フリマせどりで使えるオススメの仕入れ先・販路を紹介します!

「フリマせどりでオススメの仕入れ先・販路を知りたい!」

「フリマせどりで利用すべきプラットフォームは?」

 

前回の章では、フリマせどりがどういうものなのかということを解説しました。

フリマアプリを使って、仕入れ・転売をすることを指すのですが、今回はどういう仕入れ先があるのかを解説していきます!

 

めぐ
有名なものから、マイナーなものまで紹介するから必見だよ!メリット・デメリットも解説するから、フリマせどりをする人は要チェック!

オススメのフリマアプリを2つ紹介します!

フリマせどりをする際に欠かせないのが、フリマアプリです。

紹介する中で、”特にこれがオススメ”というものはなく、どれもオススメなので複数使用するのも良いでしょう。

 

いずれもメリットがありますし、併用して使うことで、さらに幅広くフリマせどりを展開していくことができます。

今回紹介するフリマアプリですが、下記の通りです。

 

フリマアプリの種類

  • メルカリ
  • ラクマ

 

基本的には、この2つをベースに使用していきます。

ヤフオク等も挙げたいところですが、厳密にいうとオークションサイトなので、今回は含めません。

 

めぐ
簡単なフリマアプリの紹介から、メリット・デメリットも解説するのでよく選んでインストールするといいね!

フリマせどりで使えるオススメの仕入れ先・販路:メルカリ

 

メルカリは、フリマアプリの中で最大規模を誇り、多くの人が利用しています。

公式サイトでは、国内で7,100万ダウンロードを達成しており、月間の利用者は1,000万人を超えるとのこと。

 

アクティブ率が高いということは、売れる商品も多いということです。

さらに、メルカリは2018年7月の時点で、出品数が10億品達成しました!

 

 

”フリマアプリ=メルカリ”と定着するように、市場シェアが最も大きいことがわかります。

本来は不用品処分の目的で使用するのですが、仕入れや転売の販路として使うことも可能なので、利用しないのは損ですね!

 

サービス開始から6年以上経過した今でも、運営し続けています。

僕は、サービスが開始した当初から使用していたのですが、そのころに比べると多種多様な商品を仕入れることができるようになったので、感謝しています(^^)/

 

めぐ
メルカリを使えば、掘り出し物を格安で仕入れることができるから、利益額に大きく影響するよ!
また、メルカリで商品を売りたいと思っているなら、仕入れ時期を把握してから販売すると良いでしょう!
最も売れるのは、12月から1月にかけてです。
メルカリのユーザーは、10代から20代がメインターゲットであり、クリスマスから年始にかけて商品が売れる傾向にあります。
※特におもちゃ・ゲームは
年末商戦に合わせて仕入れを行って、メルカリで転売すると稼ぐことができるのでおすすめですよ!

メルカリを使うメリット

メルカリを使うメリットですが、大きく分けて3つあります。

 

メルカリを使うメリット

  • 無料で簡単に登録することができる
  • 誰でも出品が可能
  • 格安で仕入れられることがある

 

どのフリマアプリもそうですが、アプリをインストールすればだれでも登録することができます。

インストールして、アカウント連携か会員登録を済ませれば、即日出品が可能です!

 

不用品処分として使うのが主流ですが、転売にも使えるので、リサーチを行って需要がある商品を仕入れれば、販路としても使いましょう!

最後に、格安で仕入れることができるという点。

 

 

前回の章でも紹介したこのマスコットですが、本来は5,000円程度で取引されている商品。

仮に正規品だった場合、転売すれば一発で4,000円程度の利益を獲得することができます!

 

めぐ
断捨離として販売している人がいるから、本来の価値をわからずに出品している人がほとんどだよ!そういう人から、仕入れることができれば大きく稼げるかも!

メルカリを使うデメリット

メルカリにはメリットがある一方で、デメリットもあります。

どちらも把握して利用すると良いでしょう!

 

メルカリのデメリット

  • 出品手数料が高い
  • ユーザーの質が悪いことがある
  • サポートがメールしか受け付けていない

 

まず、メルカリですが出品手数料が高いというデメリットがあります。

メルカリの出品手数料は、設定金額の10%です。

 

売り上げに直結するので、売り上げから10%引かれるというイメージでよいでしょう。

例えば、1万円の商品がある場合、最終的に手元に残るのは9,000円です。

 

それに送料等もかかるとして、最終的には8割程度の純利益になるのです。

かといって、価格を上げると商品が売れなくなる可能性もあるので、損益分岐を考えながら価格を設定することが重要ですよ!

 

次に、ユーザーの質が悪いという点。

これは、一部のユーザーになりますが、中には無理に値下げ交渉をしてくるような人もいるので、本当に迷惑です。

 

めぐ
誹謗中傷ともとれるようなメッセージを送ってくる人もいるから、そういう人は本当に厄介だよね…
また、メルカリはサポートを行っているのですが、メールでの対応しか受け付けていません。
商品にトラブルがあった際に、メールでしか対応してくれないので、回答に時間がかかるケースがあります。
早くても1日かかりますが、遅いと1週間ほど返事を待たされることもあります。
催促しても返信してくれませんし、トラブルを早い段階で解決したい人には、少し不向きのフリマアプリかもしれません。

フリマせどりで使えるオススメの仕入れ先・販路:ラクマ

 

ラクマは、メルカリの次に市場シェアがあるフリマアプリです。

楽天が運営するフリマアプリですが、以前はフリルという名前で運営していました。

 

メルカリに比べると規約が緩いことや、メルカリよりも出品手数料が安い点から、多くのユーザーが存在します。

楽天が公開している情報によると、年々利用者が増加しているとのこと。

 

 

こちらは、楽天が公開していたグラフになりますが、2019年10月に1,500万ダウンロードを突破しました。

ラクマは、不用品というよりも、ブランド品の転売が頻繁に行われています。

 

 

ブランド別のランキングを見る通り、ラグジュアリーブランドが上位に来ていることがわかります。

メルカリに比べると、美品のブランド品が多く出品されているので、ブランド品転売を行っている人は必見です!

 

めぐ
正規品であれば、利益額が高いジャンルだから仕入れても問題なさそうだね!特に、ラクマは手数料が安いから、高価なブランド品はラクマで転売するといいかも!

ラクマを使うメリット

ラクマを使うメリットですが、大きく分けて3つあります。

いずれも、効率よくラクマを使うための方法なので、それぞれ把握しておきましょう!

 

ラクマのメリット

  • 出品手数料が安い
  • らく得パックを使うと送料が安くなる
  • 売上金の入金が早い

 

まず、出品手数料が安いという点です。

ラクマの出品手数料ですが、3,5%(税別)であり、メルカリよりも圧倒的に安いことがわかります。
※三分の一です

 

10,000円の商品をメルカリとラクマで取り扱う場合ですが、利益額に大きな違いが出ます。

メルカリの場合は9,000円ですが、ラクマの場合は9,650円です。

 

高額商品になればなるほど、手数料が高くなってしまうので、家電や電子機器を転売するときは、ラクマで出品したほうが良いです!

 

めぐ
ユーザー数が少ないから、メルカリに比べると売れる速度は遅いけど、確実にもうけを出すなら仕方ないね!
次に、ラクマには定額で商品を送ることができる配送システムがあります。
それは、”らく得パック”というサービス。
ラクマでは、それぞれ定額で送ることができるのですが、大きな荷物を送る場合はらく得パックがオススメです!
100サイズ以下の商品を送る場合は、全国一律780円で配送することができます。
※送料は売上金から自動的に引かれます
そして、売上金の入金が早いというのもメリットの一つ。
メルカリは、即日振込を利用しない限りは、4~10日ていどかかってしまいます。
しかし、ラクマの場合は、楽天銀行の口座を登録していれば、最短即日で売上金が振り込まれるようになっています。
他の銀行でも、申請すれば翌営業日までに振り込まれますよ!
めぐ
売上金が早い段階で振り込まれると、資金操りもできるようになるから、転売をする上でかなり役に立つね!

ラクマを使うデメリット

ラクマは、メリットもありますがデメリットも存在します。

メルカリに比べると、規約が緩いと前述したのですが、それが裏目に出ることもあるので注意したいところ。

 

ラクマを使うデメリット

  • 匿名配送ができない
  • メルカリよりも売れにくい
  • 偽ブランド品が山ほどある

 

まず、ラクマはメルカリのように、安価な配送方法があるわけでもなく、匿名配送ができるわけでもありません。

商品を送るときは、必ず自分の住所を記載しなければならないので、一人暮らしの女性などは少し抵抗がありますよね…

 

匿名配送したいという人も多いと思いますが、現状することができないので、メルカリが市場シェアを独占しているのも理解できます。

さらに、メルカリに比べるとユーザー数が少なく知名度も低いので、商品が売れないというのもデメリットです。

 

めぐ
同じ商品でも、メルカリに出品したら売れるのにラクマに出品したら売れないということがよくあるよ!リサーチしてもこれは変わらないね!
ライバルが少ないという点ではよいと思うので、ラクマのユーザーに需要がある商品を見つけて転売すると良いでしょう。
ちなみに、メルカリからラクマに誘導するのは禁止されており、見つかり次第ブロックされるので要注意です。
手数料が安いからといって、ラクマに流す人もいるみたいですが、見つかったらアカウントが凍結してしまいます。
フリマせどりをするのに、アカウントが凍結したら本末転倒なので、注意しましょう。
最後に、ラクマには偽ブランド品が多いので、くれぐれも安いからといって仕入れをしないようにしましょう。
市場シェアで、ブランド品が増えているのですが、実は偽ブランド品も含まれているのです。
こちらは、LVで検索した結果ですが、様々な商品が出てきました。
しかし、そのほとんどが偽物であり、正規品のほうが少ないことがわかります。
通常購入すれば、10万円以上する商品も数千円で販売されています。
この様な商品の規制を行っていないのが、ラクマです。
こちらは、ルブタンで検索してステータスを”売り切れ”にした結果ですが、偽物が購入されているのがちらほらあります。
特に、スニーカーに関しては、トレンドということもあって購入する人もいるみたいですが、正規で購入すると15万円程度する商品です…
めぐ
この辺の規制が行き届いていないから、ラクマはいつまでもメルカリに勝てないのかもね…仕入れじゃなく販売のプラットフォームで使うといいかも!

結論:どちらも併用すると良い

メルカリ・ラクマですが、いずれもフリマアプリとしてはかなり優秀な部類に入るので、どちらか片方しか使わないのはもったいないです。

そのため、いずれも併用して使うと良いでしょう。

 

メルカリは、ユーザー層が多く仕入れに使うこともできれば、販路としても使うことができます。

しかし、手数料が高いので若干損する可能性があります。

 

一方、ラクマは販売手数料が安い反面、利用者が少ないというデメリットがあるので、メルカリにないものをラクマは持っています。

 

めぐ
つまり、それぞれ併用してフリマせどりを行えば、問題ないよ!仕入れをする時、出品するときで使い分ければいいね!

まとめ

今回、フリマせどりをするときに使えるツールについて解説しました!

フリマアプリは、メルカリとラクマが市場を独占しており、その他存在しますが、どれも微妙なものばかりです。

 

不用品を処分するという点では、別のアプリを使っても良いと思いますが、フリマせどりをすることに視点を置いた場合は、メルカリ・ラクマに限りますね!

僕も使っているのですが、Amazonやヤフオクに匹敵するほどの販路ですし、かなり使い勝手が良いですね!

 

特にメルカリは、仕入れで使うことができ、掘り出し物が見つかることもあるので、要チェックです!

この二つのアプリは、フリマせどりを行いたいという人にとっては、基本中の基本ですし、インストールして損はありませんよ!

 

めぐ
少しでも、フリマせどりを成功させるためにも、複数のプラットフォームを利用して転売をすることだね!
最終章は、下記のページからどうぞ!
関連記事

「フリマせどりのコツを知りたい!」 「メルカリせどりで重要なことを教えてほしい!」   前回の記事は、フリマせどりで使いたいプラットフォームについて解説したのですが、いよいよ最終章になりました! 今[…]

最新情報をチェックしよう!