FBA納品した商品が返品されたときはどうする?対処法を徹底解説!

Amazon転売をする上で、欠かせないのがFBAです。

継続的に転売したいと思っているなら、FBAを使ってせどりを外注化したほうが良いですよ!

 

めぐ
めぐ
FBAは便利な販売手法ですが、状況次第では返品されることもあります…!

 

「FBA商品が返品された場合はどうすればいい?」

「返品されないためにできることを知りたい!」

 

今回は、このような悩みを抱えている人のために、FBAで商品が返品されたときにすることを解説していきたいと思います!

僕も何度か返品されたことがありますが、理由が不明確なまま返品されることもあるので、その場合の対策もしっかり行う必要があります。

 

 

よくわかる解説

  • 返品されないためにコンディションチェックを行う
  • 相手都合で返品されることが多い
  • 購入者都合だと半額負担※してくれるらしい

そもそもどういう商品が返送されるの?

Amazonで、商品をFBA納品した場合は、状況によって返品されることがあります。

ただ、理由なしにAmazonも返品してくるわけではありません。

 

FBA納品した商品ですが、返品される可能性があるのは以下の通りです。

 

【返送される可能性がある商品】

  • コンディションが誤っている
  • 季節的に納品できない商品
  • 賞味期限が近いもの※食品
  • 商品が故障している

 

この様な理由から、商品が返品される可能性があります。

Amazonが判断して返品する場合もありますし、購入されてクレームに発展して、そこから返品されることもあります。

 

ただ、商品が返品されるのはよくあることなので、しっかり確認することが重要です。

購入者から返品される場合と、Amazonから返品される場合では理由は異なります。

FBA商品が返品された理由を確認する方法を解説します!

Amazonでは、FBAを利用していると商品が返品される場合があります。

返品される理由は様々であり、利用規約では以下のような文章が書かれているほど。

 

【Amazon規約】

購入後30日以内の返品・交換は承る。

 

お客様が商品を購入して、商品に満足してもらえなかったら、返品につながります。
※コンディションが誤っている等

この辺は検品をすることで対応できますが、予想外に返品される場合も少なくありません。

 

実際、返品されたときに理由を知りたいと思う人も多いでしょう。

Amazonでは、セラーセントラルや運営に直接メールをすることで、返品の理由を教えてくれます。

 

セラーセントラルで確認する場合は、以下の手順で行いましょう。

 

セラーセントラルで確認する手順

  1. レポートを開く
  2. フィルメントを開く
  3. 返品レポートにアクセスする
  4. 期間を絞り込んで返品の理由をチェックする

 

この手順で確認することができるので、それぞれ実践すると良いでしょう。

まず、セラーセントラルを開いて、レポートから”フィルメント”というものを開きます。

 

 

そして、各種レポートを確認することができる画面に移動したら、次は返品レポートというものを開く必要があります。
※スクロールすれば表示されます

 

 

返品レポートを開くと、以下の画面が開くのでチェックしましょう。

期間指定をすることができるので、確認したい時期のレポートを選びます。

 

 

レポート期間を絞り込めば、商品の状態を確認可能です。

理由を知りたいなら、レポートの”返品理由”というものをクリックして、確かめると良いでしょう。

 

めぐ
めぐ
不良品の場合は再出品できませんが、コンディションが問題なら再出品できます!

AmazonのFBAで返品された商品は再出品できる?

FBAに納品いた際に、商品が返品されてしまった場合、再出品できるものもあります。

しかし、これは状態によって異なり、以下に分けられます。

 

各種分類

  • 再出品可能な商品
  • 再出品不可能な商品

 

再出品ができるものは、Amazonの都合で返品された場合や、コンディションによって返送されたもののことを指します。

一方で、再出品できない商品は、商品に破損が見つかり、どういう状況でも出品できない商品のことです。

 

しかし、状態によっては”ジャンク品”として、ヤフオク・メルカリといった販売先で販売できる可能性があります。

普通に販売したつもりでも、コンディションの良しあしというのは、購入者にしかわかりませんからね…

再出品可能な商品

まず、再出品可能な商品です。

お客様の一方的なクレームによって返品された場合は、再出品ができる可能性が高いです。

 

こういう商品は、運営側で自動的に再出品の手続きを行ってくれるので、便利ですよ!

中古商品の場合は、コンディションを改めて出品する必要がありますが、新品商品の場合は、未開封の確認が取れた時点で新品商品として再出品されます。

 

しかし、これには条件が存在し、以下が求められます。

 

 

【再出品として認められる商品】

  • 傷・汚れがない
  • コンディションに影響がない
  • 新品商品として販売できる

 

 

この様な条件を満たしている商品であれば、再出品することができますよ!

ただ、よほどなことがない限り、新品商品のコンディションが悪くなることはありません。

 

めぐ
めぐ
あるとしても、配送中のトラブルが考えられますね!

 

中古商品の場合は、状態によっては返品が頻発します。

コンディションは様々であり、以下に分けられます。

 

  • ほぼ新品
  • 非常に良い
  • 良い

 

ほぼ新品であれば、新品同様のコンディションなので、回転率も上がるのでオススメです!

利益を出したいと思っているなら、コンディションチェックをしっかり行うことが重要です。

再出品不可能な商品

次に、再出品不可能な商品です。

Amazon側が、再出品できないと判断した場合は、自動的に再出品の手続きが進められることはありません。

 

再出品できない商品の特徴は様々で、主に以下が挙げられます。

 

【再出品不可能な商品】

  • コンディションが変わった商品
  • 開封された商品※新品の場合
  • 破損して使い物にならない

 

この様な商品は、いったんあなたのもとに返送されてきます。

コンディションが変わった商品の場合は、新品→中古というように、再度AmazonのFBAに納品しなければなりません。

 

再出品できなくなってしまうと、何かと手間になってしまいます。

状況次第では、Amazonで出品できなくなるので、別の販売先を利用する必要がありますよ!

 

ちなみに、コンディションが変わって再出品不可と判断されてしまった場合は、商品ページに表示されないので注意しましょう。

その代わり、在庫保管手数料のみが差し引かれてしまうので、早急にあなたの手元に返送する手続きを行うと良いでしょう。

 

実際、FBAを使うのは便利ですし、使い勝手が良いことに変わりはありませんが、このように返送されてしまうと、せどりが止まってしまいます。

これを避ける意味でも、出品する前の検品・コンディションチェックはしっかり行うようにしましょう。

AmazonでFBA納品した商品が返品された際に意識したい3つの対策!

Amazonですが、FBA納品した商品が返送された場合、それぞれ対策が存在します。

返送されるのはよくあることですし、しっかり対策を意識して実践したいものです。

 

具体的には、以下が挙げられます。

 

返送された場合の対策

  • 販売不可能な商品は返送してもらって処分する
  • コンディションを改めて出品する
  • メルカリ・ヤフオクで再出品する

 

この様な対策があるので、返品されたからといって焦る必要はありません。

しっかり対策を意識していれば、安心して仕入れをすることができますよ!

 

また、Amazonに出品できないだけであり、メルカリ・ヤフオク等には出品することは可能です。

コンディションに合わせて、適切な販売先を選べば問題ありませんよ!

販売不可能な商品は返送してもらって処分する

まず、Amazonから返品されて”出品不可能”となった場合は、返送手続きを進めたほうがベターです。

というのも、いつまでもFBAに保管していると、”保管手数料”だけがかかってしまうのです…

 

また、返送に際して送料もかかるので、その辺もしっかり意識したいところです。
※小型30円程度、大型80円程度

 

めぐ
めぐ
そこまで高くないため、返送してもらったほうがいいです!

 

再出品できない場合は、一度返送されてからコンディションチェックを行いましょう。

本当に出品できないかどうかを確かめてから、無理な場合は処分です。
(例:ジャンク品になっていた、商品にならなかった)

 

再出品不可な商品を、コンディションを変えて出品してしまうと、最悪の場合アカウントが停止してしまう可能性もあるので注意しましょう。

複数のコンディションがあると思いますが、Amazonに固執する必要はありません。

 

後述するヤフオク・メルカリでは、ジャンク品としての出品も可能です!

状況に応じて、様々な販売先を使っていくことが、重要ですよ!

コンディションを改めて出品する

Amazonで返品された商品の中には、再出品ができる商品があります。

再出品できると判断された場合は、コンディションを改めて出品することができます。

 

ただ、一度返送してもらう必要があるので、少し手間です。

Amazon上では、”再出品不可能”という認識になりますが、コンディションを改ざんしなければ、普通に出品できます。

 

破損していて、修理が必要な不動品等は、中古品として出品できないので注意しましょう!

仮に、あなたが新品商品として販売していたものがあるとします。

 

【返品後の対応】

  1. 新品コンディションで出品
  2. 購入後開封されてクレームによる返送
  3. FBAに戻ってくる
  4. 自宅に返送する
  5. コンディションを変えて出品する

 

この様な流れで、再出品の手続きを進めることができます。

Amazonでは、未開封品のみが新品として扱われるので、開封された時点で新品商品ではなくなります。

 

そのため、再出品する場合は、開封済みの中古品として再出品する必要があるのです。

検品して問題なければ、”ほぼ新品”というコンディションで出品可能です。

 

めぐ
めぐ
新品商品と、そこまでコンディションも変わりませんし、オススメですね!

 

ただ、再出品するとなと、それなりに時間がかかってしまうので注意しましょう。

FBAから返送してもらい、それを再度納品しなければなりませんし、最短で1週間はかかってしまいます。

 

早い段階で利益を出したい・損切したいと思っているなら、リサイクルショップ等に買い取ってもらうという手段もありです!

メルカリ・ヤフオクで商品を出品する

出品した商品によっては、店舗で買い取ってくれない場合があります。

例として挙げられるのは、以下の通りです。

 

【買い取ってくれない商品例】

  • ジャンク品
  • 食品・飲料水等

 

この辺は、買取不可商品なので、別の販売先を利用すると良いでしょう。

Amazon以外の販売先で言うと、”メルカリ・ヤフオク”等が挙げられます。

 

ただ、食品を再出品する際は、販売先のルールに準拠しなければなりません。

メルカリでは、以下の利用規約が書かれています。

 

 

食品を出品する際は、賞味期限・消費期限が確認できる画像を掲載することです。

また、商品説明文に記載しないと、購入後のトラブルになる可能性も高いです。

 

そのため、記載されている6つの情報がすべてわかるように、出品すると良いでしょう。

 

めぐ
めぐ
面倒なことは一切ありませんし、手順に沿って進めてくといいですよ!

 

メルカリ出品について、詳しく知りたい場合は以下の記事を参照ください!

 

メルカリせどりの仕入れ先とリサーチ方法を公開します!

FBA商品が返品されたときに意識したい注意点!

FBA商品ですが、状況次第では商品に異常がない場合でも、返品されることがあります。

購入者の判断で返品することになった場合は、商品金額の半額を返金しなければなりませんが、出品者判断の場合は全額返金になります。

 

返品されたときの注意点

  • 商品の受け取りをしなかった→半額返金
  • 商品が気に入らなくて返品した→半額返金
  • コンディションとは別の商品が届いた→全額返金
  • 中身が違う商品が届いた→全額返金

 

Amazonで定められている規約ですが、返品対応になった場合は、基本的に全額返金しなければなりません。

結局、商品が手元に残るだけであり、保管料や返品手数料等がかかってしまい、それだけで損してしまいます。

 

そのため、再出品不可となった場合は、早急に返品しましょう。

その後に、検品して異常がなければ出品するという流れが一番です。

 

めぐ
めぐ
自分の目で確かめないことには、どういうコンディションかわかりませんからね!

 

コンディションに問題がなければ、Amazonの”テクニカルサポート”という場所に相談すれば、半額だけ返金してくれることがあります。

相手の急なクレームに対して、返品された場合は、しっかり対応するようにしましょう。

 

連絡することで解決できる部分もありますし、まずは問い合わせてみることです!

まとめ:FBAで返品されることはよくあること!

今回、FBA納品をした際に、返品された場合にどうすればいいかを解説しました。

FBA納品した商品が返品された場合は、再出品できるものとできないものがあります。

 

理由は様々ですが、コンディションが返品の理由に関係している場合は、基本的に再出品は不可能です。

そのため、いったん返送してもらい、コンディションチェックをしっかり行って、再出品すると良いでしょう。

 

この際、返品前のコンディションで再出品すると、運営から警告が来ることもあります。
※状況次第ではアカウントが停止する場合もあります

これを避けるためにも、検品した後に別のコンディションで販売するようにしましょう。

 

ちなみに、別のコンディションを選択した際に、値段が安くて赤字になる場合もあります。

その際は、リサイクルショップやメルカリ等の販売先で、改めて販売することをオススメします!

最新情報をチェックしよう!