アパレルせどりで意識するべきコツを7つ紹介します!

 

アパレルせどりは、利益率・回転率ともに高い商品が多く、初心者でもリサーチさえできていれば、確実に利益を出すことができます。

せどりの中でも、稼ぎやすい商材なので、効率よく稼ぎたいと思っている人は、要チェックです!

 

「相場を調べるには?」

「アパレルせどりの基本を知りたい!」

「商品の仕入れタイミングを知りたい!」

 

アパレルせどりを始めようとしている人の中で、このような悩みを抱えている人もいると思うので、今回はアパレルせどりの基本を解説していきます!

アパレルせどりは基本が重要であり、他のせどりにも活かせるのでしっかり押さえておきましょう!

 

めぐ
利益を継続的に出すためにも、基本はしっかり押さえておこうね!
よくわかる解説
  • ラグジュアリーブランドは利益率が高い
  • 商品サイクルを把握すれば安く仕入れられる
  • シーズンオフ中に仕入れるのも一つの方法

アパレルせどりで意識したい7つの基本を解説します!

アパレルせどりをしたいと思っている人で、「どうやって稼げばいいかわからない」「仕入れ商品がわからない」という人は、基本を意識しましょう。

僕もアパレル用品を仕入れることがありますが、回転率が高いものもあれば、まったく売れないものもあります。

 

その商材を把握しておかないと、高い利益を出すことはできません!

意識したいコツは、下記の通り。

 

アパレルせどりの基本情報

  • ハイブランドは高利益率
  • 直近の相場を見る
  • 相場が変動することを念頭に置く
  • アパレル業界の商品サイクルを把握する
  • シーズンをずらして仕入れる
  • 服の状態は念入りにチェックして細かく記載する
  • 海外商品は商品に注意する

 

この7つを押さえておけば、トラブルなく稼ぐことができますよ(^^)/

特に、相場やトレンドをチェックすることは重要で、アパレル用品は期限が限られることが多いので、要チェックです!

ハイブランドは高利益率

まず、アパレルせどりをする場合ですが、ハイブランドを中心に仕入れると高い利益率を維持することができます。

仕入れ額もその分高いですが、50%以上を超えるものも存在するので、意識して仕入れたいところです。

 

ブランドメーカーは多く存在しますが、ジャンルに分けてそれぞれ紹介していきます!

 

  • 洋服:ラルフローレン、Supreme、VETEMENTS、BALENCIAGA、OFF-WHITE、サンローラン、コムデギャルソン
  • サングラス:GUCCI、LV、CHANEL等
  • 靴:GUCCI、NIKE、OFF-WHITE、Adidas等
  • アクセサリー:LV、GUCCI、CHANEL等

 

いずれも名の通ったラグジュアリーブランドばかりです。

これのメーカーは、仕入れ値次第では、大きな利益になることがあるので、要チェックです!
※これら以外のブランドもあります

 

 

こちらは、Supreme から販売されてるTシャツです。

よくあるボックスロゴのシャツで、新規立ち上げや抽選で手に入れることができます。

 

 

かなりに人気のあるシャツで、1枚で15万円近くします。

しかし、定価は5,000円程度であり、限定販売ということもあって、生産数も少なくプレ値になることが多いです。

 

めぐ
仕入れ値次第では、大きな利益額になるね!ただ、ハイブランドは偽物も多いから注意したいところだよ!
Supreme は特に偽物が作られており、フリマアプリ・ヤフオク等で格安出品されているものは要注意です!
新品でプレ値で販売されていないものは、高確率で偽物なので、信頼できる場所から仕入れることをオススメします!

直近の相場を見る

アパレルせどりをするときですが、相場をチェックして値段を決める必要があります。

服を仕入れる前に、相場を調べておかないと、出品するときに適切な価格を付け辛くなります!

 

具体的な相場の調べ方ですが、”現在の売値と相場”の二つを調べましょう。

相場を調べる場合は、「メルカリ・ヤフオク」の購入履歴から把握します。

 

メルカリで調べる場合

  1. 調べたい商品のキーワードを検索
  2. 売り切れ順にする
  3. 新着順に並び替える
  4. 値段を確認する

 

メルカリで調べる場合は、調べたい商品のキーワードを選定しましょう。
※できれば具体的に

ヤフオク等で商品を調べて、特定商品の相場が見つかっているなら、そこから調べるのも良いでしょう。

 

 

こちらの商品の場合、”Rady・カットソー・Tシャツ”というキーワードがあるので、「Rady カットソー」で検索できます。

キーワードを選定したら、実際に検索して”売り切れ”表示にして、新着順で並び変えます。

 

 

すると、該当キーワードで売れた商品が一覧表示されます。

相場は常に変動するので、直近の相場を調べることが重要です。

 

めぐ
この商品の場合、1,500円~3,000円の相場ということがわかるね!

ヤフオクで調べる場合

  1. キーワードを選定する
  2. 落札金額ページに移動する
  3. 新しい順に並び替える

 

基本的な流れは、メルカリと同様です。

相場を調べたい商品のキーワードを選定して、落札金額のページに移動します。

 

 

パソコン版で調べると、右上に”落札相場を調べる”というものがあります。

120日間で、落札された商品の中での相場を調べることができるので、それぞれ確認しましょう。

 

 

メルカリと同様のキーワードで調べた結果、平均相場は622円となっています。

これは、4か月間の相場であり、商品需要が高まれば変動するので注意しましょう!
※季節でも変動することがある

 

データを調べる場合は、複数件数調べると相場の信頼性も上がります。

それぞれ、相場を調べた中で、最も価格差がある商品を仕入れれば、利益になる可能性も高いですよ(^^♪

相場が変動することを念頭に置く

商品を仕入れる場合ですが、基本的には安い価格で仕入れたほうが良いです。

しかし、アパレル用品は常に相場が変動し、夏物の服は冬になると需要がなくなるので格安出品されます。
※夏になると適正価格になる

 

ただ、初心者はどれくらいの相場が安いのか把握できないと思います。

仕入れる目安ですが、商品の状態にもよります。

 

  • 完品:商品相場の3割以下
  • 美品:商品相場の4割以下
  • 中古品:商品相場の5割以下

 

状態がきれいな商品ほど、相場が変動することは少なく、季節要因がない限りは安心です。

そのため、相場よりも3割以下の場合に仕入れると良いでしょう。

 

しかし、中古品を仕入れる場合は、状態が悪いことが多いので、5割以下ではないと利益にならない可能性が高いです。

 

 

こちらは、実際にメルカリで販売したカットソーです。

中古品ということもあって、500円以下で仕入れることができれば、利益になる商品。

 

「本当に500円以下で売っているの?」と思われがちですが、ヤフオクでは200円で販売されていました。

手数料を差し引いて、メルカリの売り上げは750円だったので、500円の利益が出た商品です(^^)/

 

めぐ
利益額は低いけど、利益率は60%超えの商品だよ!こういう商品を積極的に仕入れれば、アパレルせどりで稼げるかも!

アパレル業界の商品サイクルを把握する

これは、アパレル業界で働いている知り合いに直接聞いたのですが、商品サイクルがそれぞれあるようです。

1年を通して様々なセールを行うのですが、その周期に合わせて商品を仕入れると、利益になる商品も見つけやすいかもしれません。

 

アパレル業界の商品サイクルは、下記の通りです。

 

アパレル業界の商品サイクル

  • 1月:冬のクリアランスセール
  • 2~3月:冬物の一掃・春物の立ち上げ、販売
  • 4~6月:夏物の立ち上げ、販売
  • 7~8月:春物・夏物のセール、秋物の立ち上げ
  • 9~10月:秋物立ち上げ、販売・半期決算セール
  • 11月~12月:冬物の立ち上げ、販売・クリアランスセールの準備

 

この中で、特に狙っておきたいのが、”1~3月・7~8月、10~12月”ですね!

クリアランスセールでは、その時期に売れ残った洋服を格安で仕入れることができ、アウトレット等がお得です。

 

アウトレットでは、最大70~80%オフになるセールを開催しており、洋服は特に売れ残っているケースが多いので、仕入れをするには最適ですよ!

商品サイクルを把握しておくと、シーズン別で売れている商品がわかるので、相場を理解することもできます。

 

めぐ
ショッピングセンター・アウトレットモール等は、特にトレンドに敏感だから、チェックしたほうがいいかもね!

シーズンをずらして仕入れる

アパレルせどりで商品を仕入れる時ですが、シーズンをずらして仕入れるのも一つの方法です。

お店側は、在庫を処分するために、格安でシーズンオフの商品を販売することがあります。

 

例えば、冬場に夏物のカットソー・Tシャツが売られている場合は、通常価格よりも50%以下の割引率で購入することができますよ!

あなたが販売するときも注意したいのですが、シーズンがずれているものを販売しても、売れ行きは落ちるだけです!

 

しかし、少しでも安く仕入れたいなら、シーズンオフ商品を狙うと良いでしょう!

 

めぐ
シーズンがずれた商品は、競合が少ないから効率よく仕入れることができるよ!頻繁にチェックせずに、売れる商品を見つけられるからいいね!
  • シーズン中の商品:価格が下がりにくい、需要が高い、競合性が高い
  • シーズンオフの商品:値段が下がりやすい、需要が低い、競合性が低い

 

特に、ファッションの入れ替えをする人は、シーズンごとに服を買い替える傾向があるので、市場に多く溢れます。
※ラグジュアリーブランドは特に

季節が入れ替わると同時に、シーズンオフの商品を多く仕入れて、季節が来たときに一気に市場に出すと回転率も高くなります!

 

しかし、一時的に商品の在庫を抱えることになるので、リスクは高いです。

金銭的に余裕がある人は、実践してみると良いでしょう!

服の状態は念入りにチェックして細かく記載する

アパレルせどりでは、何かとクレームになることが多い商材です。

回転率・利益率は良いですが、状態次第では返品もあり得ます。

 

中でも多いのが、商品の状態とサイズが違ったというもの。

ヤフオクで仕入れる場合は、商品説明文に状態がかかれているケースが多いので、そのまま引用しても構いません。

 

「中古品なので状態はご了承ください」と一言つけ足しておくと、クレームを防止することができます!

 

めぐ
サイズに関しても、商品説明文からそのまま引用するといいかもね!
特に、ネットで服や靴を購入する場合は、”本当に着れるかどうか”を判断してから購入することが多いです。
採寸・サイズが書かれていないと、売れ行きは落ちるのでしっかり記載しておきたいポイントです!
状況次第では、「実際に着た画像はありませんか?」といわれることもあります。
ラグジュアリーブランドの場合は、モデルの着画が存在するのでそちらを写真に追加すると良いでしょう。
また、ヤフオクで販売されているものは、トルソー(マネキン)に服を着せているものもあるので、そちらを引用するのも良いです!
アパレルせどりをするときは、基本的にヤフオクで仕入れることになるのですが、写真・説明文を引用すると手間がかからず楽に出品できますよ(^^)/

海外商品は商品に注意する

※ラグジュアリーブランドを仕入れる人は要チェック!

 

最後に、ラグジュアリーブランドの服や海外の商品を販売する場合ですが、注意しなければならないことがあります。

例えば、日本で言うMサイズの洋服があるとして、同じサイズ感で出品すると、クレームに発展することも少なくありません。

 

サイズ感は日本のものと違いますし、ブランドによって同じサイズでも着丈が全く違うものも少なくありません。

”着丈・肩幅・サイズ”をしっかり記載して、クレームを避けるようにしましょう。

 

  • 36:レディースSSサイズ
  • 38:レディースSサイズ
  • 40:レディースMサイズ
  • 42以降:レディースLサイズ

 

ラグジュアリーブランドによくあるサイズ表記ですが、SMLというサイズ表記ではなく、番号で書かれていることがあります。

メンズにも同様に表記がありますが、レディースとは大きく異なります。

 

めぐ
ラグジュアリーブランドの商品を仕入れる時は、メンズ・レディース商品かどうか把握しておかないと、サイズ感でトラブルになるよ!
購入者が、”メンズの40サイズ(メンズMサイズ相当”と思って購入したものが、レディース商品だった場合ピチピチになりますからね…笑
スニーカーを仕入れる場合も同様に、メーカー・ブランドによってサイズが異なります。
日本サイズをしっかり把握した上で、仕入れるようにしましょう!

アパレルせどりは基本を押さえれば:まとめ

アパレルせどりで、それぞれ意識したいコツや基本事項について解説したのですが、古着・中古の服を仕入れることがほとんどです。

リサーチをすれば、利益になる商品を見つけやすいですし、相場を理解するようにしましょう。

 

アパレル用品は、季節や需要によって、大きく相場が変動します。

そのため、シーズンを把握してから商品を仕入れることも重要です。

 

めぐ
資金に余裕があるなら、シーズンオフの時に大量に仕入れて、シーズン中に出品するといいかもね!
また、中古品を仕入れる時は、商品状態についてはしっかり明記しましょう。
店舗せどりをする場合は、目視でチェックして、クレームにならないためにも、詳しく書くことが重要です。
※ヤフオクの場合は写真・説明文を引用しましょう!
海外の商品・ラグジュアリーブランドを仕入れる場合は、サイズ表記が日本のものと違う場合があるため、サイズ表も合わせて明記しておくと良いかもしれません!
「海外 サイズ表」で調べると、国別のサイズ感が出てくるので要チェックです!
最新情報をチェックしよう!