一番くじの転売は超稼げる!特に儲かる商品とまとめ買いの方法を紹介!

せどりで仕入れる商品は多く存在し、法規制や販売先の規約に違反していない商品なら、基本的にどれでも利益になります。

そこで、プレ値になりやすく、回転率が特に高いのが一番くじです!

 

「一番くじを使って転売するには?」

「一番くじを転売して利益になるの?」

 

たびたびネットで話題になることが多い一番くじですが、実は転売でかなり使える商品です。

商品1つあたりが爆益になる可能性があるため、転売で稼ぎたいと思っている人は参考にしてくださいね。

 

めぐ
めぐ
結論を少しだけ話すと、一番くじは人気のあるものしか売れません!何でも売れるとは限らないので、仕入れる際は要注意です!

 

よくわかる解説

  • 一番くじは人気のあるアニメ・漫画のものなら売れる
    (例:鬼滅の刃、ワンピースなど)
  • コンビニの値下げ品も仕入れ対象
  • 売れる商品が多く利益になりやすい

  • せどりの最新情報を発信!
  • 各種せどり攻略レポートの優先受取!
  • 超有料級MNPマニュアルプレゼント!

Twitterにて
マニュアル受け取りキーワード公開中!
※数に限りがございますのでお早めに!※
 

一番くじは転売に使える商品?

一番くじは、コンビニなどで販売されていることが多いです。

どのコンビニでも販売されていますが、販売ラインナップが、コンビニ別で異なるので注意しましょう。

一番くじで売れることが多いジャンルを、コンビニ別で紹介すると、以下のとおりです。

 

一番くじで売れる商品一覧(コンビニ別)

  • セブンイレブン
    →ワンピース、ドラゴンボール
  • ローソン
    →仮面ライダー、鬼滅の刃、アーティスト系
  • ファミリーマート
    →アーティスト系、美少女アニメ系

 

王道のくじを狙うなら、セブンイレブンかローソンですね!

どちらも、話題になる一番くじを販売しているので、利益になる可能性が高いです。

「ほんとに転売に使えるの?」と思う人がいるので、少しだけ市場の実態を紹介しますね!

 

 

こちらは、鬼滅の刃の一番くじのフィギュアです。

1回あたり700円で挑戦できるくじの上位賞が、1つあたり5,000円以上で販売されています。

運よく700円で引き当てれば、仕入れ値は700円です。

 

あとは、市場の相場に合わせて転売するだけなので、そこまで手間はかかりませんよ◎

ただ、ピンポイントで必ず仕入れられるとは限らないので注意しましょう。

一番くじを仕入れて転売するべき理由を3つ紹介!

一番くじは、転売の商材として使っている人が多く、メルカリを中心に商品が販売されています。

他にもせどりで取り扱う商品はありますが、一番くじをあえて転売するべき理由は、以下のとおりです。

 

一番くじを仕入れて転売するべき理由

  • コンビニで気軽に仕入れられる
  • 利益になる可能性が多い
  • 売れる商品が多い

 

僕も、一番くじを仕入れることがありますが、仕入れやすいというのは、最大の理由・メリットだと思います◎

希少性が高いフィギュアなどが、全国のコンビニで仕入れられるチャンスがあるわけですし、このチャンスをのがすわけにはいきませんよ!

 

めぐ
めぐ
一番くじは、トレンドせどりの一種です!仕入れ→即販売の流れを意識して商品を販売しましょう!

コンビニで気軽に仕入れられる

1番くじは、さまざまな場所で販売されています。

なかでも、特に多いのがコンビニです。

 

 

販売される商品によって、コンビニが異なるので、事前に調べておくとよいでしょう。

Twitterには、実際に1番くじを購入した人が、報告を挙げていました。

プライベートで購入している人がほとんどですが、一部は仕入れに使っている人もいます。

 

コンビニは、全国にありますし、どこにいる人でも均等に購入できるチャンスがあるのは、かなりのメリットだと思います。

転売で取り扱う商材は多く存在しますが、1番くじほど仕入れやすい商品はないと思います◎

 

家電やゲームなどに比べると、ある程度利益になる商品が決まっているため、事前に利益予測をしておくと、仕入れもスムーズですよ。

1番くじ転売は、スピード感が求められるので、事前に利益予測をしておくことをおすすめします。

利益になるケースが多い

一番くじは、ラインナップがくじによって異なります。

例えば、以前販売された鬼滅の刃のくじを例に挙げると、以下のようなラインナップでした。

 

 

A賞は富岡義勇のフィギュアで、B賞は炭次郎のフィギュアでした。

いずれも市場でプレ値になった商品で、一時期はセット販売で8,000円台で取引されていたこともあります……。

 

 

一番くじは、このように上位賞がプレ値になることはよくあります。

複数のラインナップがあるなかで、上位賞は1つの一番くじに数本しか当たりくじが入っていません。
(上記の商品の場合はA・B賞ともに2本しか入っていませんでした)

60本中4本しか入っていないということは、当選する確率は結構低いです。

 

そのため、商品に希少性が生まれて、利益になる可能性が高くなります。

売れる商品を仕入れて転売したいなら、一番くじを仕入れるとよいでしょう。

売れる商品が多い

1番くじは、基本的に回転率が高い商品を仕入れて販売するため、売れることが多いです。

商品を仕入れて転売すると、在庫になるケースがありますが、1番くじに関しては、定価割れすることはほとんどありません。

ただ、これは上位賞に限ります。

 

 

その他有象無象の、ストラップなどはまとめ売りで300円で販売されることもあります。

あなたが、1番くじを仕入れて利益を出したいなら、基本的には上位賞を狙っていきます。
(例:フィギュア、ぬいぐるみなど)

僕が、これまで1番くじを仕入れてきたなかでは、以下の商品が売れた印象でした。

 

1番くじで売れた商品一覧

  • フィギュア
  • ぬいぐるみ
  • 実用性のある商品
    (例:フライパン、ホットケーキプレートなど)
  • コスメ※一部の一番くじ

 

最も利益率・回転率が高いのは、フィギュアですね!

メルカリで売れ行きがよく、出品したら即売れする商品です。

 

 

このように、一番くじ関連のフィギュアが多く売れています!

一番くじで利益を出したいなら、とりあえず上位賞を狙うとよいでしょう。

  • せどりの最新情報を発信!
  • 各種せどり攻略レポートの優先受取!
  • 超有料級MNPマニュアルプレゼント!

Twitterにて
マニュアル受け取りキーワード公開中!
※数に限りがございますのでお早めに!※
 

一番くじ転売の具体的なやり方・コツを徹底解説!

1番くじは、上位賞が利益になるため、積極的に仕入れたいところです。

ただ、どうやって仕入れて販売すればいいのかわからない人も多いと思うので、具体的なやり方・コツを紹介しますね◎

少しでも、1番くじ転売で利益を出したい人は、参考にしてくださいね◎

 

1番くじ転売の具体的なやり方・コツ

  • ロット買いして商品を仕入れる
  • 販売店をハシゴして購入する

 

複数の方法がありますが、確実に仕入れたいならロット買いですね!

最近では、コンビニやゲームセンターで気軽にロット買いできる時代になったので、1番くじ転売でも稼ぎやすいと思います◎

 

めぐ
めぐ
自分に合った仕入れ方を見つけて、1番くじを仕入れていきましょう!

ロット買いして商品を仕入れる

確実に、一番くじを仕入れたいと思っているなら、ロット買いがおすすめです。

ロット買いとは、まとめ買い・卸買いとも言われている手法です。

コンビニなどで販売されている一番くじは、基本的にロット単位で購入しています。

 

A賞~F賞までが60個入ったものを1ロットとし、来客率によってどのくらい仕入れるか、そもそも仕入れないかを判断しています。

しかし、これはお店だけではなく、個人でも発注可能です!

 

ロット買いする具体的な方法は、以下の二つです!

 

ロット買いする方法

  • コンビニで直接注文する
  • ネットで注文する※卸サイト、楽天など

 

最もベーシックなのは、コンビニで直接注文するパターンです。
※詳しいロット買いの方法は後述します

最近では、店舗で簡単にロット買いができるようになったようです。

 

 

このように、販売日が掲示されて、価格が書かれています。

お店も、一度に在庫を処分できるので、メリットが多い販売手法です。

また、ロット買いは楽天などのECサイトでも可能です。

 

 

「一番くじ ロット」で調べると、多くの商品が出てきます。

価格が上乗せされているものもありますが、卸業者が販売している場合は、定価とほぼ変わらない価格で販売されているため、仕入れましょう!

 

販売店をハシゴして購入する

1番くじは、人気のあるものだと、店頭から即売り切れます。

以前、鬼滅の刃のフィギュアが販売されたときは、あまりにも多くの人が購入するため、販売規制されたほどです。

 

 

僕も娘と並びに行きましたが、1人あたり5個しか購入できませんでした。

仕入れ分はロット買いしたので問題ありませんが、おそるべし鬼滅の刃人気ですね…。

詳しい内容は後述しますが、娘は一発で当てていました!

 

結構運がよいほうなので、当てる気がしていましたが、毎回当たるわけではありません。

当たらなければ、当然商品を仕入れられないので、ハシゴして商品を仕入れましょう。

 

 

一番くじを販売している、バンプレストの公式サイトでは、販売店情報が公開されています。

事前にチェックしておくと、ハシゴして回りやすくなるのでおすすめですよ◎

 

・関連ページ>>>バンプレスト一番くじ俱楽部

一番くじをロット買いする前に用意しておきたい準備を徹底解説!

あなたが、一番くじをロット買いしようと思っているなら、事前にしておきたい準備があるので、しっかり把握しておきましょう。

一番くじは、ロット買いしたほうが利益になりますが、なかには購入できない店舗があります……。

 

このミスマッチを避けるためにも、事前に以下の準備が必要です!

 

ロット買いで必要な準備

  • 予約できる一番くじの種類を確認する
  • 予約できる店舗・サイトを探す
  • 予約ができない店舗・サイトについて把握しておく
  • 予約ができる期間を把握する
  • 流れを踏まえて一番くじを予約

 

これらの準備をしておけば、無理なくロット買いが可能です!

仕入れに使おうとしている店舗が、事前にロット買いに対応しているかどうか把握してから、仕入れるとよいでしょう。

予約できる一番くじの種類を確認する

まず、ロット買いをする際は、予約が可能な一番くじの種類を把握しなければなりません。

ゲームセンターやコンビニなどは、一番くじの提供元であるバンプレストから直接購入していますが、個人の場合はよほどなパイプがない限りは、直接仕入れができません。

 

取り扱っているくじの種類も違うため、予約する前にラインナップを確認しておきましょう。

ちなみに、一番くじの種類は大きくわけて以下のとおりです。

 

一番くじの種類

  • 一番くじ→予約可能
  • 一番くじプレミアム→予約可能
  • アミューズメント一番くじ→予約不可

 

一番くじ・一番くじプレミアムに関しては、さまざまな店舗で販売されているくじであり、ロット買いの対象商品です!

しかし、アミューズメント一番くじに関しては、特定の施設のみで販売されるくじのことを指します。
(例:ゲームセンター、ショッピングモールなど)

 

 

販売ラインナップは、通常のくじほど多くありませんが、1回あたりの料金が高め……。

ワンピースのアミューズメント一番くじは、1回5,000円で販売されていました。

 

 

確実にフィギュアが手に入る点は魅力的ですが、リセールストア・二次流通では売れていないので、仕入れないようにしましょう!

話を戻すと、一番くじはアミューズメント景品以外はすべて予約が可能です。

 

 

ただし、人気景品になると個数制限があるため、そもそもロット買いできない可能性があります。

これを避けるためにも、確実に予約できる一番くじのみをピックアップして仕入れるとよいでしょう。

予約できる店舗・サイトを探す

一番くじを販売する店舗・サイトは多く存在します。

ロット買いする際は、くじの予約ができる店舗・サイトを探す必要があります。

 

今までロット買いをしてきたなかでは、以下の店舗が対応していました!

 

ロット買いの予約ができる店舗

  • 各種コンビニ
  • ゲームセンター
  • 本屋(一部)
  • ホビーショップ
    ※ショッピングモールなどがベスト

 

個人的にしやすかったのは、コンビニですね!

店員さんと仲良くなっておけば、余分に一番くじを発注してもらえるので、気軽に予約が可能です。

 

ただし、店舗によって取り扱いラインナップが異なります。

一番くじが販売される前は、バンプレストの公式サイトで商品のラインナップが確認可能です。

 

 

販売2週間前になると、くじを取り扱う店舗が確認できます。

設置店舗情報をもとに、ロット買いする店舗を決めていきましょう。

 

 

店舗を把握したら、販売前日までに店舗に行き予約するのみです!

電話での予約も対応しているので、そちらを利用するのもよいでしょう。

 

めぐ
めぐ
ロット買いできる店舗を見つけたら、あとは予約するのみ!交渉次第では、定価で購入できるので、積極的に交渉しましょう!

予約ができない店舗・サイトについて把握しておく

ロット買いですが、店舗やサイトによっては一切NGの場合があります。

これは、店舗独自で決めているルールであり、必ずしも禁止されているとは言い切れません。

 

ちなみに、僕が一番くじをロット買いする際ですが、あらかじめ主要のコンビニでロット買いができるかどうか確認しています!
(例:セブンイレブン、ファミマ、ローソン)

こればかりは、店舗に聞くほか方法はないので、何度かコンビニに通って顔を覚えてもらいましょう!笑

 

店員さんから覚えてもらったら、ロット買いの話を持ちかけるのみです。
※結構成功するのでおすすめです!

ただ、ロット買いをする際は注意点がいくつかあります。

 

ロット買いをする際の注意点

  • 購入前提で予約する必要がある
  • 前金が必要な場合がある
  • 状況次第では発注書にサインをする必要がある

 

僕が初めてロット買いをしたときは、いくら信頼がある店舗とはいえ前入金が必要でした!

一番くじにもよりますが、1ロットあたり5~6万円が相場なので、その半額の2.5~3万円程度を前金として預ける必要があります。

 

これは、店舗のドタキャン対策の一つです。

余分にロットを確保したら、その分多く販売しなければなりませんし、ドタキャンされたら困るわけです。

 

 

売れ残り商品は、このように店舗で通常販売されます。

そのため、予約できる店舗かどうか確認して、予約ができる場合は店舗が指定する条件に、すみやかに応じましょう!

予約ができる期間を把握する

一番くじですが、予約できる期間がある程度決まっています。

これは、よくロット買いをするコンビニの店長に聞いた話ですが、新しいくじの販売は2ヵ月サイクルになっているとのこと。

 

仲良くなれば、そのサイクルまで教えてくれるため、予約しやすくなります!

具体的な例を挙げると、以下のようになります。

 

一番くじのサイクル例

  1. 1月1日:3月分販売予定のくじの詳細が出る
  2. 1月10日~15日まで:①のくじの発注数を決める
  3. 2月1日:4月分の販売予定のくじの詳細が出る
  4. 2月10日~15日まで:③のくじの発注数を決める
  5. 3月1日:①のくじが入荷

 

販売店舗が確定するのは2週間前ほどですが、あくまでもリーク情報にすぎません。

仕入れる店舗からすると、2週間前に発注ロット数を決めるのは不可能に等しいそうです。

 

遅い店舗でも販売1ヵ月前には、発注書が届くため、バンプレの公式サイトを見ながら、ラインナップを確認しましょう。

過去の販売店舗から、取扱店舗を推測して、予約するのもありです。

 

めぐ
めぐ
ちなみに、前日にロット予約をする人がいますが、断られる可能性が高いのでおすすめできません!

流れを踏まえて一番くじを予約

ロット買いできるくじと予約できる店舗が見つかったら、ロット買いをしましょう!

この段階では、予約までしかできませんが、完了したら100%ロット買いが可能です。

 

僕の場合は、普段仕入れる店舗が決まっているため、ラインで発注予約をすれば問題ないです…。

 


※掲載許可はいただいています

 

こちらが、店長とのラインですが、しっかり発注してくれました!

ただ、初回予約の場合はここまで親密になれないと思うので、各種店舗に出向き

 

「一番くじをまとめて予約したいんですが大丈夫ですか?」

 

と聞きましょう!

ロット買いに対応している店舗であれば、快く受け入れてくれます。

 

前入金が必要な場合があるので、余分にお金を持っていくとよいでしょう。

また、初回発注の場合は、名前・電話番号などの個人情報が必要になるため、そちらも合わせて用意しておくと吉!

 

予約が完了したら、あとは受け取るのみです!

  • せどりの最新情報を発信!
  • 各種せどり攻略レポートの優先受取!
  • 超有料級MNPマニュアルプレゼント!

Twitterにて
マニュアル受け取りキーワード公開中!
※数に限りがございますのでお早めに!※
 

一番くじ転売で稼ぐコツを3つ紹介!

一番くじは、ロット買いすれば稼ぎやすくなるのは事実です。

しかし、ロット買いした商品でも、販売タイミングなどを間違えると、うまく利益が出せない可能性があるため、注意しましょう。

 

仮に、あなたが一番くじの転売で稼ぎたいと思っているなら、以下のコツを意識しましょう。

 

一番くじ転売で意識したいコツ

  • 仕入れたらその日に売り切る
  • 売れる商品を見極める
  • 無理にくじを引き続けない

 

これらを意識して販売すれば、一番くじ転売でも利益が出しやすくなりますよ。

特に、一番くじはトレンドせどり要素が非常に強い商品なので、スピード感のある販売を意識しましょう!

仕入れたらその日に売り切る

一番くじを仕入れに利用している人は多く、市場は過密状態になることがあります。

ロット買い・まとめ買いをして、安定して転売している人もいれば、くじを実際に購入してから販売する人もいます。

仮に、上位賞を引き当てたり、ロット買いの商品を販売する場合は、スピード感のある出品を心がけましょう。

 

というのも、一番くじが販売された直後は、市場に多くの商品が販売されるからです。

例えば、メルカリで「一番くじ」と単体で検索すると、以下の商品が出てきました。

 

 

ツイステと呼ばれるスマホゲームの一番くじが、大量に販売されており、どれも売れ残っていました。

こちらは3月20日に販売されたくじで、検索した時の日付は3月31日です。

販売から11日経過して、かなりの数売れ残っているわけです。

 

 

販売が開始した当時は、売れている商品も多かったですが、当時の値段で売れている商品はありません。

詳しくは後述しますが、基本的に一番くじで仕入れた商品は、数日で価格変動します。

 

需要過多の状況から、供給過多の状況に代わることもあり、大量に商品が売れ残るので要注意です。

そのため、できる限り商品を販売する際は、スピード感のある販売を心がけましょう。

売れる商品を見極める

一番くじで稼ぎたいと思っているなら、売れる商品を見極める必要があります。

商品を見極めないと、うまく利益が出せませんし、最悪の場合普通に在庫になるので注意しましょう。

一番くじで売れる商品は決まっており、基本的には人気漫画・キャラクターのくじが、プレ値になる印象です。

 

過去に販売したなかで、プレ値で売れたもの・プレ値になったものを紹介すると、以下のとおりです。

 

過去にプレ値になった一番くじシリーズ

  • ワンピース関連全般
  • ドラゴンボールシリーズ
  • 鬼滅の刃関連全般

 

基本的には、この三強ですね!

少年漫画系の一番くじは、老若男女問わず人気がありますし、市場ではプレ値になる可能性が高いです。

上位賞の場合は、特にプレ値になるので積極的に仕入れたいところ。

 

 

こちらは、ワンピースの一番くじで販売されたものです。

2020年8月に販売されたくじですが、1個あたり17,500円で売れています。

1回あたり680円で引けるくじだったので、一発で当てれば爆益が期待できる商品でした。

 

めぐ
めぐ
売れる一番くじを見つけたいなら、販売日前にTwitterなどで情報を調べるのもありですよ!

無理にくじを引き続けない

1番くじはたしかに転売に使えるため、積極的に仕入れてほしい商品です。

ロット買いをする場合は、くじを店頭で引くことなく、そのまま販売すればよいだけです。

しかし、普通にくじを引いて仕入れる場合は、運に身を任せなければなりません。

 

 

このような上位賞を仕入れられれば、利益になります。

しかし、毎回このようなくじが出るとは限りませんし、60~80個商品があるなかで、6個しかないため当選確率はかなり低め。

正直、上位賞以外の商品を仕入れても、利益にはなりません。

 

 

このように、有象無象の商品を仕入れたところで、損するだけです。

そのため、店頭で実際にくじを引いて商品を仕入れる場合は、無理にくじをひくのはやめましょう。

1回あたり、680円~700円程度で引けるので、回数を決めておくとよいでしょう。

 

また、一番くじによっては、在庫が残っているものもあります。

例えば1回680円のくじが、60個中30個余っているとします。

その際の内訳が、以下のケースなら、すべて仕入れてもよいかもしれません。

 

【パターンAのくじの内訳】

  • A賞:1枚
  • B賞:2枚
  • C賞:1枚
  • その他:26枚
  • ラストワン賞:1枚

 

相場によって異なりますが、上位賞がフィギュアだった場合、1個あたり5,000円以上で売れる可能性があります。

ラストワン賞なら、商品によっては7,000円以上で売れるケースも珍しくありません。

 

A~C賞をすべて5,000円で売却した場合は、その時点で20,000円です。

一番くじの購入価格が、トータルで20,400円なので、この時点でプラスになる可能性が高いです。

その他の有象無象の景品を販売しつつ、ラストワンを販売すれば、利益になりますよ◎

 

市場の相場を把握してから仕入れる手法ですが、個人的には結構おすすめです!

一番くじを転売する際の注意点を徹底解説!

1番くじが転売で売れることは事実で、多くの人が仕入れています。

しかし、1番くじを転売する場合は、注意したいことがそれぞれあるので、しっかり把握しておきましょう。

具体的な注意点は、以下のとおりです。

 

1番くじ転売の注意点

  • 数日で価格変動する
  • すべてのくじが売れるわけではない
  • 販売には古物商許可証が必要

 

前述したように、一番くじは価格が変動しやすく、すぐに価格が下落するので、スピード感のある転売をしましょう!

 

めぐ
めぐ
即転売すれば、プレ値で売れる可能性も高まりますよ!

数日で価格変動する

一番くじですが、価格変動が激しく、基本的に数日で価格が下落します。

早い商品は、販売日当日に価格が下落するので、注意しましょう。

 

 

例えば、鬼滅の刃のこちらのフィギュア。

メルカリでは約4,000円で販売されており、上位賞の割にはあまり高くない相場です。

リサーチしたのは2021年3月31日で、フィギュアが販売されたのは、2020年10月でした。

 

約半年が経過した時点での相場ですが、販売された当時は10,000円台で取引されていたこともあります。

 

 

半年でここまで下落しますが、実は販売から1週間で価格が下落していました。

一番くじは、どの人気賞でも以下の理由から、値下がりすることが多いです。

 

一番くじが値下がりする理由

  • 多くの人が販売するから
  • 値下げ合戦が起きるから
  • 需要がなくなり購入する人が減るから

 

そのため、できる限り価格が維持されている状態で、販売することをおすすめします。

理想としては、一番くじ販売から3日以内にすべてさばくのが理想です。

すべてのくじが売れるわけではない

1番くじですが、すべてのくじが売れるわけではありません。

これまで、「1番くじは転売に最適ですよ!」と解説しましたが、売れるのは一部です。

売れ残る商品は普通にありますし、売れるものを選ばないと在庫を抱えてしまいます。

 

 

単に需要がなくなって売れないなら、スピード感のある販売をすればいいですが、そもそも需要がない商品もあります。

下位賞の商品や、マイナーな1番くじなどは、特に売れ残るので仕入れ対象から外したほうが無難です。

 

僕は、基本的に有名どころの1番くじしか狙わず、そこまで頻繁に仕入れるわけではありません。

ネットで話題になっているような商品ではないと、仕入れるのは怖いですからね……。

 

先ほども触れたように、1番くじを転売する場合は、”鬼滅の刃・ワンピース”などの少年漫画系のフィギュアを仕入れるとよいでしょう。

販売には古物商許可証が必要

一番くじを販売する際ですが、古物商許可証が必要です。

古物商許可証とは、古物営業法で定める範囲で、物販をする場合に必要時な許可証のことを指します。

具体的に、古物商許可証が必要となる条件は、以下のとおりです。

 

古物商許可証が必要になる条件

  • 営利目的で商品を仕入れた場合
    ※新品中古問わず
  • もらいものを営利目的でもらった

 

古物営業法で、”古物”に該当する場合は、基本的に古物商許可証が必要です。

新品商品も、古物営業法の範囲では古物に該当されるため、一番くじも同様です。

ただ、状況次第では許可証が必要ないケースもあります。

 

一番くじを例に紹介すると、以下のとおりです。

 

【一番くじの販売で古物商許可証が必要ないケース】

  • もともとも売る予定がなかったものを販売した
  • 知人からもらったものが不要だったので販売した

 

この場合、営利目的で仕入れているわけではないので、古物営業法には該当しません。

そのため、”仕入れて販売する”という場合に必要になってくるので、一番くじ転売をしようと思っているなら、必ず取得しましょう。

まとめ

一番くじは、利益になる商品が多いため、せどりに最適です!

トレンドせどり要素が強いですが、上位賞をピンポイントで狙って仕入れられれば、爆益を期待できますよ◎

確実に商品を仕入れたいなら、ロット買いもおすすめです。

 

 

実際、一番くじはこのように売れ行きがよいですからね!

ただ、すべての一番くじが売れるとは限らないので、過去の販売実績から売れるくじを想定して狙いましょう。

 

めぐ
めぐ
人気商品を仕入れれば、利益になります!まずは、バンプレストの公式サイトから、売れる商品を見つけるところから始めましょう!