ブランド転売(せどり)で偽物を仕入れないため注意点を解説!

前回の記事では、ブランド品せどりのメリット・デメリットについて解説したのですが、利益額が高い商材でありながらリスクが高いことがわかりました。

偽物が多いという点もそうですが、ブランド品を仕入れる時は注意しなければならないことがいくつか存在するので注意しましょう。

 

「ブランド品せどりの注意点を知りたい!」

「偽物以外に注意することはある?」

「ブランド品せどりを安全に仕入れるには?」

 

今回は、このような悩みを解消するために、ブランド品せどりの注意点を解説していきたいと思います!

偽物以外にも、注意したいポイントが3つ存在するので、それぞれ意識してから仕入れるようにしましょう!

 

めぐ
利益額が高い分、仕入れる商材というのは厳選したほうがいいよ!紹介する注意点は、無理なく仕入れをするためのきっかけだからね!
よくわかる解説
  • Amazonで新品ブランド品を仕入れるのは危険
  • ヤフオクでは個人ではなくストアから仕入れる
  • フリマアプリでは仕入れない

ブランド品せどりで気を付けたい3つの注意点

ブランド品せどりは、利益額が高い商材を取り扱うので、一定の自己資金が必要です。

利回り・回転率が良いということもあって、商材としては最適ですが、注意点次第では”ブランド品を仕入れるのはちょっと…”と思う人もいると思います。

 

ただ、注意点を事前に把握していれば、効率よく商品を仕入れることができるので、しっかり意識しましょう。

 

ブランド品せどりの注意点

  • Amazonからは仕入れないようにする
  • ヤフオクの新品ブランド品は価格をチェックする
  • フリマアプリは偽物が多い

 

この3つを意識すれば、無理することなく商品を仕入れることができます。

偽物を仕入れて、損失を出さないためにもしっかり意識したいポイントです!

Amazonから仕入れないようにする

Amazonは、ブランド品が販売されていることがあり、複数のラグジュアリーブランドを目にします。

Amazonでブランド品を取り扱う場合ですが、所定の審査・申請が必要になるので、販売しているのは認可されたアカウントです。

 

しかし、本来ブランド品というのは、新品商品に限り正規代理店しか販売してはいけないというルールがあります。
(例:EXCEL、大黒屋、高山買取等)

Amazonでは、中古ブランド品が販売できないことから、販売されているのはすべて新品です。

 

 

この様に、並行輸入品として販売されているのですが、商品によっては違法性があるものも存在します。

真ん中のリングの出品者を確認すると、Amazon公式ともう一つ業者が表示されました。

 

 

会社情報が記載されていたのですが、ブランド品を取り扱うような正規代理店ではありませんでした。

インターネットサイトを作っているような会社であり、ブランド品とは無関係です。

 

 

さらに、商品の中には、商標権を無視したような模造品も販売されています。

GUCCIを模した帽子ですが、仕入れたところで利益になりませんし、GUCCIと偽って販売すると逮捕される可能性もあります。

 

商標権の侵害で、販売が停止する可能性がありますし、リスクがかなり高い商品といえるでしょう。

Amazonで販売されている商品で、正規代理店が販売している以外の新品ブランド品は、出所がわからない偽物の可能性もあります。

 

めぐ
原則Amazonから仕入れるのはやめたほうがいいし、仕入れるとしても店舗情報がはっきりしているところから仕入れよう!

補足:Amazonはそもそもブランド品せどりに向いていない

Amazonでは、複数のラグジュアリーブランドが新品で販売されており、安く仕入れることができる可能性はあります。

しかし、仕入れたところで、ネットとの価格差はないに等しいものなので、仕入先として使うのは厳しいです。

 

「中古を仕入れればいい」という人もいますが、Amazonは中古のブランド品を販売することはできません。

つまり、二次流通ができないので、どうしても新品を仕入れなければならないのです。

 

  • 偽物でも検品ができない
  • 届いてから偽物だと気づく
  • 巧妙な偽物が送られてくる

 

近年では、偽物のクオリティも上がってきているので、知らずに仕入れるという人も少なくありません。

そのため、少しでも安心して仕入れるためにも、ブランド品せどりをするときはAmazonを使わないようにしましょう!

 

めぐ
ドラッグストアせどりや、イオンせどりをするときは新品仕入れをすることが多いから、販路として使うのはありだね!規制もないし、いいプラットフォームになるよ!

ヤフオクの新品ブランド品は価格をチェックする

ヤフオクには様々な商品が出品されており、新品未使用のブランド品も多いです。

その中でも、格安で出品されているような、新品のラグジュアリーブランドは、高確率で偽物です!

 

特に、個人から出品されていて、評価が少ないアカウントの場合はほぼ100%偽物といっても良いでしょう。

最近では、規制が強化されたという背景もあり、偽ブランド品を出品しているアカウントが次々停止されていますが、それでも出品している人はいます。

 

 

こちらは、LVとSupremeがコラボした商品ですが、色味がくすんでいることもあって偽物の可能性が高いです。

写真だけでは判断できませんが、評価欄を見る限り複数のコラボ商品を仕入れていたので、怪しいです。

 

値段設定が、正規品のプレ値なので本物と勘違いしてしまいますが、個人出品のものは怪しいので購入しないほうが良いです。

仮に仕入れる時は、評価を確認して同じ商品・レアものばかり出品していないかを確認してから、仕入れるようにしましょう。

 

めぐ
希少性が高い商品を頻繁に仕入れることは難しいから、その時点で偽物確定だね!

補足:ヤフオクで偽物のブランド品を仕入れないようにする方法

ヤフオクは、ブランド品せどりで最も使う店舗であり、かなり使い勝手が良いのでメインで使うことも多いです。

しかし、偽物も多く存在するので、しっかり見極めて仕入れないようにしなければなりません。

 

偽物を仕入れないようにする方法は、”ストアから仕入れる”ということです。

ただ、ストアの中でも特に安心できる場所から仕入れないと、偽物をつかまされることも少なくありません。

 

具体的に仕入れたいストアの条件

  • 古物商許可を受けている
  • 模造品排除の加盟店に所属している※AACD加盟店

 

これらの二つのいずれかに該当しているものであれば、安心して仕入れられます。

古物商許可に関しては、中古品を継続的に転売する際に必要ですが、許可を受けているところは偽物を販売してはいけないという決まりがあります。

 

めぐ
そういう出品者は、お店で鑑定していることが多く、正規品だとわかって販売しているから安心なんだ!
例えば、下記のGUCCIの財布ですが、ストア出品されています。
こちらの商品は、”クロスヤード”という質屋から出品されているようですが、出品者情報が公開されていました。
京都にある株式会社であり、電話番号・住所等が記載されており、しっかりしている会社ということがわかります(^^)/
この様な店舗から、積極的に仕入れれば偽物に出会うことはありません。
ただし、新品商品は利益になりにくいので、中古で美品のブランド品を仕入れると良いでしょう。
前回の記事でも解説しましたが、まとめ売り商品は特に利益になりやすいです。
メルカリでは、特に需要がある商品であり、主要ブランドなら即売れする可能性も高いので非常にオススメですよ(^^♪
上記のまとめ売り商品は、新品未使用品ですが、中にはジャンク品等を出品しているお店もあります。
ジャンク品は、格安で仕入れることができるというメリットがありますが、出品時にリペアする必要があるので、注意したいところ。
こちらは、美品のブランド品がまとめ売りされています。
様々なブランドを含め、88点が出品されているので、10万円で落札できたとしても1商品当たり1,100円以上で売れば元が取れる商材です。
めぐ
商品の状態次第だけど、メルカリに横流しすれば売れることも多いよ!安いブランド品でも”使えればいい”という人が多いからね!
メルカリの2018年の情報では、最も売られているブランドにLVとシャネルがランクインしていました!
さらに、購入されているブランドにはシャネルが6位にランクイン。
ヤフオクでは1,000円程度で仕入れることができるので、積極的に仕入れたいところです!

フリマアプリは偽物が多い

最後に、ブランド品せどりの仕入れ先に関してですが、フリマアプリで仕入れるのはやめましょう。

仕入れるのはあくまでもヤフオクであり、フリマアプリでは個人出品者が多いので、偽ブランド品で溢れています。

 

メルカリに関しては、偽ブランド品のトラブルが頻発しており、出品した時点で削除されることも多いのですが、ラクマは無法地帯です。

むしろ、正規のブランド品が見当たらないほど、偽物で溢れています…笑

 

 

こちらは、先ほども紹介したLV×Supremeコラボの商品ですが、いずれも偽物です。

左側のパーカーは、プレ値が付いており正規で買おうとすると、60万円程度します。

 

右のスリッパはそもそも販売されていない、オリジナル商品です。

おそらく、韓国や中国などから仕入れたものであり、完全に商標権を無視した商品ということがわかります。

 

めぐ
メルカリは規制強化されているとはいえ、偽物がいまだに売られているよ!正規品と言い張っている出品者は、要注意だね!
特に、”新品未使用”で販売されている格安のブランド品に関しては、大半が偽物です。
安いからといってメルカリ・ラクマ等で、偽ブランド品を仕入れた際は、評価をする前に鑑定に出しましょう。
鑑定結果で偽物だった場合、相手に伝えると返品に応じるか・応じないかで対応が変わります。
応じればそのまま返品して、所定の口座に振り込んでもらいましょう。
応じない場合は、運営に通報して偽ブランド品を購入した経緯と、下記の情報を提示して取り合ってもらいましょう!
  • 査定した店舗名
  • 住所
  • 電話番号
  • 査定してくれた担当者

 

これだけの情報があれば、商品が偽物であることを確認できるので、自動的に運営側から返金されます。

この場合、商品だけが手元に残るので、偽物を持っていても仕方がないですし、処分しましょう(^^)/

ブランド品せどりは商品を見分けることが重要:まとめ

ブランド品せどりの注意点を解説したのですが、一番意識したいのは偽物をつかまないことです。

ヤフオクでもメルカリでも、偽物が出品されていることは普通にありますし、実際に仕入れてしまったという人も多いでしょう。

 

正しく商品を仕入れるためにも、出品者を確認してからにしましょう!

改めて、偽物を掴まないためにできる対処法を説明すると、下記が挙げられます。

 

偽物を掴まないための対処法

  • ストアか個人か確認する
  • 評価で同じ商品を売っていないか確認する
  • 低評価が多いかどうか確認する

 

個人出品で、大量にブランド品を販売している場合は、偽物の可能性が高いです。
※特に新品の場合は

少しでも、効率よく商品を仕入れるためにも、本物かどうか確かめておきましょう!

 

めぐ
ブランド品せどりは、偽物をつかむと厄介だからね!ジャンルを絞ってしっかり仕入れるようにしよう!
関連記事

  前回は、ブランド品せどりをする際の注意点を解説したのですが、偽物を仕入れないことが一番の稼ぎ方ということがわかりました。 しかし、ブランド品せどりの具体的な稼ぎ方というのは、まだレクチャーしていませんでした[…]

最新情報をチェックしよう!