メルカリでいいねだけつけて買わない人の心理と対策を紹介!

「メルカリでいいねだけする人の心理は?」

「メルカリでいいねだけされて買わない場合の対策はある?」

この記事は、このような悩みを解決しています。

 

メルカリには、いいね機能が存在します。

こちらの機能は、商品の検討に使ったり、同じ商品で価格を比較したりするときに便利です!

しかし、セラーの立場になると、いいねだけが増えて商品を買わないと鬱陶しく感じます……。

 

めぐ
めぐ
今回は、いいねをして商品を買わない人の心理を紹介しつつ、対策を紹介しますね!気になる人は参考にしてくださいね◎

 

よくわかる解説

  • いいねをしている人は購入を検討している可能性がある
  • 値下げをして売れやすくする
  • 再出品をするのも方法の一つ

メルカリでいいねをする人の目的は?

メルカリのいいね機能は、さまざまな目的で使用します。

個人的には、以下の目的で使っている人が多い印象です。

 

メルカリでいいねをする人の目的

  • 購入を検討している
  • 別の商品と比較している
  • とりあえずいいねを付けている

 

僕もすることですが、メルカリでいいねをする際、購入検討の目的でしています!

ほしい商品があって、悩む期間が欲しいときは、別の商品と比較する意味でもいいねをします。

数日たってほしかったら、そのまま購入するような流れです!

 

めぐ
めぐ
なぜいいねをされた商品を買わないのか気になるなら、自分の立場になって考えるとよいでしょう!

購入を検討している

個人的に、メルカリはSNSと融合したECサイトだと思っています。

CtoC取引のもとで成り立っており、いいねやコメントはフリマアプリ特有の機能です。

ただ、セラーからすると、商品にいいねを付けることに対して理解できない人も多いと思います。

 

しかし、僕もよくよく考えると、買わない商品にもいいねをつけています。

理由は、”購入を前向きに検討しているから”です。
(そもそも検討しないといいねはしません!)

 

そのため、メルカリでいいねだけついて商品をユーザーが買わない場合は、検討段階にあることも視野に入れましょう!

アクションを起こすにはまだ早いので、様子を見ることが重要です◎

別の商品と比較している

メルカリには、さまざまな商品が販売されています。

ゲームカテゴリで例を挙げると、以下のような商品が挙げられます。

 

ゲームカテゴリの商品例

  • ゲームソフト
  • ゲーム機本体
  • コントローラー(アクセサリー類)

 

また、さらに細分化すると、ゲームソフトでもハードによって詳しく分類されます。

当然、同一の商品も販売されており、少しでも安く購入しようと検討する人も少なくありません。

 

 

例えば、こちらの商品。

同じゲームソフトがそれぞれ販売されていますが、価格が商品によって異なります。

この商品が欲しい場合は、取り合えず同じ商品にいいねを付けて、商品を比較していきます。

 

 

いいね一覧は、マイページから確認可能で、価格の比較が可能です。

それにいいねをしていると、値下げをしたときに通知が飛ぶシステムです。

そのため、商品の購入を検討している人がいれば、値下げ次第では商品を購入してくれるかもしれませんよ!

とりあえずいいねを付けている

メルカリでいいねを付ける人は、”とりあえず”いいねを付けている可能性があります。

僕はそこまでメルカリを私用で利用することはありませんが、スタッフに使っている人がいるので話を聞きました!

すると、以下の目的でいいねをすることがあるようです。

 

メルカリでいいねをする理由

  • 購入意欲はないけどいつかほしいから
  • お金があればほしいから
  • 前向きに検討してほしかったら買うから

 

「この商品を買う!」「ほしい!」などの目的でいいねをするのではなく、単純にいいね!と思っていいねを付けているだけです。

このユーザーの場合、そこまで購入意欲がないので、スルーの対象になります。

 

将来的に購入する可能性があっても、それが1週間後なのか半年後なのかはわかりません。

このような人からいいねを集めたとして、購入につながらないので、無駄になってしまいます……。

まさに、いいねだけをして商品を買わない、厄介なユーザーです。

メルカリでいいねばかりで買わない!商品が売れる対処法を紹介!

メルカリに商品を販売して、いいねだけがついてユーザーが商品を買わない場合は、しかるべき方法で対処しましょう!

主な対処法は、以下のとおりです。

 

いいねだけついてユーザーが商品を買わないときの対処法

  • 無理ない範囲で値下げをする
  • 相場を見直す
  • 再出品する

 

このように、複数の対処法があります。

特に、メルカリには少しでも商品を安く購入しようと、値下げをしてくる人が多いです。

利益になる範囲なら、多少の値下げには応じていきましょう。

無理ない範囲で値下げする

メルカリでいいねばかりついて、ユーザーが商品を買わない場合は、無理ない範囲で値下げしましょう。

値下げは、商品の利益が下がってしまうので、応じたくないのが本音だと思います。

しかし、メルカリはほかの販売先に比べると、値下げ交渉前提で話を進めてきます。
(人によっては以下の態度をとってくる人も……。)

 

メルカリで値下げをしてくる人の例

  • 値下げ前提で交渉してくる
    (例:○○円なら買いますがどうですか?)
  • 無理な値下げをしてくる
    (例:30,000円の商品→15,000円に値下げ)
  • 10円単位で値下げしてくる
    (例:30円ほど値下げしてもらえませんか?)

 

このように、謎な値下げ交渉をしてくる人がいます。

もちろん、応じれば売れる可能性があります。

ただ、変な交渉をしてくる人に応じてしまうと、高確率でトラブルになるので注意しましょう!

 

めぐ
めぐ
あくまでも、利益になる範囲での値下げが重要です!

相場を見直す

出品していいねばかりつく場合は、適切な相場ではない可能性があります。

そのため、一度相場を見直して、適切な値段で販売しましょう。

必要に応じて値下げをする必要がありますが、これも商品を売るためです。

 

 

コンサル生から提供してもらった画像では、いいね数が30件以上ついていることがわかります。

この商品の場合、ブランド品ということもあって、もともといいねがつきやすいです。

 

しかし、平均相場以上の値段で販売されているため、いいねだけがついて売れない状況が続いています。
(平均相場:30,000円台)

この場合、相場を少し見直して、値下げをしたら売れる可能性が高まります!

 

めぐ
めぐ
無理して下げる必要はありませんが、これも商品を売るためです!

再出品する

いいねが多い商品は、購入される可能性があります。

しかし、一向に購入する予兆がないなら、再出品をするのも方法の一つです。

再出品とは、一から商品を販売しなおすことを指します。
(具体的なやり方は以下のとおり)

 

メルカリで再出品する手順

  1. 商品説明文をコピーする
  2. 出品中の商品ページを削除する
  3. 新しく商品ページを立ち上げる
  4. 商品ページを作る
  5. 再度出品する

 

基本的には、この流れで進めていきます。

メルカリには、再出品機能は存在しないので、一度商品を削除しなければなりません。

その場合、以下のデメリットがあります。

 

【メルカリで再出品する際のデメリット】

  • いいねが消える
  • コメントが消える
  • 前のやり取りが削除される

 

再出品とは、一からのスタートを意味するので、いいねやコメントは消えます。

仮に、数十件のいいねがある商品でも、再出品をした時点で削除されるので注意しましょう。

 

しかし再出品をすると、商品が上位表示されるので、売れやすくなります!

いいねだけがついて、ユーザーがアクションを起こさず、商品を買わない場合は再出品して問題ありませんよ!

補足:再出品は商品を売るうえで効果的?

メルカリでは、商品が売れないときに再出品をします。

特に、いいねだけがついてユーザーが商品を買わない場合は、再出品も手段の一つです。

しかし、「再出品は本当に効果があるの?」と思う人もいると思います。

 

先ほども少し触れましたが、再出品は商品が売れやすくなります!

また、以下の理由から、いいねだけを付けて買わないユーザーに最適です◎

 

メルカリで再出品をするべき理由

  • 上位表示されて注目されやすくなるから
  • 別の人がいいねする可能性があるから

 

メルカリでは、商品情報を更新すれば、上位に行くような仕組みになっています。
(例:値段変更、タイトル変更など)

しかし、新規出品が最も優先されるため、上位表示をさせたいなら再出品したほうがよいです!

その際に、前の出品ではいいねをしなかった人からいいねをもらえる可能性もあり、流れからそのまま購入してくれるかもしれませんよ!

メルカリでいいねをして買わない人の心理を徹底解説!

メルカリには、いいねだけをして買わない人がいます。

このような人は、以下の心理が関係しています!

 

メルカリでいいねをして買わない人の心理

  • 値下げされるまで待っている
  • ほかの商品と比較している
  • いいねを付けたまま放置している

 

ユーザーの心理を把握しておくと、いいねをして買わない状況に陥ったときに、対策がしやすくなります◎

また、メルカリには、少しでも安く購入したいユーザーが多いので、様子を見ながら値下げをしていきましょう。

値下げされるまで待っている

メルカリでいいねを付けて、商品を買わない人は値下げを待っている可能性があります。

メルカリからの通知をオンにしていれば、値下げされたときに通知が行くような仕組みです。

この場合、購入意欲が強いユーザーなので、値下げをするだけで購入される可能性があります!

 

また、購入されなくても、以下のアクションに発展するケースが多いです!

 

値下げ後にあるアクション

  • コメントにて値下げ交渉
  • 取り置き・専用交渉

 

一度値下げをすると、次も値下げしてくれると思われているので、値下げ交渉をしてくる人もいます。

この場合、値下げをすれば商品が売れるので、交渉内容次第では値下げしましょう。

また、任意で取り置き・専用をすると、売れる確率をさらに上げられますよ!

ほかの商品と比較している

ほかの商品と比較する場合、メルカリではいいねを付けます。

僕は、商品を仕入れメインで使うので、あまりいいねを付けて様子をうかがうようなことはありません。

ただ、数日販売されていて、頻繁に値下げされている商品には、いいねを付けることがあります。

 

これには理由があり、以下が関係しています。

 

頻繁に値下げされている商品にいいねを付ける理由

  • 今後も値下げされる可能性があるから
  • 相場以下で販売される可能性があるから
  • 値下げしたタイミングで購入すれば利益になるから

 

僕の場合は、仕入れで使っているので特殊ですが、ほかのユーザーも少しでも安く購入したいという気持ちは同じです。

 

 

それに、いいねを付ければ、商品の比較ができますからね!

本当に欲しい商品なら、数日比較して様子を見て、値下げされないか待ちます。

そのため、あなたの商品がいいねだけされて購入されない場合は、この心理が関係しているかもしれません!

いいねを付けたまま放置している

メルカリでは、人によっていいねを付けたまま放置する人がいます。

この場合、ほかにいいねを付ける人とは少し異なりますが、以下の理由が関係しています。

 

いいねを付けたまま放置している理由

  • 商品を比較している段階で購買欲が失せた
  • メルカリをそもそも頻繁に利用していない
  • そこまでほしくないがいいねだけを付けている

 

あまりメルカリを利用しない人なら、いいねを付けて放置するのも理解できますね!

また、僕もよくあることですが、ほしい商品があったとして、何らかの理由で欲しくなくなったとします。

その際、僕はいいねを付けたままにしてしまい、いいね一覧がいつも増える始末です。
(時間があるときにコツコツ消していますが)

 

この場合、購入意欲がすでに失せている証拠です。

出品してから期間が経過していて、それでもいいねだけで売れない場合は、再出品しましょう!

まとめ

メルカリのいいね機能は、さまざまな目的で使われています。

セラーからすると、購買欲がある人からのアクションなので、大切にしていきたいところです。

しかし、いいねだけが増えて商品を買わない場合は、以下の対策をしましょう!

 

いいねだけが増えて商品を買わないときにしたい対策

  • 値下げをする
  • 交渉に応じる
    (例:値下げ交渉、取り置き交渉、専用出品など)
  • 再出品する

 

特に、値下げはいい判断だと思います。

また、どうしても売れない場合は、一度リセットをする意味で、再出品するのもありです!

 

めぐ
めぐ
再出品は、いいねやコメントの履歴が消えるため、状況を見ながらすることが重要です!