メルカリでお金の出品はできる?OK例とNG例を紹介!

「メルカリでお金の出品はできない?」

「メルカリでお金の出品をするには?」

この記事は、このような悩みを解決しています◎

 

メルカリでは、さまざまなものが出品でき、実際に利用している人も多いです。

しかし、一部の商品は、出品が規制されているので、取り扱う場合は注意が必要です。

今回紹介するのは、お金が出品できるかどうかです。

 

めぐ
めぐ
古銭の出品を考えている人や、クオカードの出品を考えている人は、参考にしてくださいね◎

 

よくわかる解説

  • 現行で使えるお金は出品できない
  • 古銭は状況次第では出品できない
  • クオカードの出品は可能

メルカリでお金の出品はできない!その理由とは?

メルカリでは、原則としてお金の出品を禁止しています。

以前、規制される前は、3万円札が35,000円で出品されていたことがあります。

「なんでお金を出品する必要があるの?」という人のために、簡単に解説しておくと、現金化できるからです。

 

出品している人は、現金化を手助けする人です。

例えば、35,000円で販売されている1万円札×3枚をクレジットカードで購入するとします。

その場合、販売者は手数料を差し引いて、2,000円程度手元に残ります。

 

現金を購入した人は、現金書留にて現金が送られてくる仕組みです。

しかしこれは、貸金業法によって規制されており、マネーロンダリングに該当する行為です。

 

 

ネットで、「クレジットカード現金化」と調べると出てくるものは、かなりグレーな運営をしています。

貸金業法で規制されているのは、「クレジットカード枠をそのまま現金化する行為」です。

しかし、クレジットカードを現金化できるサービスでは、以下のような形で運営されています。

 

クレジットカード現金化サービスの実態

  1. 指定商品を選んで購入する
  2. 商品購入後サイトで買い取りに出す
  3. 一定の還元率で現金化する

 

一度商品を買わせて、その商品を買い取りする形をとっているので、貸金業法には抵触しないという認識です。

メルカリでも話題になっていないだけで、別の手法で現金化している人はいます。
(還元率が高い商品を購入させて現金化する)

このようなことから、メルカリでは、直接お金を販売して、書留で送るような行為は禁止されているわけです。

金券類の出品Q&A!お金以外にメルカリで出品できない商品はある?

メルカリでは、お金の出品が禁止されています。

しかし、それ以外にも、出品できない金券類があるので、Q&A方式で紹介していきますね!

実際に紹介するのは、以下のとおりです。

 

金券類のQ&A一覧!

  • クオカードの出品はできる?
  • 切手は出品できる?
  • テレホンカードは出品できる?
  • オンラインギフト券は出品できる?
  • 図書カードは出品できる?
  • 古銭は出品できる?
  • 現金類は出品できる?

 

懸賞や忘年会で当選したクオカードは、使わないことが多いです。

そういうときは、メルカリに出品するのもありですよ◎
(規制されていないので普通に出品できます!)

クオカードの出品はできる?

QUOカードは出品可能ですか?
A.出品できます

「QUOカード」は、メルカリで出品いただくことが可能です。
出品方法に問題がある

事務局で不適切と判断した場合は、削除等の対応をする可能性もありますので、ガイドにあるルールとマナーを確認のうえご出品ください。

引用:メルカリガイド(金券類の出品可否について)

 

クオカードはメルカリの規約にあるように、出品が可能です!

懸賞や忘年会で当たったもので、使う機会がないなら、出品するのもありですよ◎

ただし、運営が不適切と判断した場合は、出品が取りやめになる可能性があるため注意しましょう!
(具体例を紹介すると以下のとおり)

 

メルカリで出品が取りやめになる事例

  • クオカードのみを大量に出品している
  • 高額なクオカードのみを出品している
    →現金化と勘違いされるケースがある
  • 相場以上の価格で販売した
    (例:5,000円分のクオカード→7,000円で販売)

 

基本的に、現金化と疑われるような行為をした時点でアウトです……。

そのため、クオカードを販売する場合は、ほどほどにしましょう!

切手は出品できる?

切手は出品可能ですか?

A.出品できますが、場合によっては出品できないものがございます。

下記の切手については出品可能です。

  • 単位が銭/圓の切手
  • 外国切手
  • 使用済みの切手

注意点としては、単位が「円」の切手は出品できません。すでに切手が貼ってある切手帳やキャラクター切手に関しても出品は禁止しております。

引用:メルカリガイド(金券類の出品可否について)

切手は、現金化の可能性があるため、一部の商品のみしか販売できません。

メルカリで出品できるのは、現行で使用できないものに限ります。

それ以外の切手は、基本的に出品できないので 注意しましょう!

 

出品しがちなものの例を紹介すると、以下が挙げられます。

 

出品する可能性がある切手関連の商品

  • 切手シート
  • キャラクター切手
  • 切手帳

 

これらの商品は、いずれも出品ができません。

ただ、現行で使用できないような切手や、コレクション性が高いようなものは出品可能です。

 

お正月などで、年賀状のお年玉キャンペーンで、切手シートをもらう人もいると思います。

犯罪ではありませんが、出品はできないので注意しましょう!

テレホンカードは出品できる?

テレホンカードは出品可能ですか?

A.出品できます。

「テレホンカード」は、メルカリで出品いただくことが可能です。

引用:メルカリガイド(金券類の出品可否について)

 

テレホンカードは、メルカリで出品が可能です!

実際、テレカはコレクション性が高いことから、せどりに使っている人も少なくありません!

世代ではない人からすると、「何に使うの?」という人も多いと思います。

 

 

基本的に売れているのは、レトロの限定テレカです!

テレホンカードは、本来電話ボックスで使用するもので、45分~60分ほど電話ができます。

しかし、通常の用途で使っている人は少なく、昔からコレクションアイテムとして人気があります。

 

ヤフオクなど安く仕入れられることから、せどりにも使える商材です!

オンラインギフト券は出品できる?

オンラインギフト券は出品可能ですか?

A.出品できません。

「オンラインギフト券」につきましては「禁止されている出品物」に該当しますので、出品を禁止しています。

引用:メルカリガイド(金券類の出品可否について)

メルカリでは、オンラインギフト券の販売は禁止されています。

基本的に、形がない商品は販売できません。

具体例を挙げると、以下のとおりです。

 

メルカリで販売できない金券一覧

  • Amazonギフト券
  • iTunesカード
  • チャージ済みのプリカ
    (例:Suica,楽天Edy,nanaco)

 

このように、現金化が可能な商品は基本的に販売できません!

また、ソシャゲのアカウントなども販売できないので、注意しましょう。

図書カードは出品できる?

図書カードは出品可能ですか?

A.出品できます。

「図書カード」は、メルカリで出品いただくことが可能です。
※新型コロナ対策で配布された「大阪府の2000円図書カード」については出品を禁止しております

引用:メルカリガイド(金券類の出品可否について)

クオカード同様に、メルカリでは図書カードの出品ができます。

図書カードは、何かと使い道がありませんからね……。

そのため、メルカリに出品するのもありです!

 

しかし、国から配布された図書カードの出品は禁止されています。

具体例を挙げると、感染症時に配布された、大阪の図書カードが挙げられます。

ちなみに、出品してしまうと、規制されるので注意しましょう!

古銭は出品できる?

古銭は出品可能ですか?

A.出品できません。

ただし、下記については出品可能です。

  • 百円札
  • 天保通宝/小判などの古銭

引用:メルカリガイド(金券類の出品可否について)

メルカリは、古銭の出品ができないようになっています。

しかし、「古銭」で調べると、以下のように商品が出てきます。

 

 

販売できるのは、あくまでも”現行で使えない古銭”のみです。
(100円札は別)

出品されているものを見ても、小判や寛永通宝などの昔のお金ばかりです。

 

 

ただ、100円札に関しては、原則現行として使えるお札です。

それでも、コレクション扱いされていることから、メルカリに出品できます。

実際に、古銭として価値がついているため、転売に使われることもあります。

 

めぐ
めぐ
家に100円札があるなら、メルカリに出品してみるといいかもしれません!

現金類は出品できる?

現金類は出品可能ですか?

A.出品できません。

「現金類」はメルカリでは、「禁止されている出品物」に該当しますので、出品を禁止しています。日本の紙幣/貨幣や硬貨、海外の紙幣に関しても該当します。
ただし、下記については出品可能です。

  • 海外硬貨
  • プルーフ硬貨/ミント硬貨

引用:メルカリガイド(金券類の出品可否について)

メルカリでは、基本的に現金の販売が禁止されています。

現行で使える日本紙幣や硬貨、海外の紙幣は使用できません。

しかし、現行で使えないような現金であれば、販売が可能です。

 

具体例を挙げると、以下のとおり。

 

お金でもメルカリに出品できる例の商品

  • 海外硬貨
  • プルーフ硬貨
  • ミント硬貨

 

いずれもコレクション性がある商品なので、現金というよりは”コレクターアイテム”という認識です。

実際プルーフ硬貨は、価格帯が高いことから、仕入れている人も少なくありません。

 

 

プルーフ硬貨とは、造幣局が販売している未使用の硬貨のことを指します。

記念硬貨として限定品として販売されるため、一部は高値で取引されています!

ヤフオクやネットショップなどで、簡単に仕入れられる商品なので、積極的に仕入れていきましょう!

補足:海外紙幣でも販売できるもの

メルカリでは、海外紙幣は原則販売できません。

しかし、現行で使用できないような紙幣は販売可能です。

例えば、以下の紙幣。

 

 

こちらは、ジンバブエで以前使われていた紙幣です。

スーパーインフレが発生し、一時期は10億ジンバブエドル、100億ジンバブエドル、200億ジンバブエドルが発行されました。
(現在は経済緩和により別の紙幣が発行)

そのため、記念紙幣の一つとして取り扱われています。

 

このような紙幣なら販売が可能ですが、ドル紙幣やポンド紙幣などは出品できないので注意しましょう!

メルカリで削除対象になる現金の例を紹介!<出品できない>

メルカリでは、一部のお金が出品できません。

当然、日本で流通している硬貨や紙幣は出品できませんが、以下のお金も出品できないので注意しましょう!

 

メルカリで出品できないお金一覧

  • 現行で流通している通貨
  • 古銭で使えるもの

 

特に気を付けたいのが、古銭です!

古銭は、一部の商品以外は基本的に出品できないので注意しましょう!

現行で流通している通貨

メルカリでは、現行で流通している通貨の販売はできません。

具体例を挙げると、以下のとおりです。

 

メルカリで出品できないお金一覧

  • 紙幣
    (例:1万円札、5,000円札、1,000円札、2,000円札)
  • 硬貨
    (例:500円玉、100円玉、10円玉、5円玉、10円玉)

 

これらの通貨は、基本的に出品ができないので要注意です!

どれも、マネーロンダリングに抵触する可能性があり、出品直後に削除されてしまいます。

また、上記の通貨と同等の価値がある記念硬貨の販売も禁止されています。
(例:1万円硬貨、5,000円硬貨、2,000円硬貨など)

 

いずれも商品も、使おうと思えば店舗で使用できます!

金銭価値がある点もそうですが、偽通貨を製造する目的でも購入される恐れがあるので、厳しく規制しているとのこと。

 

めぐ
めぐ
記念硬貨は、希少価値が高いので、仕入れる人も多いです!少なくとも、メルカリでは出品できないので注意しましょう!

古銭でも使えるもの

メルカリでは、古銭で使えるものの出品が禁止されています。

複数の商品がありますが、具体例を挙げると、以下のとおりです。

 

メルカリで出品できない古銭

  • 旧紙幣全般
  • 500円札
  • 旧500円硬貨

 

この辺の古銭は、いずれも現行で使用できます。

また交換しようと思えば、銀行に持っていけば、現金と交換してくれます。

ただ、以下の古銭はメルカリでも出品できるので安心しましょう!

 

【メルカリで出品できる古銭】

  • 100円札
  • 寛永通宝、文久永宝などの古銭
  • 大判、小判

 

100円札に関しては、唯一現行で使える紙幣です。

それ以外の通貨は、金融価値がないので、支払いには使用できません。

そのため、メルカリにお金を出品するときは、お金としての価値があるかどうかで判断しましょう。

まとめ

メルカリでは、原則としてお金の出品ができません。

そのため、現金をメルカリに出品するのはやめましょう!

ただ、一部のお金や金券は出品できます。
(具体的には以下のとおり)

 

メルカリで出品ができお金・金券一覧

  • クオカード
  • 図書カード
  • 100円札
  • 寛永通宝、大判・小判など

 

金銭的な価値を要しないものや、クオカード・図書カードは出品が可能です!

そのため、処分したい人は出品を検討するとよいでしょう◎