ポイントせどりでキャッシュレス還元は有効に使える?実店舗を例に解説!

 

「消費者還元事業でお得に買い物するには?」

「ポイントせどりはできるの?」

 

2019年10月1日の消費税の増税に伴い、消費者還元事業というものが施行されました!

キャッシュレス決済をした場合に、3~5%のポイントが自動的に還元されるというものです。

 

めぐ
今回は、消費者還元事業を利用してお得に買い物をする方法を解説するよ!ポイントせどり等に興味がある人は必見だよ~!
結論
  • キャッシュレス・消費者還元事業でもポイントせどりが可能
  • 併用すれば月10万円稼ぐことも可能
  • d払い、メルペイがオススメ

ポイントせどりに使える、キャッシュレス・消費者還元事業とは?

世間で話題になっている”キャッシュレス・消費者還元事業”ですが、そもそもどういうサービスなのかということを紹介していきたいと思います!

概要を説明すると、経済産業省が推進している仕組みのことであり、国外でキャッシュレス化が進んでいる中で、その波に乗って”キャッシュレス決済”をするとポイントが還元するというものです。

 

中小・小規模事業者が対象であり、2019年10月から2020年6月まで施行される制度です。

キャッシュレス決済を行うと、その場で5%分のポイントや現金が返ってくるという制度になっています。

 

対象の支払い方法

  • クレジットカード決済
  • 電子マネー決済
  • QRコード決済

 

最近では、消費者還元事業の推進から、キャッシュレス決済を導入していなかった店舗も、導入し始めています。

消費税が10%になったことによって、出費がかさむと思われがちですが、キャッシュレス決済をすればその場で5%キャッシュバックするのです!

 

めぐ
この制度を積極的に使えば、賢く買い物をすることができるから、せどり等で使いたいところだね!
消費者側からすると、キャッシュレス決済をすればいいだけですが、還元事業を受けるには店舗側は申請しなければなりません。
さらに、Amazonも消費者還元事業を行っており、導入している店舗は専用のマークがつきます。
キャッシュレス還元のマークがついている場所から購入すれば、その分が還元されるので、この商品の場合174円が即時還元されるということになります。
ネットだけではなく、実店舗でもキャッシュレス還元が行われているので、案外身近なものですよ!(^^)/
私もよく利用するのですが、コンビニではキャッシュレス・消費者還元事業を申請しているところも多いので、還元を受けることができます。
少額の決済でも、キャッシュレス決済をすれば時短になりますし、どんどん推進してほしいものです!
増税に伴い、負担が大きくなったという人もいますが、実際そういうことはありません。
キャッシュレス決済をすれば、増税前と変わらず利用できますし、オススメですよ!

ポイントせどりに使える、キャッシュレス・消費者還元事業の店舗は?

Amazonがキャッシュレス・消費者還元事業を始めたということで有名ですが、実は実店舗でも導入されています。

先ほど紹介したコンビニもそうですが、それ以外にも下記が挙げられます。

 

導入している店舗

  • コンビニ
  • 書店
  • ガソリンスタンド
  • カフェ、レストラン等

 

いずれも、中小・小規模事業所に分類されるので、登録している事業によって還元ポイントが異なります。

コンビニに関しては、小規模事業所に分けられるので、還元されるポイントは3%です。

 

一方、町中にある書店・スーパーは、中小規模事業所に分類されるので、5%の還元を受けることができます。

感覚で言うと、イオンモール等に入っている店舗は、5%還元されるイメージですね!

 

めぐ
そのほかにもTSUTAYAや積文館など、店舗を構えているような書店も中小事業所に分類されるね!
キャッシュレス決済ですが、状況次第ではポイントせどりにも使うことができます。
その場合、ポイントが還元されるものを利用しないと、意味がありません。

クレジット決済の場合は、決済時に即時還元されることになっているので、一般よりも安い料金で購入することが可能です。

例えば、3,000円の商品を購入する場合ですが、現金決済したときは普通に3,000円で購入しなければなりません。

 

しかし、クレジット決済をした場合は、即時5%還元されるので、商品から150円割引された状態で購入することが可能です。
※3,850円で購入可能

せどり・転売等で実店舗仕入れをしている人は、キャッシュレス・消費者還元事業を行っている店舗で仕入れれば、店頭価格よりも安く仕入れることができますよ!

 

ちなみに、商品それぞれにポイント還元されるわけではなく、決済した額に還元されます。

5,000円の商品×20個購入した場合、10万円の支払いをすることになるのですが、クレジット決済をする場合9.5万円で購入することが可能です。
※還元率5%の場合

 

めぐ
大きな額の仕入れをすることが多い転売・せどりはキャッシュレス決済をしたほうが圧倒的にお得だよね!
特に、大規模な仕入れを行う場合は、キャッシュレス決済をするべきです!
ただし、店舗によってはキャッシュレス決済を導入していないところもありますし、導入していてもキャッシュレス・消費者還元事業をしていない可能性があります。
経済産業省のキャッシュレス・消費者還元事業のページでは、登録加盟店を検索することができるので、検索してみると良いでしょう。
仕入れる前に検索していると、無駄に店舗を回る手間も省けますよ!

キャッシュレス・消費者還元事業でポイントせどりはできる?

キャッシュレス・消費者還元事業ですが、クレジット決済では即時還元されて商品が割引されるのですが、その他の決済方法ではポイントとして還元されます。

中でも有名なのが、PayPayによる決済方法です。

 

 

キャッシュレス・消費者還元事業が開始したと同時に、導入されたキャッシュレス決済システムですが、利用特典+5%還元するというのがPayPayの最大の特徴です。

店舗によっては、PayPayを導入していないところもありますが、キャッシュレス・消費者還元事業が推進されてから、ほとんどのキャッシュレス可の店舗で導入されています。

 

 

この様なポスターが貼っているのが目印ですが、消費者還元の5%にプラスして、PayPayの利用特典を受けることができます。

定期的なキャンペーンを行っているのですが、今まで行われてきたサービスは下記の通りです。

 

 

10月から11月まで行われていたサービスは、最大10%還元するというものでした。

3,000円分の商品を購入すれば、300円のポイントが還元されるというもの。

 

12月以降は、新しいサービスとして従来の5%に合わせて、20回に1回の確率で1,000円相当のポイントがキャッシュバックします。

付与上限は、月5,000円までと少ないですが、それでも還元するのは良いと思います。

 

 

PayPayの場合は、月2.5万円の決済まで、ポイントが付与されるようになっています。

決済時にポイントが還元されるので、使えば使うほどお得にポイントがたまるという認識でよいです!

 

実店舗で決済するときに、5%還元されていくので、ポイントせどりも十分できます。

2.5万円分の決済を行った場合ですが、最大1,250円分のポイントが還元されることになります!

その他ポイントせどりに使える、お得なキャッシュレス決済を紹介!

PayPayはキャッシュレス決済の中でも、かなりお得な決済方法です。

月の利用上限があるので、2.5万円までしか使えないというのは、少し痛いですが…

 

しかし、PayPay以外にもお得なポイントが還元するような支払い方法もあるので、それぞれ紹介していきます!

ポイントせどりをしたいと思っているなら、それぞれ抑えておくと良いでしょう!

 

オススメなキャッシュレス決済

  • d払い
  • メルペイ
  • WAON

 

いずれも、お得なポイント還元を受けることができるので、それぞれ押さえておきましょう!

d払い

d払いとは、docomoを使っている人にオススメなキャッシュレス決済です。

対象店舗で利用すれば、支払額に応じて最大5%のdポイントを還元してくれるというような仕組みです。

 

キャッシュレス・消費者還元事業を行ている店舗で、「d払いで」といえば利用することが可能です。

PayPayと同様に、中小企業では5%の還元を受けることができ、フランチャイズチェーンでは3%の還元を受けることができます。

 

 

10,000円分の買い物をした場合ですが、通常50ポイントしかたまりませんが、それにプラスして500円分のポイントが付与されます。

還元ポイントの上限は、1月30,000円分までと決まっているので、60万円分の支払いが上限となっています。

 

めぐ
正直そこまで使うことはないと思うけど、最大で3万円分のポイントが還元されるというのはいいよね!ポイントせどりに十分使えそう!

メルペイ

 

メルペイとは、メルカリが運営する電子マネーのことを指します。

以前は、”らくらくメルカリペイ”という名称でしたが、最近になって変更しました。

 

メルカリの決済だけにしか使えなかったのですが、現在は加盟店ならどこでも使用することができます。

d払いのように、キャリアによって限定される支払方法ではありませんし、メルカリを利用している人なら誰でも利用することができます。

 

メルペイを利用する手順

  1. メルカリのアプリをインストールする
  2. メルペイを開く
  3. 設定する
  4. 上限金額を設定する

 

メルペイを利用する際は、メルカリをインストールしなければなりません。

メルカリをインストールしたら、メルペイというタブを開いて設定を行いましょう。

 

 

設定画面では、上限金額を設定することができるのですが、最大で15万円まで設定することが可能です。
※メルカリの利用頻度によって異なります。

最低で1,000円から利用することができるのですが、加盟店舗ならd払い同様に使うことができます。

 

 

上限金額を設定した時点で、メルペイを使用することが可能です。

ポイント獲得の上限は、30,000円分までであり、”メルペイコード払い、メルペイ電子マネー”の合わせたものになります。

 

こちらも、上限のポイントを受け取るには、60万円分使用しなければならないのですが、正直そこまでいきません…笑

メルペイは、銀行振り込みで利用することができる金額を増やすことができます。

 

 

これらを使用すれば、月60万円も夢ではありませんよ!

普通に使っていくレベルではないので、せどり・転売を行っている人は、メルペイを使ってみるのも一つの方法です!

 

めぐ
d払いと併用すれば、6万円分のポイントは受け取れそうだね!

WAON

最後に、あなたもなじみが深いWAONの決済方法です。

イオン系列の店舗で使用することが可能であり、イオンモール等で仕入れを行う場合は、WAONカードを使ったほうが良いですね!

 

対象加盟店でWAON決済を行うと、最大5%ポイントが還元します。

WAONの場合は、前述した方法よりも自由にチャージすることができます。

 

めぐ
上限は15,000円分/月と決まっているから、月々30万円分使うまで許されるよ!
普通に決済する分には、上限まで還元されることはありませんが、ポイントせどりをする場合は、普通に貯まります。

2020年の6月30日までしか利用することができないので、その期間内でしっかりポイントをためておきたいものです!

WAONなら、使える店舗も多いですし、公式情報によると2019年9月で、全国51万か所で利用することができるとのこと。

 

現金決済をするよりも圧倒的にお得ですし、ポイントを獲得したい人はそれぞれ行うと良いでしょう。

 

それぞれ貰えるポイントの合計

  • PayPay:1,250円
  • d払い:30,000円
  • メルペイ:30,000円
  • WAON:15,000円

 

トータルで約7万円分のポイントが毎月もらえるということになるので、ポイントせどりを行っている人は必見ですよ!

まとめ

キャッシュレス・消費者還元事業で、ポイントせどりをする方法について解説しました。

ネットだけの決済だけではなく、実店舗でも消費者還元事業を行っている店舗は多く存在しますし、そういう店舗で仕入れを行えば、お得にポイントを獲得することができますよ!

 

ポイントせどりをしたいと思ったときは、一つのキャッシュレス決済では不可能です。

多くのポイントを獲得したいなら、複数のキャッシュレス決済を使いましょう!

 

めぐ
今回紹介したものなら、約8万円/月のポイントを貯めることができるし、オススメだよ!
効率よくポイントせどりをするためにも、お得なキャッシュレス決済を選びましょう!
「おすすめ記事」

ポイントせどりで10万稼ぐ方法!初心者に向けて

ポイントせどりで50万稼ぐために必要な4つのポイント

最新情報をチェックしよう!