方法を知りたい!」

 

今回は、Amazonで新規出品をする際に、取り扱っている商材を上位表示させる方法を解説していきます!

しっかり対策をして、商品の売れ行きを伸ばしていきましょう◎

 

めぐ
めぐ
新規出品では、上位表示されないとまったく売れなくなるので要注意です!

 

よくわかる解説

  • 上位表示させれば売り上げが拡大する
  • OEMには上位表示必須

 

Amazonで売り上げを拡大するポイントを紹介します!:序章

Amazonで新規出品をする際ですが、上位表示させないことには売上を拡大できません。

売り上げを拡大させるポイントはただ一つ。

 

1ページ目に表示させるように対策すること

 

これに限ります!

 

指定キーワード検索して、上位に表示されれば購入される確率が上がります◎

Amazonで以下のように検索すると、このように商品が表示されます。

 

 

 

 

このなかでも、上位3位以内に表示されれば、購入率はアップしますよ!

膨大な商品量があると思いますが、競合が多いような商材だと、売れないまま在庫になってしまうことも少なくありません……

 

少しでも利益を出すためにも、検索上位に表示させることだけを考えましょう。

”上位表示させる方法がわからない!”と思う人がいると思うので、それぞれ紹介します!

 

【狙うべき商品】

  • ビッグワードで狙う(例:サプリメント等)
  • 検索ボリュームが多いニッチなワードで狙う(例:青汁 サプリ、健康サプリ等)
  • 二語検索で狙う(例:サプリ おすすめ等)

 

 

いずれも、上位表示されることで売れ行きが良くなりますが、一番はビックワードで上位をとることです。

簡単にとることができませんが、SEO対策をすれば上位に表示される可能性は十分にあります。

AmazonでSEO上位を狙うなら検索エンジンについて理解する

Amazonで、新規出品の売れ行きをよくするためには、検索エンジンについて理解する必要があります。

上位表示されるメカニズムは、検索エンジンに左右されますからね!

 

GoogleやYahooで検索する際ですが、それぞれ検索ワードを入力すると思います。

こちらの記事も、「Amazon SEO対策」「Amazon 上位表示」などで検索してたどり着いたことでしょう。

 

検索するワードによって、関連性の高いものは上位表示されるようになります。

Amazonも同様であり、関連性の高いタイトルや説明文が検索ワードに含まれていると、上位表示されやすくなります。

 

Amazonには、A10と呼ばれる検索エンジンが存在します。

こちらの目的は、ユーザビリティをよくする目的で開発されました。

 

特定のワードを検索した際に、求める商品が表示されるためのエンジンといってもよいでしょう。

要は、関連性の高いワードが含まれていれば、上位表示される仕組みになっているのです。

 

めぐ
めぐ
上位表示される基準等は公開されていないので、自分なりに対策することが十重要です!

 

この記事では、A10が何基準で上位に表示させているのかを解説していくので、しっかり学んで押さえておきましょう。

AmazonSEO対策で意識したい4つのポイント

Amazonは、世界的な通販サイトであり、利用している人も多いです。

出品者というよりは、購入者が快適に利用できるようにさまざまなサービスを提供しているのですが、A10の導入もその例の一つです。

 

ユーザーが検索した際に、求める商品が表示されないと、離脱してしまいますからね……

一般的に、A10が参考にしている情報は、以下のとおり。

 

【A10が参考にしている情報】

  • 検索ワード
  • 検索結果の順位推移
  • 商品ページに滞在した時間
  • ほしいものリスト・カートの追加率

 

例えば、OEMでまつげ美容液を開発して、新規出品したとします。

何かしらのワードで検索して、あなたの商品ページにユーザーが入り、それなりの滞在時間の下で、カートの追加・購入につながった場合は、キーワードの評価が上がります。

 

そこで順位が変動していくような仕組みなので、関連性が高いワードを設定することが重要です。

また、A10は以下の情報も重視しています。

 

A10が共有している情報

  • 直近の注文件数の把握
  • ユニットセッション率・セッション数の把握
  • 商品ページの商品の関連性
  • お客様からの高評価レビュー

 

それぞれが基準になっているので、SEO対策をする際は意識したいところです!

直近の注文件数の把握

Amazonの検索エンジンでは、直近でどれくらいの注文がおこなわれたかを把握して、順位付けをおこなっています。

1週間以内のデータをもとにしているといわれており、そちらに準拠しているので、直近の注文件数をしっかり把握しておきましょう!

 

ちなみに、こちら購入された数ではなく、注文件数になるので要注意です!

現段階で注文されている個数が多いものを上位表示させることで、少しでもAmazon転売をする人にチャンスを与えています◎

 

商品が売れれば、その分検索上位に行くようになりますし、商品自体の露出も増えて継続的に売れるようになりますよ!

つまり、一つ売れる商品を作ってしまえば、そこからは芋づる式で上位表示する可能性があるということです!

 

これはいいことですね!安定した販売ができそうです!

めぐ
めぐ
これはいいことですね!安定した販売ができそうです!

 

Amazonに新規登録をした際に、以下の手法を使って商品を売れるようにする人も少なくありません。

 

具体的な販売手順

  1. 販売価格を相場よりも10%下げて大量出品
  2. 検索上位されランキングがアップする
  3. 売れ筋が良くなってきたところで値上げする

 

新規出品の場合は、カートを獲得するのが難しいので、まずは商品を認知してもらわなければなりません。

基本的なノウハウであり、この方法は誰もがおこなっています!
※一時的に赤字になりますが……

 

しかし、過剰な割引販売をしてしまうと、Amazonでペナルティを食らってしまう可能性があるので注意しましょう!

状況次第では、順位が下がってしまうこともあるので要注意です!

 

セール価格として下げても、ペナルティを食らえばも意味がありません。

ユニットセッション率・セッション数の把握

Amazonで上位表示されたい場合は、ユニットセッション率を意識しなければなりません。

こちらは、検索エンジンで重要視されている項目です。

 

ユニットセッション率とは、商品ページの表示回数と商品を購入した割合になります。

成約率・CV率として認識されているものが、Amazonではユニットセッション率になっています。

 

100回表示されて1件の成約が入った場合は、1%のユニットセッション率になります。

この割合が高ければ高いほど、人気のある商品ということです。

 

ユニットセッション率が低いと、商品が売れていないということなので、しっかり把握しておく必要があります。

こちらの原因を解明していると、以下のようなことがわかってきます。

 

ユニットセッション率でわかること

  • 商品ページの問題点
  • 商品そのものの問題点
  • 商品の改良点

 

これらに注目しておくことで、検索上位に行くような対策ができますし、商品自体の質も上がります。

ユニットセッション率が高い場合は、それだけ売れている証拠ですが、それでも売れ続けるためには、商品は常に改良したほうがよいです。
※OEMの場合は特に

 

ユニットセッション率を確認する方法は、以下のとおりです。

 

【ユニットセッション率を核にする方法】

  1. セラーセントラルにログインする
  2. レポート>ビジネスレポートの順番で開く
  3. 詳細売り上げ・トラフィックをクリック
  4. ユニットセッション率を確認する

 

セラーセントラルにログインするだけで簡単に確認できるので、各商品を見て売り上げを判断しましょう。

ユニットセッション率も重要ですが、商品ページのアクセス率も重要視したいところ。
※セッション率

 

例えば、ユニットセッション率が20%だとします。

100回閲覧されて20個商品を購入される計算ですが、セッション数が10件しかなく制約が2件しか入っていない場合も同様です。

 

わずか10回しか表示されていないことは問題であり、人気がない商品の特徴です。

人気がないと判断されたら、上位表示されることも少なくなります。

 

アクセスを増やすためにも、しっかり対策をおこないましょう!

商品ページの商品の関連性

自分の商品を上位表示させたいと思っているなら、商品ページと商品の関連性をしっかり持たせましょう。

これは、消費者があなたの商品ページに入ったときに、商品を購入するかどうかの重要なポイントになります。

 

関連性がない商品ページを作ってしまうと、商品が購入されないこともあるので、注意しましょう。

検索上位に行くためには、基本的には消費者が判断することであり、商品が購入されなければ意味がありません。

 

しかし、商品ページ内でSEO対策をするなどして、上位表示させることもできるのです。

そのため、以下のことを意識しながら、商品ページを作り上げていきましょう!

 

商品タイトルの設定方法

  • 需要があるキーワードをタイトルに自然に含んでいる
  • キーワードが検索対象になっている
  • 550バイト以下で重要なキーワードが入っている

 

 

商品タイトルは、AmazonSEOで大きく影響する部分なので、しっかり意識しましょう。

手を抜いてしまうと、表示されなくなってしまうため要注意です!

 

仮に、あなたが以下の商品をOEMで販売する場合。

 

 

「まつ毛美容液」だけを入力しても、上位表示されることはありません。

関連性が高いワードが入力されていないので、他の商品に負けてしまいます。

 

 

その他の商品を見ると、このようなキーワードが設定されています。

まつ毛美容液ということがわかりますし、サジェストで検索することが多く設定されていることがよくわかりますね◎

 

検索上位に行くようなワードを入力することで、ユーザーにとっても親切な商品ページを作り上げることができます。

お客様からの高評価レビュー

最後に、お客様のレビューです。

Amazonで出品している商品が上位に行くためには、商品全体の評価を高める必要があります。

 

多くのユーザーから購入されていることも重要ですし、セッション率やユニークセッション率を意識した転売をしなければなりません。

本来、レビューはAmazonの検索には関係ないといわれていましたが、最近ではアカウント評価に影響することから、上位表示に関係あるとされています。

 

レビューの評価数・星の平均数などが影響しています。

ちなみに、評価が高いレビューがある商品には、他の商品に比べると信用性が高いことから、CV率が高くなるのです。

 

めぐ
めぐ
レビュー自体は関係ありませんが、アクセスが増えることから上位表示に影響するわけですね!

 

さらに、Amazonのレビューは、運営がすべて管理しています。

お客様第一のAmazonだからこそ、優良な商品は上位表示させる努力をするのです。

 

レビュー数が多ければ多いほど、あなたの商品の評価が高まり、検索順位が上がる可能性が高くなります。

ただ、直接SEOに影響するわけではなく、因果関係があるだけです。

 

商品レビューが高い=検索上位に行くわけではなく、レビュー数が多いとその分ユニットセッション率が上がるので、その関係から上位表示されるだけです◎

Amazonで商品を上位表示させる対策を紹介します!

Amazonで新規出品した場合は、商品を上位表示させるように努力しなければなりません。

僕自身は、基本的に中古せどりしかしないので、新規出品することはほとんどありませんが、OEMを取り扱っている人は必見ですよ◎

 

Amazonで商品を上位表示させたいと思っているなら、以下のことを意識しましょう!

 

Amazonで上位表示させるために意識すること

  • 販売商品の検索ワードを予測する
  • 商品ページを徹底的に作り上げる

 

これだけで、上位表示されるようになります!

最も意識したいのは、商品ページを作り上げること。

 

お客様が、あなたの商品ページに入ったときに、購買意欲がわくようなページを作り上げなければなりません。

もちろん、テキトーに作っているようなものは、購入の対象にならないので注意しましょう。

 

めぐ
めぐ
同時に、商品の検索ワードを予想して反映することも重要ですよ!

販売商品の検索ワードを予測する

Amazonで商品が上位表示されるには、出品者どうこうではなく、消費者に大きく関係しています。

Amazonでは、消費者の行動を逐一記録しており、商品を購入するまでにどういうワードを検索して、どういう商品を購入したのかがすべて残っています。

 

その商品を購入する際ですが、高確率でキーワード検索をしているのです。

カテゴリー指定もありますが、商品を購入する際にいきなりカテゴリー検索をする人はいません…。

 

 

何かしらのワードを、検索窓に入れて検索するのですが、このワードがAmazonSEOでは重要になってきます。

商品ページに至るまでに、どういうワードで検索して入ったのかということが、大きく関係するのです。

 

めぐ
めぐ
つまり、検索ワードを対策すれば上位表示の可能性があるということですね!

 

購入につながるような検索ワードを把握して、購入されるようにすることが重要です◎

例えば、あなたがサプリを探しているときは以下のワードで検索すると思います。

 

【具体的な検索例】

  • サプリメント
  • 健康サプリ
  • ダイエットサプリ

 

しかし、これだけでは情報量が少なく、目的のカメラが見つからないことがあるので、情報を絞っていきます。

サジェストワードを入力して絞っていきますが、AmazonSEOではこちらが重要になりますよ。

 

【サジェストでの検索例】

  • 「カメラ ニコン」
  • 「カメラ 入学式」
  • 「カメラ 初心者用」

 

このように、商品の用途やモデルなどをサジェストワードに入れることで、SEOで上位を狙いやすくなります。

キーワードをしっかり意識することで、購入につながるのは事実ですし、意識しておきましょう。

商品ページを徹底的に作り上げる

Amazonでは、商品ページがかなり重要です。

こちらの対策をすることで、ランキング上位に行くような商品を作ることができますし、しっかり意識したいところです。

 

A10が最も重要視しているポイントなので、押さえておきましょう。

ただ、”どこを対策すればいいのかわからない!”人もいると思うので、以下のことを意識するとよいです◎

 

対策で意識するべきポイント

  • 商品タイトル
  • 商品キーワード
  • 商品の仕様
  • 商品紹介文
  • スポンサープロダクト広告を使う

 

それぞれポイントを押さえておかないと、上位表示させることは難しいので注意しましょう。

せっかく新規出品したものが、購入されないと赤字になってしまいますからね……

 

上記の項目ですが、上から順番に重要度を表しています。

検索ワードを意識したタイトル付けをおこなうことで、購入につながりやすくなりますよ◎

商品タイトル

Amazonで最も重視されるのは、商品タイトルです。

検索上位に行くためには、検索ワードに関連したものを設定しなければなりません。

 

 

このように、Amazonの商品ページを開くとタイトルが入力されています。

こちらを意識して設定することで、上位表示されやすくなるというわけです。

 

また、AmazonのSEOにも影響しますが、Googleやヤフーを使った際も同様に影響が出るので、仕組みをしっかり把握しておきましょう。

SEOを意識したタイトルですが、関連性のあるワード(検索されるワード)を左側に入力していきます。

 

まつ毛美容液のOEMの場合は、「まつ毛美容液 化粧品 コスメ」といったワードを最初に入力していきましょう。

そこから、関連性のあるワードをタイトルに含めていきますが、やみくもに詰め込んでもユーザーからの信頼性を失ってしまうことになります。

 

関連性のないワードが入力されていることも多く、ユーザーにとって不親切です。

そのため、商品タイトルを設定する際は、見やすく情報量が多いものを意識しましょう。

 

ちなみに、頻繁に商品タイトルだけを変えてしまうと、タイトルを変更できなくなるので要注意です!

商品キーワード

セラーセントラルでは、商品情報を編集する際に、検索キーワードを入力できます。

こちらは、Amazonでできる内部SEO対策であり、消費者から検索されることが多いワードを入力しておくと、上位表示されやすくなります。

 

商品名に入力しているワードはもちろんですが、その他検索されるワードを入力することが重要です。

500バイトが上限であり、その範囲内で入力していきます。

 

しかし、関連性のあるワードを上限いっぱいまで入力してしまうと、アカウントがスパム扱い受けてしまいます。

その他にも、関連性が低いものは表示回数だけ増えて、セッション率が低い商品ができてしまいます。

 

例えば、あなたがOEMで洗顔用の美容液を開発して販売したとして、以下のワードを検索ワードに入力した場合。

 

【関連性の低いワード】

  • まつ毛美容液
  • シャンプー
  • 化粧水
  • アイライナー

 

同じコスメという意味では、一括りにすることができますが、美容液を購入しようと思っているユーザーの検索意図と大きく異なります。

化粧水なら話は別ですが、「アイライナー」というワードで検索している人は、ライナーを検索しているので、美容液を購入することはほとんどありません。

 

関連性が低いワードを入力しても、上位表示されることはありませんし、されても購入につながることはないでしょう。

さらに、関連性の低い商品が上位表示されてしまうと、商品そのものの評価が下がり、従来上位がとれていたワードの順位も下がります。

 

めぐ
めぐ
デメリットしかないので、やみくもに入力するのは控えたほうがよさそうですね……

商品の仕様

Amazonでは、商品タイトル以外に設定する項目があります。

それは、商品仕様です。

 

 

このように、赤枠で囲んでいる部分が該当しますが、商品の補足説明のようなものです。

どういう商品なのかを、備考で示すような項目であり、以下のような効果があります。

 

【商品説明文の効果】

  • 商品の詳細がわかる
  • 何が優れているか判断できる
  • メリットが良くわかる

 

 

そのため、ここは消費者目線で見たときに、”どのような情報があれば便利か”ということを記載しておくと親切ですよ!

セールスポイントを入力しておくことで、購入につながりやすくなります。

 

ただ、この補足説明を書く際に意識したいのが、関連性の高いものを自然に入力することです。

全部で5行まで使うことができますが、以下のポイントを記載するとよいです!

 

  • 商品の詳細
  • 使うことで得られるメリット
  • 商品の特徴
  • 購入することで得られる特典
  • 使えるシーン

 

意識したいのは、こちらの補足説明をして購入に至るような例文を書くことです。

助長表現は避けて、簡略化することが重要ですよ◎

商品紹介文

Amazonでは、商品説明文を入力できる項目があります。

こちらを設定することで、どういう商品なのかを説明できるので、新規出品の場合は必ず設定しておきましょう。

 

 

補足説明を入力して、キーワードなどの対策をおこなった後にすると、効力を発揮します。

補足説明とは異なり、文章形式で入力していくことになるので、SEOを意識した文章作りを心がけましょう。

 

含めたい内容は、以下のとおり。

 

【補足説明で含めたい内容】

  • 商品の説明
  • 検索キーワード
  • 使用できるシーン・向いている人

 

300文字程度で入力しますが、検索ワードを自然に入れることが重要です。

消費者が検索して、説明文を見たときに、違和感なく読めるような文章がおすすめです!

スポンサープロダクト広告を使う

自分の商品を上位表示させたいと思っているなら、スポンサープロダクト広告を使うのも方法の一つです。

スポンサープロダクト広告とは、Amazonで利用できる広告のことであり、新規以外にも中古商品などにも使えます。

 

しかし、効力を最も発揮するのは、オリジナル商品を出品したときです。

 

 

Amazonで特定のワードを検索すると、上位にスポンサー広告が表示されます。

こちらの広告は、一見広告とわかりませんが、赤線で”スポンサー”と書いているのがわかると思います!

 

目立たない形で出稿できることから、スポンサープロダクト広告は人気があります!

スポンサープロダクト広告は、特定のワードを入力して予算を設定して出稿すれば完了します。
※大口出品登録が必要

 

広告費用はかかりますが、お金を支払ってしまえば、上位表示されるのでおすすめですよ!

タイトルや説明文でSEO対策をする必要はありませんし、上位を狙えそうなキーワードを選ぶだけで購入数を増やすことができます◎

まとめ

Amazonで新規出品した商品を上位表示させるためには、それぞれ対策する必要があります。

特に難しいことはなく、アカウントの評価を高めてから、検索ワードを推定してタイトルや商品説明文に含めるとよいでしょう。

 

 

なかには、このようにキーワードを乱用しているような商品もありますが、対策としては効果的ですが、ユーザビリティがありません……

ただ対策すればいいというわけではなく、購入することも考えて、購入者目線で出品することが重要です◎

 

安定して稼ぐためにも、検索上位に表示させることは重要なので、今回紹介したポイントと対策をしっかり把握しましょう!

 

それぞれ実践すれば、稼げなかった時代も終わりますよ!

めぐ
めぐ
それぞれ実践すれば、稼げなかった時代も終わりますよ!