AmazonでPaidyが使えない!原因と対策を紹介!

「AmazonでPaidyが使えない原因は?」

「AmazonでPaidyが使えないときの対処法を知りたい!」

この記事は、このような悩みを解決しています♪

 

Amazonには複数の支払い方法が用意されており、活用している人も少なくないと思います。

そこで、唯一”後払い”として利用できるのが、Paidyです。

今欲しい商品でも、まとまった現金がないときにおすすめの支払い方法ですが、状況次第では使えないこともあるとか……。

 

めぐ
めぐ
今回は、Paidyが使えない原因と対処法について紹介します!後払いができなくて困っている人は、参考にしてくださいね◎

 

よくわかる解説

  • Paidyは残高が残っていると選択できない
  • 審査落ちすると利用できない
  • 別の支払い方法を利用するのも方法の一つ

AmazonでPaidyが使えない!その原因は?

Amazonには、複数の支払い方法があり、その一つとしてPaidyが存在します。

しかし、Paidyを選択しても、支払い方法として使えない場合は、複数の原因があります。

特に関係しているのは、以下のとおりです。

 

AmazonでPaidyが使えない原因

  • Paidyの支払いが残っている
  • 支払いが遅延して後払いがそもそも利用できない
  • Paidyが利用できない商品を購入している

 

Paidyは、Amazonだけではなく、ほかのプラットフォームでも利用が可能です。
(楽天、バンドルカードなど)

そちらで、支払いが残っている場合は、AmazonでPaidyを選択しても使えない可能性があるので、注意しましょう。

Paidyの支払いが残っている

Paidyは、Amazonだけの支払い方法ではなく、別のECサイトでも利用できる支払い方法です。

使える限度額は、アカウントによって異なり、Paidy支払いをしている人ほど、使える額が増えていきます。
(クレジットカードのような感覚です)

例えば、使える限度額が50,000円と設定されている場合、すべての支払いを総合して50,000円を超えると使えません。

 

ラクマでPaidyを30,000円分使った後に、Amazonで30,000円以上の支払いをしようとすると、使えない状況が起きてしまいます。

これは、Paidyが決めている限度額を超えた決済をしているからです。

 

この場合、支払いをすれば完結するので、以下の方法で対処できます。

 

Paidy支払いを使えるようにする対策

  • 前入金をして支払いを完結させる
  • 口座引き落とし日まで待つ

 

アカウントを使える状態にするには、残高を一度フラットにする必要があります。

支払いを完了させて、残高をゼロにしましょう!

 

めぐ
めぐ
残高以上の決済はできないので、その辺注意しながらPaidy支払いを選択したいところですね!

支払いが遅延して後払いがそもそも利用できない

Paidyは、クレジットカードのような感覚で使っている人も少なくありません。

基本的には、月末締めの翌月10日支払いがほとんど。
(土日祝などで左右されることもある)

Paidyの残高がある状態で放置すると、一時的にブラックリストに追加されます。

 

これは、コンサル生から聞いた話で、ラクマのPaidy支払いを忘れていて、15日ほど放置していたそうです。

メールで支払いを遅延していることに気付き、支払いを完了させたそうですが、その後しばらくはPaidyを使えなかったといっていました。
(具体的な期間はわかりませんが3ヵ月ほどは使えなかったとのこと)

 

そのため、AmazonでPaidyが使えない場合は、過去の遅延が関係しているかもしれません。

支払い実績によって使える限度額が変わるくらいですし、クレジット要素が強い支払い方法と考えれば当然のことです。

 

そのため、Paidyが利用できない場合は、一度過去に後払いを使ったことがないか、遅延していないかを確認しましょう!

Paidyが利用できない商品を購入している

Amazonには、Paidy支払いがそもそも使えない商品もあります。

支払い方法でPaidyを使おうと思っている人は、その商品がPaidy支払いに該当しているかどうか確認しましょう。

一応、以下はPaidy支払いが使えない商品です。

 

Paidy支払いが使えない商品

  • Amazonギフト券
  • 定期便
  • 1-Click注文(一部地域限定)
  • デジタルコンテンツ
    (例:サブスクサービス、曲など)
  • Amazonフレッシュの商品
  • プライムナウの商品

 

これらの商品は、どれもPaidy支払いが使えないので要注意です。

一方、通常の買い物であれば、基本的にPaidy支払いは利用できます。

Amazonフレッシュでは利用できませんが、食品などを購入する際に、フレッシュ便でなければ使用可能です。

 

めぐ
めぐ
そもそもPaidyが使えない場合を除けば、アカウントに異常があるのが原因です!

AmazonでPaidyを使うメリット3選!

AmazonでPaidyを使うと、さまざまなメリットがあります!

キャッシュがなくても購入できるのは、結構なメリットだと思うので、すぐにでも商品が欲しい人におすすめです◎

その他にも、Paidy支払いには以下のメリットがあります。

 

AmazonでPaidy支払いを使うメリット

  • 後払いにできる
  • 手元に現金がなくても購入できる
  • 仕入れにも役に立つ

 

数ある支払い方法があるなかで、Paidyは唯一の後払いができる決済方法です。

それ以外の支払い方法は、原則前払いです。

数ある支払い方法から、Paidyを選択するのはなにかワケがあると思うので、使うメリットを把握しておきましょう。

後払いにできる

AmazonでPaidy支払いを使うと、支払いを後払いにできます。

キャッシュやクレジットカードがあれば、その場での支払いができますが、余裕をもって支払いをしたいときに便利です。

具体例を挙げると、以下のときに使います。

 

Paidyを使うシーン

  • 趣味の支払いを後回しにしたい
  • 買える現金がないけど商品が欲しい
  • クレジットカードを持っていないけど後払いにしたい

 

Paidyは、18歳以上であればだれでも利用できます。

一方、クレジットカードは20歳以上からしか原則発行できないため、それまではPaidyで代用する人も多いです。

また、どうしても欲しい商品があったとして、手元に自由に使えるお金がない場合、Paidyを使うのもありです。

 

めぐ
めぐ
その代わり、後払いにしたときに支払えるあてがないと、支払いが遅延するので要注意です!

手元に現金がなくても購入できる

AmazonでPaidyを使えば、手元に現金がなくても購入できます。

そこまでギリギリの状態で、Amazonで買い物をするのもどうかと思いますが、これもメリットの一つです。

Paidyの支払いサイクルは、以下のようになっています。

 

Paidyの支払いサイクル

  • 締め日:月末30日・31日
  • 支払日:翌月10日

 

1日から30日・31日に使った金額を合算して、翌月の10日に支払うようなイメージ。

そのため、感覚はクレジットカードと変わりません。

普段、キャッシュレス支払いを使っている人で、手元に現金がない人もいると思います。

 

使えるクレジットカードがなく、Amazonで利用できる支払い方法がないなら、Paidy支払いを使いましょう!

支払いは、Paidyが指定する口座に入金するだけでOKです。

 

支払いもすぐ完結するので、おすすめの支払い方法ですよ!

仕入れにも役に立つ

せどりや転売をしている人は、Paidy支払いを使えば仕入れにも役に立ちます◎

Paidy支払いは、後払いにできる支払い方法で、手元に現金がなくても使用できます。

Amazonで仕入れをする際、価格差がある商品があれば、刈り取りという手法を使って、仕入れることが多いです。

 

ただ、Amazonでせどりをしている人は、仕入れ用のカードを持っていると思うので、Paidyを使って仕入れることはほとんどありません。

あるとすれば、以下のとおりです。

 

Paidyを使う理由

  • クレジットカードの限度額が達している場合
  • クレジットカードとPaidy支払いで分けたい場合

 

いちばんは、限度額に達しているときです。

そもそも、資金ショートしないように支払いをするのが原則ですが、初心者せどらーは仕方ありません!

手元に仕入れる現金がなく、それでも仕入れたいなら、Paidy支払いを使いましょう。

逆にPaidyを使うデメリットはある?

Paidy支払いには、メリットがありますがデメリットも存在します。

amazonでPaidyを使おうと思っているなら、デメリットも把握しておきましょう。

具体的なデメリットは、以下のとおりです。

 

AmazonでPaidyを使うデメリット

  • 支払いが遅れると止まる可能性がある
  • 支払いが承認されない場合はキャンセルされる

 

Paidyは、クレジットカードとほぼ同等のサービスです。

支払いが遅れると止まる可能性があるので、注意しましょう。

支払いが遅れると止まる可能性がある

Paidyは、後払い決済で、締め日に確定した金額を支払う必要があります。

この金額は、Amazon以外にもPaidyを使っていれば、そちらも合算して支払わなければなりません。

トータルで30,000円分使った場合は、翌月の10日の支払いになります。

 

Paidyは、支払える余力がある状態で使いましょう。

単に、「手元に現金がないから」という理由でPaidyを使って、支払日当日までに現金が用意できないと、支払いができません。

 

ちなみに、Paidyで支払いが遅延すると、以下のようなことが起きます。

 

Paidyで支払いが遅れたときに起きること

  • Paidyのアカウントの一時的制限
  • ほかのECサイトでPaidyが利用できなくなる
  • 催促の電話がかかってくる

 

最も警戒したいのが、Paidyの一時的制限です。

基本的に、支払いが1日遅延した時点で、どのECサイトでもPaidyが利用できなくなります。

支払いを完了させれば、24時間以内にアカウントの制限は解除されます。

 

ただし、支払いがあまりにも遅れると、しばらくPaidy支払いが使えない状況になるので注意しましょう。

3ヵ月以上遅れると、信用情報機関に情報が登録されて、ブラックリストに入るので要注意です。

支払いが承認されない場合は注文がキャンセルされる

Paidyは、金額によって支払いが承認されないケースがあります。

その場合、Paidy支払いを選択しても、使えないので注意しましょう。

支払いが承認されない原因はさまざまですが、以下が関係しています。

 

Paidy支払いで承認されないケース

  • 限度額以上の支払いをしようとしている
  • そもそもPaidyが利用できない商品
  • 残高不足
  • 前の支払いが残っている

 

このような状況だと、Paidy支払いが使えません。

ただ、Amazonの画面では、支払いが完了したという表示が出ます。

その状況で支払いが承認されないと、注文がキャンセルされるので注意しましょう。

 

よく、「Amazonで注文した商品が届かない」というトラブルを耳にします。

この原因の多くは、支払い方法が関係しています。
(Paidyもその一つです)

 

支払い完了画面に飛ぶと、商品が購入できたものだと勘違いしますが、実は支払いができていなかったケースです。

そのため、Paidyを使うときは、一度公式サイトにログインして、アカウント状況を確かめることをおすすめします。

まとめ

Paidyは、Amazonで使える唯一の後払い方法です。

後払いをすれば、余裕をもって支払いができるためメリットが大きいです。

 

しかし、Paidy支払いは、状況によっては使えないことも……。

特に、普段からPaidyを使っている人で、支払いに問題があった人は、Amazonで使えない可能性があります。

クレジットカード同様に、支払いが遅れた人には、それなりの対処をしますからね……。

 

過去に別のECサイトで、Paidyを使って支払いが遅延したり、トラブルを起こしたりした場合は要注意です。

Amazonだけではなく、どのECサイトでもPaidyが使えないので注意しましょう!