ドラッグストアせどりのメリット・デメリットは?わかりやすく解説します!

「ドラッグストアせどりのメリット・デメリットを知りたい!」

「ドラッグストアせどりは稼げるの?」

 

前回の記事では、ドラッグストアせどりで仕入れるべきではない商品と、効果的な仕入れ先について解説しました。

今回は、ドラッグストアの本質である、メリット・デメリットについて解説していきたいと思います!

 

めぐ
ドラッグストアせどりをしたいと思っている人は、要チェックだね!メリット・デメリット次第でせどりをしたいかどうか判断するといいよ!

ドラッグストアせどりのメリットで考えられる3つのメリットとは?

ドラッグストアせどりですが、薬以外にも日用品等が販売されているので、安く仕入れることができれば利益になります。

ローカル・大型チェーンに関わらず、複数の場所でセールを頻繁に開催するので、安く仕入れることが可能です。

 

ちなみに、ドラッグストアでせどりを行えば、下記のメリットが挙げられます。

 

ドラッグストアせどりのメリット

  • 大量に仕入れることができ縦積みができる
  • 頻繁に売れるため固定客が付きやすい
  • 送料を安く抑えられる

 

ドラッグストアは、商品を大量に仕入れているので、安く販売することができます。

そのため、購入制限がない場合は、商品を大量に仕入れて在庫を確保することが可能です。

 

また、日用品を売るのがメインになってくるので、固定客がつきやすいというメリットも挙げられます。

販路は、”Amazon・メルカリ・ヤフオク”になりますが、いずれもユーザー層が異なるので、販売する商品を選んでからプラットフォームを選ぶと良いでしょう。

大量に仕入れることができ縦積みができる

まず、ドラッグストアでは商品を大量に仕入れることができます。

中には、購入制限がある商品も存在しますが、ない場合は一度に大量に仕入れて商品をさばくことが可能です。

 

縦積みとは、同じ商品を一度に仕入れて在庫を確保することを言います。

しかし、購入制限がある商品でも、複数の店舗で同じセールを行っている場合は、はしごして仕入れることもできるので要チェックです!

 

 

こちらは、マツキヨのWEBチラシの商品です。

日用品で言うと、”衣料品洗剤・食器用洗剤・柔軟剤”等が安くなっていることがわかります。

 

 

こちらの食器用洗剤ですが、同タイプのものを300円程度で仕入れることができます。

ローカルのドラッグストアでは、もう少し安く仕入れることができ、250円程度で販売しているのを見ました。

 

二つ仕入れたとしても500円で仕入れることが可能です。

メルカリに同様の値段で出品すれば、990円の売り上げが出ます。

 

そこから、送料を引いても300~400円程度の純利益が出るので、複数個仕入れて転売すれば、5,000円程度の利益を確保できるのです!

 

めぐ
そのほかにも、衣料品用の洗剤や柔軟剤は安売りされることが多いから、利益になるものが多いよ!
この様な商品を縦積みすれば、継続的に販売することができ、この後紹介する固定客向けの販売も可能です。
日用品販売は、メルカリで行う場合は”固定客専用”として、リピーター販売をすることができます。

頻繁に売れるため固定客が付きやすい

ドラッグストアせどりは、日用品や生活用品を仕入れることが多いので、それを求めて購入する人も少なくありません。

いずれも、消耗品が多いので、一度購入した人から再度購入されることもよくあります。

 

つまり、安定して仕入れられるお店を確保しておけば、継続的に利益が出るような仕組みづくりができるということです。

安く仕入れることができ、購入者はお得な価格で商品を購入できるというWin-Winな関係を作ることができるので、非常に便利です。

 

 

ジャンルは異なりますが、リピーター専用出品をしている人も存在します。

通常価格で購入する場合は割高ですが、リピーターになれば安く購入できるということから、固定客をつける効率的な方法といえるでしょう。

 

食器用・洗濯用洗剤は、2週間~1か月程度で使い切る人が多く、安く出品されていれば購入されることも少なくありません。

固定客を10人程度付ければ、毎月コンスタントに売ることも可能で、継続的に利益を出せるようになるのでオススメですよ!

 

めぐ
一度購入してトラブルなく届けば、多少は信頼されるし、別の出品者から購入するよりも安心して購入できるからね!
出品者からの立場からすると、無駄に商品を仕入れて在庫を抱えるということはなく、計算してから仕入れられるのがメリットです。
洗濯用洗剤は、価格が決まっているので、メーカーが料金を下げてこない限りは過剰に在庫を抱えることもありませんし、安心して仕入れられますよ(^^)/

送料を安く抑えられる

最後に、送料を安く抑えられるという点です。

ドラッグストアせどりでは、大型家電を扱うこともありませんし、かさばる商品を仕入れることはほとんどありません。

 

仕入れるジャンルにもよりますが、下記がほとんどです。

 

ドラッグストアせどりで仕入れる商品

  • 衣料品用洗剤
  • 食器用洗剤
  • 日用品(紙おむつ・ティッシュボックス・粉ミルク等)

 

これら以外にもありますが、基本的に小さいものばかり。

送料込みにしても、十分利益が出る商品が多いです。

 

 

例えば、昨年度に大流行した”おからパウダー”ですが、ダイエット食品ということもあってかなり需要がある商品でした。
※今では人気も落ち着いています

こちらの商品は、レターパックで送ることが可能であり、定形外で送れば140~210円程度しかかかりません。

 

仕入原価が200円程度なので、諸手数料を引いて約600円の利益が発生する商品でした。

定形外郵便は、重さによって異なるので、かさばらないものでも重いものは適していません。
(例:大容量の柔軟剤・洗剤等)

 

 

規格内の商品でも、2キロを超えるものは配送することができませんし、注意したいところ。

その場合は、メルカリの”らくらくメルカリ便”を使うと良いでしょう。

 

 

こちらは、メルカリのみで使用することができる配送方法であり、コンビニ・郵便局で配送することができます。

専用のボックスを購入する必要がありますが、下記のメリットがあるので使い勝手は良いですよ(^^)/

 

  • 宛名を書く必要がない
  • 送料が全国一律
  • A4~160センチサイズまである
  • 配送状況がアプリで確認できる
  • 匿名配送
  • 配送サポート

 

送料の詳細ですが、下記の通りです。

 

 

商品によっては、定形外郵便のほうがお得ですが、商品が重い場合は宅急便を使うのも一つの方法です。

例えば、こちらの商品ですが、一つ当たり950gもする大きな商品です。

 

 

詰め替え用洗剤ですが、9,500円で売れていました。

一つ当たりの値段は630円ですが、メルカリでは10%の手数料が引かれるので、実質8,550円の利益しか出ません。

 

さらに、送料を引くと1,100円かかるので最終的な売上金は7,450円になります。

つまり、一つ当たり500円程度で仕入れないと、利益が出ないという計算になるので、大容量パックを仕入れる時は注意が必要です!

 

めぐ
ちなみに、こちらの商品はドラッグストアで250円~300円程度で販売されている商品だよ!ケース買いすると、少し安くなって1ロット当たり3,500円~4,000円で購入できる!
そこから純利益を計算すると、下記の通りです。
売上金9,500円-(仕入原価3,500円+出品手数料950円+送料1,100円)=3,950円
※最低金額で購入できた場合の計算
4,000円近くの利益を出すことができるので、定期的な購入者が増えればその分利益額も増えるということです!
15個まとめて販売する必要はありませんが、小分けにして販売する場合はらくらくメルカリ便を使うのも方法の一つですよ!

ドラッグストアせどりで挙げられる3つのデメリット

ドラッグストアせどりは、メリットもありますがデメリットも存在します。

ドラッグストアせどりを効率よく行いたいと思っているなら、デメリットを把握した上で行わないと、在庫を抱えることにもなり、利益額に大きく影響するので注意しましょう。

 

ドラッグストアせどりで考えられるデメリットですが、下記が挙げられます。

 

ドラッグストアせどりのデメリット

  • 出品制限がかかる商品がある
  • リサーチ次第では在庫になる
  • ライバルが多いと原価割れする

 

いずれも、リサーチ次第では解決することができる問題が多いので、安心しましょう。

個人的に、ドラッグストアせどりをして思ったのは、ライバルが多いという点ですね…

 

めぐ
大型チェーンしか周りにない場合は、ライバルが多く損切りすることも多いよ!その辺も意識してせどりしないと、利益を出せなくなるから要注意だね!

出品制限がかかる商品がある

前回のパートでも紹介したのですが、ドラッグストアには出品制限がかかる商品も少なくありません。

Amazon・メルカリ問わず制限がかかる可能性があるので、注意しましょう。

 

中でも多いのは、化粧品関連です。

美容コスメ・美容液は、中古であれば問題ありませんが、新品をそのまま転売すると薬機法違反になる可能性もあります。

 

 

普通に販売されているこちらの商品ですが、継続的に利益を出す場合は、販売許可を取らないと違法行為です。

ドラッグストアなら問題ありませんが、個人で販売している場合は違法です。
(意外と知らない人が多い)

 

Amazonの場合は、販売停止要請を受ける可能性もあり、そもそも出品できない商品も少なくありません。

停止要請を無視すると、アカウントが永久停止する可能性もあるので、注意しましょう。

 

めぐ
メルカリでは、韓国コスメが流行ってるけど、個人輸入した商品を転売するのは禁止されているよ!
この様に、小分け品として販売していることがありますが、利用規約上は規制対象商品です。
”出品しても消されないからいい”という人もいますが、違法行為なので控えましょう。
アカウントが停止すれば、売上金も没収されますし出品ができなくなりますからね…

リサーチ次第では在庫になる

ドラッグストアですが、数多くの商品が存在します。

大手チェーンのドラッグストアだと、常時20万点以上の商品が陳列していることもあるほど。

 

その中から、売れる商品だけをリサーチする必要があるのですが、状況次第では在庫になることも少なくありません。

価格差を調べて仕入れたとしても、売れなかったというパターンですね。

 

めぐ
ドラッグストアせどりは、縦積みができる分多くの商品をまとめて仕入れがちだよ!それが売れない商品の場合は、在庫になるだけだからね…
さらに、Amazonで売却しようと思っても、出品制限がかかれば在庫はすべて引き上げなければなりません。
一度出品した商品が、在庫として戻ってくるので、処分するのに手間がかかります…
最悪の場合、損切りして販売しなければならないこともありますし、注意が必要です!
仮に、ドラッグストアせどりで継続的に利益を出したいと思っているなら、的確なリサーチをしましょう。
  • WEBチラシを見て価格を把握する
  • 市場調査を欠かさない
  • プライベートブランドは仕入れない

 

中でも、プライベートブランドは価格が一律になりやすいので、仕入れに適していない商品です。

安くても、価格差がないので在庫になるだけですよ!( ;∀;)

ライバルが多いと原価割れする

最後に、ドラッグストアせどりはエリアによっては、原価割れする可能性もあります。

特に、都会に住んでいる人は要注意で、大型チェーン店のドラッグストアではライバルが非常に多く、価格争いが激化します。

 

大型チェーン店は、独自のセールを開催することもありますが、基本的には価格が一律。

常に安いですが、ローカル店舗に比べると若干高いのが特徴です。

 

そういう店舗で仕入れると、商品需要が一時的に高まり、売れる商品と売れない商品の差が出てしまいます。

ローカルチェーンで仕入れた商品のほうが安い場合は、売るために値下げをしてくると思いますし、販売値が高ければ売れません。

 

めぐ
商品を早くサバかなければならないという焦りから、損切りを覚悟して値下げすることもあるからね!
いずれも、リサーチしないことが原因です。
価格差もリサーチしておけば、無駄に在庫を抱えることもありませんし、継続的に販売できますからね(^^♪
  • 複数のWEBチラシを比較する
  • トレンド商品は注意する

 

価格差を確かめたいなら、実店舗をハシゴするのもいいですが、WEBチラシがある場合はネットで比較すると良いでしょう。

また、トレンド商品は注意したほうが良いです!

 

 

先ほども紹介したおからパウダーですが、1か月程度で商品需要が落ち着き、スーパーで購入できるようになりました。

今では、在庫として抱える人も多く、一時的なブームだったので、流行が過ぎ去るのも早いので注意したいところです。

ドラッグストアせどりのまとめ:リサーチ次第で効率よく稼げる!

ドラッグストアせどりのメリット・デメリットについて解説しました。

日用品・生活用品は、消耗品ということもあって需要がある商品ばかりです。

 

リサーチさえ徹底すれば、確実に利益になる商品だけをピックアップできますし、需要がある商品を仕入れることができます。

しかし、商品の中には薬機法に抵触するようなものもあるので、商品を見極めてから仕入れることをオススメします!

 

めぐ
値下がりしているからといって仕入れると、出品できないということもあるからね!

 

次回の記事では、ドラッグストアせどりのポイント・注意点を解説します!

ドラッグストアせどりについて気になる人は、要チェックです!

 

また、最近ではポイントせどりと相性も良いです^^

キャッシュレスや◯◯払いなどでポイントも取れますので、うまく組み合わせていきましょう!

ポイントせどりでキャッシュレス還元は有効に使える?実店舗を例に解説!

最新情報をチェックしよう!