消耗品せどりで賢く商品を仕入れて利益を出す方法!

「消耗品せどりは稼げる?」

「消耗品せどりで稼ぐためにはどうする?」

この記事は、このような悩みを解決しています。

 

普段生活をするうえで欠かせないのが、消耗品です。トイレットペーパーや歯ブラシがその一つで、使えば消耗するので買い替えなければなりません。

その消耗品が、実はせどりの商材として使えます。そこで今回は、消耗品をせどりに使う方法や、売れる商品について紹介します!

 

めぐ
めぐ
消耗品が売れるかどうか気になる人や、消耗品せどりを検討している人は参考にしてくださいね。

 

よくわかる解説

  • 消耗品は回転率が高い
  • 縦積みできる商品も多い
  • 市場価格差がない商品も多い

消耗品せどりとは?稼げる?

消耗品せどりは、消耗品に重点を置いて稼いでいくせどり手法です。生活をするうえで欠かせない消耗品を仕入れて、一般的には稼いでいきます。

具体的な商品例を挙げると、以下のとおりです。

 

消耗品せどりで仕入れるべき商品

  • 洗濯用洗剤
  • 食器用洗剤
  • シャンプー
  • ボディーソープ
  • 紙おむつ
  • コスメ・化粧品全般

 

これらの商品は、いずれも消耗品せどりの仕入れ対象商品です!ただし、買い占めをして販売してしまうと、仕入れ先や販売先から規制されてしまうこともあるので、注意しましょう。

現に、感染症が流行したときに、トイレットペーパーやマスクを買い占めて、規制されたことも記憶に新しいです。
(緊急措置法による規制)

 

引用:産経ニュース

 

ルールを守らずに商品を仕入れた人が、逮捕されるという事態にも発展しました。現在は法規制されていないため、このような事態に陥ることは少ないですが、状況次第では十分あり得ること。

 

めぐ
めぐ
そのため、消耗品を仕入れるときは、常識の範囲内で仕入れることが重要です!

消耗品をせどりで使うメリット!

消耗品せどりは、さまざまなメリットがあり、実践している人も少なくありません。具体的なメリットは、以下のとおりです。

 

消耗品せどりをするメリット

  • 回転率が高く売れやすい
  • 縦積みがしやすい
  • リピーターがつく

 

特に、消耗品せどりは利益率よりも回転率を意識して仕入れをするビジネスです。需要がある商品なので、商品によっては即売れする可能性があります!

また、定期的に安く仕入れられる仕入れ先を見つけたら、リピーターがつくことも珍しくありません。縦積みもしやすい商品なので、初心者におすすめしたいせどり手法です!

回転率が高く売れやすい

消耗品せどりは、売れる商品が多いため、回転率を意識した仕入れ・販売ができます。販売先は、Amazon・メルカリが主流で、自分が販売しやすいほうを選びましょう!

メルカリを例に挙げると、さまざまな商品が売れています。

 

 

こちらは、洗濯用の洗剤で検索した結果ですが、普通の液体洗剤から、漂白剤まで複数販売されています。売り切れている商品のみを表示していますが、普通に検索しても以下のようにちらほら売れています。

 

 

もちろん在庫になっているものもあり、そのほとんどが適切な価格で販売していないことが理由です。相場よりも少し安い値段で販売されていれば、即売れします!

また、Amazonも販売先の一つで、ツールを使って需要を調べると、コンスタントに売れていることがわかりました。例えば、以下の商品。

 

 

液体洗剤ではそれなりに人気がある商品で、750gも入っているため、コスパがよいです。それぞれグラフを確認すると、以下のように売れている商品でした。

 

 

見方がわからない人のために解説しておくと、ギザギザの数が多ければ多いほど、商品が売れている証拠です。この商品は、3ヵ月間でこの波形なので、かなり売れ行きがよい商品だとわかります。

仮に、あなたが回転率が高い商品を仕入れたいと思っているなら、消耗品せどりをして間違いありませんよ!

縦積みがしやすい

消耗品は、固定して仕入れられる仕入れ先さえ確保しておけば、縦積みができます!縦積みとは、同じ商品をまとめて仕入れることを指し、消耗品せどりでは基本です。

実際、縦積みをするとさまざまなメリットがあります。具体的には以下のとおりです。

 

消耗品を縦積みするメリット

  • 安定して商品を販売できる
  • コンスタントに商品が売れる
  • 仕入れの手間がかからない

 

しかし、縦積みする商品は、あくまでも売れている商品に限ります。売れていないものを仕入れても、在庫になるだけなので注意しましょう。

ただ、先ほど紹介した商品のように、回転率が高いものなら、縦積みをしても問題ありません。例えば、先ほどの商品。

 

 

こちらの商品は、新品価格517円で販売されていた商品でした。以前ドン・キホーテで見たときは、1個あたり税込み268円で販売されていました。

仮に、20個仕入れた場合のシミュレーションをすると、以下のようになります。
(すべて売れたことを仮定した場合)

 

すべて売れたことを想定した利益シミュレーション

  • 販売価格:10,340円
  • 販売手数料:1,034円
  • 送料:1,500円
  • 仕入れ値:5,360円
  • FBA納品手数料:431円
  • 粗利:2,015円

 

縦積みをしてすべて売れた場合は、1個あたり100円程度の利益です。それでも、1回の縦積みで2,000円程度稼げるので上出来ですよ!

消耗品せどりでは、利益率重視というよりは、回転率重視の転売をしていきます。縦積みをうまく活用して、商品を仕入れていきましょう。

リピーターがつく

消耗品せどりは、販売先によってはリピーターがつくので非常におすすめです!実際、メルカリで消耗品を販売してる人は、”リピーター割”を設定している人も少なくありません。

これはAmazonでも同様で、あなたが定期的に同じ商品を同じ価格で販売すれば、リピートして購入してくれます。

 

 

こちらは、実際にリピート割を設定している人の商品紹介文です。継続して購入すれば、通常の料金から500円割引になるとのこと。

メルカリの場合は、値下げ交渉もあるため、それらを含めたうえで、価格設定をするとよいでしょう。実際、リピーターが増えると、以下のメリットがあります。

 

消耗品せどりでリピーターが増えるメリット

  • 継続して商品が売れる
  • 商品の回転率が上がる
  • 在庫になることがない

 

相場が下がらない限りは、一定の価格で商品が販売できます。あなたが販売している価格で満足しているユーザーは、消耗品がなくなったら、またあなたから購入してくれます。

継続的に商品が売れますし、回転率も高いので、消耗品せどりは割とメリットが多いせどり手法です!

 

めぐ
めぐ
せどりは、在庫になるのが一番のリスクですからね!その悩みを解消している時点で、消耗品せどりは割とおすすめです!

消耗品をせどりで使うデメリット!

消耗品せどりは、メリットもありますがデメリットもあります。それぞれ紹介すると、以下のとおりです。

 

消耗品をせどりで使うデメリット

  • 大きく稼げない
  • ライバルが多い

 

消耗品は、ほかの商品に比べると、商品1個あたりの利益がかなり低いです。そのため、消耗品一本で稼ぐとなると、相当数仕入れなければなりません……。

メインで仕入れる商材というよりは、サブで仕入れるべき商品ですね!ライバルも多いですし、稼げるとしても月5万~10万円程度が限界でしょう。

大きく稼げない

消耗品せどりは、商品の販売単価は非常に安いです。取り扱う商品にもよりますが、1個あたり500円~1,000円程度で販売することがほとんど。

そのため、商品を転売するにしても、大きく稼げないため、ガッツリ稼ぎたいと思っている人には不向きかもしれません。

ただ、縦積みをすれば、ある程度は稼げるので、売れる商品を見つけて商品を仕入れていきましょう!

 

実際、消耗品せどりでは、以下の流れで稼いでいきます。

 

消耗品せどりで稼ぐ流れ

  1. 価格差がある商品を見つける
  2. 損益分岐点を計算する
  3. 需要を調べる
  4. 売れるなら縦積みする

 

ほかの商品なら、1個あたり数千円の利益が出るようなものもありますが、消耗品に関しては、100円~300円の間です。

そのため、1個だけ仕入れて販売したところで、雀の涙といえるでしょう。その反面、需要があり回転率が高いため、数で勝負するようなイメージです。

1個300円の利益が出る商品でも、50個販売すれば15,000円になります!このようにして、消耗品せどりでは稼がなければなりません。

 

めぐ
めぐ
1回の売買でガッツリ稼ぎたいなら、家電やブランド品を仕入れたほうが吉です!

ライバルが多い

消耗品せどりは、非常にライバル数が多いです。理由はさまざまですが、以下が関係しています。

 

消耗品せどりにライバルが多い理由

  • 仕入れやすいから
  • 安く仕入れられるから
  • 仕入れ難易度が低いから

 

実際、ほかの商品に比べると、消耗品は予備知識がある状態で始められます。主婦でも簡単に仕入れられるジャンルで、今日から始めよう思っても普通に始められますからね……。

仕入れ難易度が高いジャンルは、ライバルも少なくおすすめですが、その分利益が出しづらいです。ただ、消耗品ほどライバルが多いと、逆に稼げないこともあります。

仮に、消耗品せどりで稼ぐなら、周りと差をつけるように、以下の仕入れをするとよいでしょう。

 

【消耗品せどりで利益を出す仕入れ方法】

  • 少しでも安いところから仕入れる
  • 固定の販売先を見つける
  • 卸仕入れをする

 

どれもおすすめなので、自分に合ったスタイルで仕入れていきましょう!

消耗品せどりで仕入れたいおすすめ商品一覧!

消耗品せどりは、無理なく自分のペースで実践できるので、副業にもおすすめです。しかし、消耗品にも種類があり、どれを仕入れたらいいのかわからない人も多いと思います。

そこで、消耗品せどりで仕入れたいおすすめ商品を紹介しますね!複数の商品がありますが、個人的には以下がおすすめです。

 

消耗品せどりで仕入れたいおすすめ商品

  • 洗濯用洗剤
  • 食器用洗剤
  • シャンプー
  • ボディーソープ
  • 紙おむつ
  • コスメ・化粧品全般

 

これらは、消耗品せどりの主力商品です。特に、洗濯用洗剤・食器用洗剤は仕入れやすく、売れやすいのでおすすめです。

僕も、日用品関連は仕入れ対象にしていますが、洗濯用洗剤はドン・キホーテやドラッグストアで安く仕入れられます。おすすめの商品なので、消耗品せどりで利益を出したい人は仕入れていきましょう。

洗濯用洗剤

消耗品せどりのなかでも、最も仕入れることが多いのが、洗濯用洗剤です。洗濯用洗剤は、いずれも売れやすく利益になります。

それに回転率も高いですし、主力商品といってもよいでしょう。ただ、洗濯用洗剤にも種類があるので、売れる商品をピンポイントで狙っていく必要があります。

個人的におすすめな商品は、以下のとおりです。

 

洗濯用洗剤でおすすめな商品

  • ジェルボール関連
    ※詰め替えもよく売れる
  • 大容量の洗濯用洗剤
    (例:750ミリ、950ミリ、1.5Lなど)
  • 漂白剤
    (オキシクリーンの売れ行きはよい)

 

使い勝手がよいもので、値段が相場よりも安ければ売れるので、仕入れていきましょう。メルカリでは、ジェルボールや大容量の洗剤がよく売れている印象です。

 

 

詰め替え用のジェルボールは、ドラッグストアなどで安く販売されています。都心の人は、定価で購入することが多いですが、地方だと半額で販売されていることもありますよ!

僕は福島に住んでいるため、地方のドラッグストアやホームセンターで仕入れています!市場価格よりも安いものであれば、割と売れるのでおすすめですよ◎

食器用洗剤

洗濯用洗剤もおすすめですが、食器用洗剤も積極的に仕入れたい商品です。こちらも、通常のボトルよりは、詰め替え用のほうが売れます。

メルカリで、食器用の洗剤を検索すると、以下のように販売されていました。

 

 

市販のものも売れていますが、業務用の洗剤も売れている印象です。また、販売されている商品を見ると、それぞれ特徴がありました。
(具体的には以下のとおりです)

 

メルカリで売れている洗剤の特徴

  • 大容量の洗剤
  • 詰め替え用洗剤
  • 同一商品のセット販売

 

洗濯用洗剤と変わりませんが、詰め替え用の洗剤はかなり売れる印象です。それにプラスして、大容量の洗剤も売れるのでおすすめですよ!

 

 

また、メルカリで売れている商品のなかには、同一商品のセット販売もありました。こちらは、泡スプレーや液体洗剤などがまとめて販売されているもので、3,499円です。

以前、ローカルスーパーで販売されているのを見ましたが、それぞれ以下の値段でした。

 

食器用洗剤セットの値段

  • 泡スプレー:148円
  • キュキュット:68円
  • 詰め替え用:98円
  • ジョイコンパクト:128円

 

これをもとに、原価を算出したいと思います!値段が販売価格以下であれば、利益になりますからね!

実際に計算すると、以下のとおりになりました。

 

【洗剤セットの仕入れ料金】

  • 泡スプレー:148円×10本=1,480円
  • キュキュット:68円×11本:748円
  • 詰め替え用:98円
  • ジョイコンパクト:128円
  • 合計:2,454円

 

送料込みで、3,499円なのでギリギリ利益になるラインです。販売価格さえ調整すれば、余裕をもって利益が出せるレベルでした!

メルカリには主婦がユーザー層としているので、よい販売先になりますよ!回転率が高いせどりをしたいなら、食器用洗剤・洗濯用洗剤を仕入れましょう。

シャンプー

消耗品のなかでも、割と消耗するのが早いのがシャンプーです。カップルや家族で、共同で使っていると、10日から2週間程度でなくなってしまいます。

そのため、消耗品せどりでも仕入れていきましょう!ボトルシャンプーもおすすめですが、詰め替え用がよく売れています。

 

 

実際に検索すると、このように多くの商品が出てきました。ドラッグストアなどで安く販売されている商品ばかりで、価格と差を付けて販売していることがわかります。

また、お徳用で販売されているものが、メルカリでは高く売れていることがあります。例えば、以下のシャンプー。

 

 

アジエンスのシャンプーですが、詰め替え用で1,100円~1,500円の間で売れていました。こちらの商品は、お徳用で販売されているのを見たことがあり、1個あたり150円程度で購入できます。

4つセットにして販売したとしても、仕入れ値は600円です。それを、倍以上の値段で販売するため、利益になるのは当然ですね!

安価で、手に届きやすいシャンプーならよく売れるので、積極的に仕入れていきましょう!
(具体例を挙げると以下のとおりです)

 

メルカリで売れるシャンプーブランド

  • エッセンシャル
  • アジエンス
  • パンテーン
  • レブール
  • エイト

 

これらは、ドン・キホーテで安く仕入れられる割には、価格差のある販売ができます!洗剤同様に、消耗品せどりの主力商品なので、積極的に仕入れていきましょう。

ボディーソープ

ボディーソープも、シャンプー同様に消耗品なので、仕入れていきたい商品です。複数の商品がありますが、以下がよく売れる印象です。

 

ボディーソープで売れる商品

  • 詰め替え用のボディーソープ
  • 限定品のボディーソープ

 

ボトルの商品も売れますが、詰め替え用のほうが需要があります。実際に、メルカリで売れているのは、詰め替え用がメインです。

 

 

通常のボディーソープも仕入れ対象ですが、限定品も一部の人にかなり人気があります。具体例を挙げると、以下のとおり。

 

 

こちらは、ディズニー限定で販売されているハンドソープです。ボディーソープとは異なりますが、消耗品の一つなので仕入れ対象にしましょう。

こちらの販売定価は800円で、パーク限定でしか購入できないことから、この値段で販売されています。限定品ということもあり、倍の値段がついているため、仕入れを視野に入れるとよいでしょう!

紙おむつ

消耗品せどりでは、割と定番なのが紙おむつです。お子様がいる家庭なら、どうしても消耗してしまいますし、10日もあれば使い切ってしまいます。
(早ければ1週間で使い切ることもある)

ドラッグストアやディスカウントストアでは、安く購入できる紙おむつでも、ネットでは定価か定価以上の値段で売れています。例えば、以下の商品。

 

 

消耗品せどりでは割と仕入れることが多い、パンパースのおむつです。サイズにもよりますが、2個セットで1,500円~2,000円の相場で売れています。

2個セットで2,000円となると、1個あたり1,000円という計算になりますが、店舗では安く購入できます。特に地方では、1個あたり500円~600円程度で購入できる商品です。

 

地方に住んでいる人からすれば、「ちょっと高すぎるんじゃない?」と思う価格設定だと思います。しかし、都内の人からすると、この価格でも普通です。

消耗品せどりでは、このような商品をメインに狙っていきます。都内に住んでいる人は難しいですが、地方に住んでいる人なら優先的に仕入れられるので、おすすめですよ!

コスメ・化粧品全般

女性だと、コスメは消耗品だと思います。一度購入すれば、割と長持ちしますが、化粧品だと以下は割とすぐなくなります。
(妻が言っていました!笑)

 

化粧品でなくなりやすいもの

  • リキッドファンデ
  • パウダー
  • マスカラ
  • アイブロー
  • メイク落とし
  • ヘアケア用品全般

 

どれも、割と毎日使うもので、ある程度容量があっても1ヵ月そこそこでなくなる人も多いです。また、シャドウやライナーでも、自分の好みと合わなければ、別のものを購入する人も少なくありません。

そのため、コスメ系は割と、消耗品せどりで使うジャンルです。メルカリでは、新品コスメが多く販売されています。

 

 

下地に使うファンデーションは、1,500円~2,000円程度で売れています。仕入れ先はさまざまですが、ドン・キホーテやドラッグストアなどがおすすめです!

百貨店やロフトなどで購入すると高いものでも、ディスカウントストアなら、定価以下で購入できます!また、化粧品は、限定コフレなども販売されています。

 

 

消耗品せどりとは異なりますが、化粧品のなかでも割と高く売れるジャンルです!ノベルティにも価値があるので、併せて販売するとよいでしょう。

化粧品せどりについては、以下の記事でまとめているので、参考にしてくださいね。

消耗品せどりで利益を出すコツはある?

消耗品せどりで利益を出したいなら、それぞれコツがあります。利益を出したいなら、以下のコツを意識しましょう。

 

消耗品せどりで利益を出すコツ

  • 売れる消耗品を把握する
  • ローカルなストアで仕入れる
  • ドラッグストア・ホームセンターあたりがおすすめ

 

消耗品せどりは、消耗品をメインの商材として取り扱うので、ピンポイントで売れる商品を把握する必要があります。それが把握できていないと、うまく商品を仕入れられないので注意しましょう。

それに、商品を仕入れるときは、ローカルなストアのほうが、割引率も高くおすすめですよ!安く仕入れられれば、その分利益につながりますからね!

 

めぐ
めぐ
売れる安い商品を仕入れて、消耗品せどりで利益を出していきましょう!

売れる消耗品を把握する

消耗品せどりでは、売れる消耗品を把握しておく必要があります。いくら安くても、売れなければ意味がありませんからね……。

複数の商品がありますが、個人的におすすめなのは、以下のとおりです。

 

消耗品せどりで特に売れるおすすめ商品

  • ボディーソープ
  • シャンプー
  • 化粧品・コスメ
  • 洗濯用・食器用洗剤

 

これらは、回転率が非常に高く、状況次第では即売れする可能性があるので、仕入れて損はありません!この辺の商品でも、特に消耗しやすいものをメインに仕入れていきましょう。

僕は、シャンプーや洗剤はよく仕入れています。おすすめ店舗を紹介すると、以下のとおりです。

 

消耗品仕入れにおすすめな店舗

  • ドン・キホーテ
  • イオン
  • ビバホーム

 

この辺は、全国に店舗展開していますし、そこそこ安い値段で仕入れられます。価格差のある商品も多いので、消耗品せどりで稼ぎたいと思っているなら、仕入れ先として活用しましょう!

売れる消耗品を仕入れる場合、基本的に縦積みしていきます。店舗によっては、大量購入を禁止していることもあるので、店舗のルールを守って商品を仕入れましょう。

ローカルなストアで仕入れる

消耗品を仕入れる場合は、ローカルなストアで仕入れましょう。全国展開している店舗で仕入れるのもありですが、価格が一定なので、ライバルが多い市場で戦うことにあります。

しかし、ローカルなストアで仕入れる場合は、全国展開している店舗よりも安く仕入れられるため、価格差を付けた仕入れが可能です。

そのため、少しでも周りと差をつけたいなら、ローカルなストアで仕入れましょう。僕が住んでいる福島を例に挙げると、以下のストアが挙げられます!

 

福島にあるローカルストア

  • ウエルシア※ドラッグストア
  • ツルハドラッグ※ドラッグストア
  • トライアル※ディスカウントストア

 

ドラッグストアでは、シャンプーやボディーソープが安く仕入れられます。ただ、店舗によって値段が異なるので、ハシゴしてリサーチするのも方法の一つです。

ちなみに、僕はトライアルというディスカウントストアで、仕入れることが多いです!店舗規模も大きく、大量仕入れをするため、全体的に価格が安いのが特徴です。

 

めぐ
めぐ
大量仕入れができる店舗は、消耗品せどりで重宝されるのでおすすめです!

ドラッグストア・ホームセンターあたりがおすすめ

消耗品の仕入れ先に迷う人は割と多いですが、個人的にはドラッグストア・ホームセンターあたりがおすすめです!ネットよりも安いですし、価格差がある商品が見つかりますよ!

こちらも、先ほど紹介したように、ローカルストアがおすすめです。また、そのなかでも以下の特徴があるストアはねらい目です!

 

消耗品せどりで仕入れに利用したい店舗の特徴

  • 店舗が広い
  • 大量に商品を仕入れている
  • 全体的に価格が安い
  • 外に商品が陳列されている※おすすめ

 

どれも、僕が消耗品を仕入れる際に、店舗を選ぶ基準にしていることです。特に、地方のストアではよく見かける、外に商品が陳列されている店舗は、仕入れ対象にしましょう!

僕の経験上、外に商品を陳列している店舗は、全体的に価格が安いイメージがあります。ドン・キホーテも、その一つですね!

ホームセンターのなかにも、まれに外に商品を陳列しているところがあります。これは、一つの宣伝効果でもあります。

 

外に安い商品を陳列させることで、店舗に入らせて買い物をさせるというのが戦略です。そのため、外にある商品は、割と安いものが多く、消耗品せどりの仕入れ対象商品も多いですよ!

 

めぐ
めぐ
洗濯用洗剤や食器用洗剤が、割と多いので仕入れ対象にしましょう!

消耗品せどりをする際の注意点を徹底解説!

消耗品せどりをする場合は、いくつか注意点があります。消耗品を仕入れようと思っている人は、以下の注意点を把握しておきましょう。

 

消耗品せどりをする際の注意点

  • 過度な買い占めをすると注意される可能性がある
  • 大量在庫になる可能性がある

 

消耗品は、たしかに利益になりますし、仕入れている人が多いジャンルです。しかし、大量に仕入れすぎてしまうと、それが在庫になる可能性もあるので注意しましょう。

縦積みをして、在庫になれば損切は免れません。そのため、リサーチを徹底したうえで、商品を仕入れることが重要です。

過度な買い占めをすると注意される可能性がある

消耗品せどりでは、基本的に縦積みをして商品を仕入れていきます。そのため、一部店舗で商品を買い占めることも多いです。

その際気を付けたいのが、店舗内のルールです。感染症以降、商品の買い占めに際して、シビアになりつつあります。

実際、感染症の際は、トイレットペーパーや、ティッシュペーパーの買い占めが相次ぎ、注意されていた人も多いようです。

 

 

利益を出したい気持ちはわかりますが、他人に迷惑がかかるような買い占めをするのはよくありません。そのため、消耗品せどりをする場合は、常識の範囲内で商品を仕入れましょう。

個数制限がないからといって、店舗にある在庫をすべて買い占めるような行為は控えたほうが無難です。仮に、商品を縦積みするとしても、同じ店舗からではなく、複数の店舗がおすすめです!

大量在庫になる可能性がある

消耗品せどりで割と気を付けたほうがよいのが、在庫になる可能性です。ある程度価格差がある商品なら、在庫になることは少ないですが、以下の場合だと在庫になる可能性があります。

 

消耗品せどりで在庫になるケース

  • 仕入れた商品の平均相場が下がった
  • 大型店舗が同様の値段で販売した
  • 仕入れる人が増えた・多い

 

消耗品は、あまり価格が変動することはありませんが、メーカーが値段を下げると、それに比例して値下がりします。店舗でも安くなる反面、市場でも値下がりすることも少なくありません。

また、ローカルストアで150円で仕入れたシャンプーがあったとして、大型店舗でも同様の価格で販売し始めた場合は、市場価格が一気に下がります。

 

今までは、ライバルがローカルストアの人だけだったのが、全国にいるせどらーになるからです。仕入れる人が増えれば、その分市場に商品が流通し、供給過多の状況になり、最終的には値下げ競争が始まってしまうわけです。

その際、損切をしないと、大量に在庫になる可能性があります。これが消耗品せどり最大の注意点といえるでしょう。

 

めぐ
めぐ
在庫になるのが怖いなら、無理して商品を仕入れずに、適度に縦積みしましょう!

まとめ【消耗品せどりはコツコツ稼ぐビジネス!】

消耗品せどりは、消耗品を仕入れて稼いでいくわけですが、正直商品一つあたりの売却益はそこまで高くありません。商品にもよりますが、1個あたり300円~500円がほとんど。

安いもので、100円程度の利益しか出ないものもあるため、注意しましょう。消耗品せどりで稼ぐ場合は、基本的に縦積みをします。

1個300円の利益が出る商品を、30個売れば9,000円の利益です。ほかの商品に比べると、消耗品は回転率が高いので売れますよ!

 

利益になる商品は複数ありますが、特におすすめなのは以下の商品。

 

消耗品せどりで仕入れたいおすすめ商品

  • 洗濯用・食器用洗剤
  • シャンプー
  • ボディーソープ
  • 紙おむつ
  • コスメ類

 

どれも、仕入れ対象なので、安く仕入れられる仕入れ先を確保して、積極的に仕入れていきましょう!